福山守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福山 守
ふくやま まもる
生年月日 (1952-12-19) 1952年12月19日(66歳)
出生地 日本の旗 徳島県徳島市八万町
出身校 麻布獣医科大学
所属政党 自由民主党石破派
公式サイト 福山守事務所公式ホームページ

選挙区徳島1区→)
比例四国ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日 - 現職

徳島県の旗 第82代 徳島県議会議長
在任期間 2008年3月18日 - 2009年3月19日

選挙区 徳島市選挙区
当選回数 6回
在任期間 1991年 - 2012年

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市議会議員
当選回数 1回
在任期間 1987年 - 1991年
テンプレートを表示

福山 守(ふくやま まもる、1952年12月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

内閣府大臣政務官環境大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、徳島県議会議長(第82代)、徳島県議会議員(6期)、徳島市議会議員(1期)等を歴任した。

来歴[編集]

徳島県徳島市八万町生まれ[1]麻布獣医科大学卒業[1]

1987年徳島市議会議員に初当選[1]1991年徳島県議会議員に当選し、以後6期連続で当選[1]自由民主党に所属し、2002年には徳島県連幹事長に就任[1]2008年、第82代徳島県議会議長に選出された[1][2]

2012年、徳島県議を6期目の任期途中で辞職。第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で徳島1区から出馬し、民主党前職で内閣官房長官行政刷新担当大臣を歴任した仙谷由人を、比例復活すら許さない大差で破り、当選した[3][4]

2014年7月、衆議院選挙区の定数削減により、徳島県も小選挙区が3から2に減ったため、徳島1区を後藤田正純に譲り、比例四国ブロックに転出[5]。同年9月、第2次安倍改造内閣内閣府大臣政務官および環境大臣政務官に任命された[1]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、比例四国ブロック単独2位で出馬し、再選[6]。選挙後に発足した第3次安倍内閣で内閣府大臣政務官・環境大臣政務官に再任。2015年9月、石破派の結成に参加した[7]

2017年第48回衆議院議員総選挙では、再び比例四国ブロックの名簿2位に登載され[8]、3選[9]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロフィール・アクセスマップ - 衆議院議員 福山守事務所公式
  2. ^ “第82代徳島県議会議長になった福山守(ふくやま・まもる)さん”. 徳島新聞. (2008年3月19日). http://www.topics.or.jp/special/12254542636/2008/03/12058920434.html 2018年3月11日閲覧。 
  3. ^ “仙谷氏「大敗、完敗でございます」 比例復活もならず”. 朝日新聞. (2012年12月17日). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/news/TKY201212130606.html 2018年3月11日閲覧。 
  4. ^ “民主・仙谷副代表、比例も復活ならず…徳島1区”. 読売新聞. (2012年12月16日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news/20121216-OYT1T00640.htm 2018年3月11日閲覧。 
  5. ^ “自民、徳島1区・福山氏の比例転出を決定”. 日本経済新聞. (2014年7月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS15H1A_V10C14A7PP8000/ 2018年3月11日閲覧。 
  6. ^ “福山守(比例・四国・自民):衆院選2014”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/profile/YTPSRLYC90001XXX002.html 2018年3月11日閲覧。 
  7. ^ “石破派「水月会」が発足 参加した20人の国会議員は?”. ハフィントンポスト. (2015年9月29日). https://www.huffingtonpost.jp/2015/09/27/sugetsukai_n_8205270.html 2018年3月11日閲覧。 
  8. ^ “自民・福山氏が比例四国2位 衆院選名簿順位発表”. 徳島新聞. (2017年10月10日). http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/10/2017_15075501208117.html 2018年3月11日閲覧。 
  9. ^ “衆院選2017:自民がっちり2議席(その1) 後藤田さん盤石の7選/徳島”. 毎日新聞. (2017年10月23日). https://mainichi.jp/articles/20171023/ddl/k36/010/409000c 2018年3月11日閲覧。 
  10. ^ a b c d e “第48回衆院選 自民 四国 福山守”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=D10001002002 2018年3月11日閲覧。 
  11. ^ “衆院本会議採決、合区対象県の3氏が欠席、2氏が採決前に退席”. 産経新聞. (2015年7月28日). http://www.sankei.com/politics/news/150728/plt1507280027-n1.html 2015年7月28日閲覧。 
  12. ^ “受動喫煙防止で自民慎重派と厚労省が対立 議連「憂さ晴らしも国の締め付けか」VS厚労省「妊婦ら守る」”. 産経新聞ニュース (産業経済新聞社). (2017年3月15日11時2分). http://www.sankei.com/politics/news/170315/plt1703150010-n2.html 
  13. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  14. ^ “安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり”. しんぶん赤旗. (2014年9月9日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-09-09/2014090915_01_1.html 2014年9月9日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
小泉進次郎
亀岡偉民
福岡資麿
伊藤忠彦
松本文明
磯崎仁彦
浮島とも子
日本の旗 内閣府大臣政務官
越智隆雄
松本洋平
小泉進次郎
岩井茂樹と共同
越智隆雄
松本洋平
小泉進次郎
大塚拓
岩井茂樹と共同
越智隆雄
松本洋平
小泉進次郎
大塚拓
岩井茂樹
石川博崇と共同
越智隆雄
松本洋平
小泉進次郎
大塚拓
岩井茂樹
大塚高司
石川博崇と共同
越智隆雄
松本洋平
小泉進次郎
大塚拓
岩井茂樹
鈴木馨祐
石川博崇と共同

2014年 - 2015年
次代:
­ 牧島かれん
酒井庸行
高木宏壽
古賀篤
田所嘉徳
豊田真由子
星野剛士
津島淳
白石徹
藤丸敏
先代:
牧原秀樹
浮島とも子
日本の旗 環境大臣政務官
高橋比奈子と共同

2014年 - 2015年
次代:
­ 白石徹
鬼木誠