和田隆志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 和田 隆志
Wada Takashi in Imazu Fukuyama.JPG
生年月日 (1963-07-18) 1963年7月18日(53歳)
出身地 日本の旗広島県沼隈郡沼隈町(現福山市
出身校 東京大学法学部
学位・資格 法学士(東京大学)
前職 国家公務員大蔵省財務省
世襲
選出選挙区 広島7区
当選回数 3回
所属党派 民主党
テンプレートを表示

和田 隆志(わだ たかし、1963年7月18日 - )は、日本政治家民主党所属の元衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

広島県沼隈郡沼隈町(現福山市)生まれ。広島大学附属福山中学校・高等学校東京大学法学部卒業。東大卒業後、大蔵省(現財務省)に入省。熊本国税局都城税務署長、在タイ日本大使館書記官、財務副大臣秘書官理財局計画官補佐、金融庁課長補佐等を歴任し、2003年に退官。

同年の第43回衆議院議員総選挙民主党公認で広島7区から出馬。自由民主党宮澤洋一に敗れたが、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、初当選した。2005年第44回衆議院議員総選挙では広島7区で再び宮澤に敗れ、比例中国ブロックも次点で落選。

2008年、衆議院議員・平岡秀夫山口2区補欠選挙出馬に伴う自動失職により、比例中国ブロックで繰り上げ当選した。翌2009年第45回衆議院議員総選挙では、広島7区で宮澤を破り、初めて小選挙区で当選。

2010年9月、菅第1次改造内閣内閣府大臣政務官に任命される。2011年1月発足の菅第2次改造内閣でも再任。同年9月、野田内閣発足に伴い内閣府大臣政務官を退任し、民主党広島県連代表に就任。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では自民党新人の小林史明に敗れ、比例復活ならず落選。

政策[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ mネット、2004年2月 国会議員への民法改正に関するアンケート
公職
先代:
田村謙治津村啓介泉健太
日本の旗 内閣府大臣政務官
阿久津幸彦園田康博と共同

2010年 - 2011年
次代:
阿久津幸彦