川真田哲哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川真田 哲哉
かわまた てつや
生年月日 1947年9月18日
出生地 日本の旗 徳島県麻植郡鴨島町
(現・吉野川市
没年月日 (2019-09-10) 2019年9月10日(71歳没)
死没地 日本の旗 徳島県吉野川市
出身校 徳島県立川島高等学校
前職 徳島県議会議員
所属政党 無所属
称号 従四位
旭日中綬章

当選回数 4回
在任期間 2004年11月14日 - 2019年9月10日

選挙区 麻植選挙区
当選回数 5回
在任期間 1989年9月 - 2004年
テンプレートを表示

川真田 哲哉(かわまた てつや、1947年9月18日 - 2019年9月10日)は、日本政治家。元吉野川市長(4期)、元徳島県議会議員(5期)。

経歴[編集]

徳島県麻植郡鴨島町(現・吉野川市)出身。吉野川市立鴨島小学校、吉野川市立鴨島第一中学校徳島県立川島高等学校卒業[1]

1968年4月、農林水産省中四国農政局農地開発機械公団(麻植開拓パイロット事業所)に勤務。その後、1971年に四国開発株式会社へ入社し、1981年には同社の代表取締役に就任。

1989年9月、徳島県議会議員に初当選。1999年から2003年まで徳島県議会議長を務め、その間、徳島県議会交友会初代会長、徳島県監査委員、少子高齢化対策特別委員会委員長、議会運営委員会副委員長、総務常任委員会委員、総合交通対策特別委員会委員などを務めた。

5期目の2004年(平成16年)に辞職。同年10月1日、鴨島町川島町山川町美郷村合併し吉野川市が誕生。これに伴って11月に行われた市長選挙で無投票で当選、初代市長となる[2]

2008年(平成20年)6月9日の市議会平成20年6月定例会第2日目で、10月19日告示、10月26日投開票の市長選に2選を目指して出馬する考えを明らかにした。2008年(平成20年)、2期目の当選。

2012年(平成24年)6月11日の市議会平成24年6月定例会第2日目で、10月21日告示、10月28日投開票の市長選に3選を目指して出馬する考えを明らかにした。2012年(平成24年)、無投票で3期目の当選。

2016年(平成28年)6月13日の市議会平成28年6月定例会第2日目で、10月9日告示、10月16日投開票の市長選に4選を目指して出馬する考えを明らかにした[3]。結果、無投票で4期目の当選。

2019年(令和元年)9月9日午後に不調を訴え、市内の病院に入院。翌10日、腸閉塞のため死去[4]。71歳没。死没日をもって従四位叙位、旭日中綬章追贈[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール | 吉野川市
  2. ^ 選挙サイトELECTION.-2004年11月全国選挙情報(県知事/市区長選)
  3. ^ 『川真田氏 4選出馬表明 吉野川市長選 「重要施策を推進」』徳島新聞 2016年6月14日付け 2面 総合面
  4. ^ “川真田哲哉氏死去(徳島県吉野川市長)”. 時事通信. (2019年9月10日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091000705&g=obt 2019年9月10日閲覧。 
  5. ^ 『官報』第114号11頁 令和元年10月18日号
公職
先代:
初代
Flag of Yoshinogawa, Tokushima.svg 吉野川市長
2004年 - 2019年
次代:
(未定)