高井崇志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高井 崇志
たかい たかし
生年月日 (1969-09-26) 1969年9月26日(49歳)
出生地 北海道函館市
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員(郵政省総務省
江田五月議員秘書
所属政党民主党→)
無所属→)
(民主党→)
(無所属→)
維新の党→)
民進党江田G松野G)→)
立憲民主党
称号 経済学士
公式サイト 衆議院議員 高井たかし

選挙区 比例中国ブロック岡山1区
当選回数 3回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日
2014年12月14日 - 現職
テンプレートを表示

高井 崇志(たかい たかし、1969年9月26日 - )は、日本政治家郵政総務官僚立憲民主党所属の衆議院議員(3期)。立憲民主党岡山県連合代表。

来歴[編集]

北海道函館市生まれ。父は北海道函館営林局職員。函館ラ・サール高校卒業。東京大学経済学部卒業。卒業論文のテーマが「NTT分離分割論」であったため電気通信行政に関心を持ち、大学卒業後は郵政省に入省、電気通信局電気通信事業部に配属された。ミュンスター大学への留学を経て、帰国後は大臣官房総務課行政改革担当係長や総務省情報通信政策局放送政策課課長補佐を務める。岡山県企画振興部情報政策課へ出向中に総務省を退官し、岡山県選挙区選出参議院議員江田五月の秘書に転じる。

2007年民主党から第21回参議院議員通常選挙における岡山県選挙区の公認を受けたが[1]、現職の萩原誠司第44回衆議院議員総選挙出馬に伴う岡山市長選への出馬を表明し、参院選の公認を辞退。同年10月9日の岡山市長選挙で落選。落選後、民主党を離党した[2]

民主党岡山県総支部連合会が実施した衆議院議員総選挙の候補者公募に合格し、再び民主党に入党。

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙岡山1区から民主党公認で出馬。選挙区では自由民主党逢沢一郎に敗れるも、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、初当選した。

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に岡山1区から民主党公認で出馬するも、再び逢沢に敗れ、比例復活もならず落選。

2013年5月21日、民主党を離党。同年7月の第23回参議院議員通常選挙に岡山県選挙区から無所属で出馬し[3][4]、民主・社民みどりの風の推薦、新経済連盟などの支援を受けたが[5]、落選。さらに、同年10月の岡山市長選挙に無所属で出馬したが、落選した[6]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙に際して維新の党公認で岡山1区から出馬[7]。選挙区では逢沢に敗北するものの、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し国政復帰を果たす。2016年3月27日、維新の党の解散・民主党との合流に伴い、民進党所属となる。

2017年10月3日に希望の党に公認申請していたが、対立候補を擁立された上に政策が合わないとして立憲民主党枝野幸男代表)から出馬することを明らかにした[8]。結果約3万票差で再び逢沢に敗れるものの比例復活で3選(惜敗率65.03%)。

政策[編集]

中四国における獣医学部新設支持[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当時、地方創生・国家戦略特区担当。

出典[編集]

  1. ^ 江田五月の国会レポート 第36号 2005年6月10日
  2. ^ プロフィール
  3. ^ “参院選に高井氏出馬表明 無所属で岡山選挙区”. 山陽新聞. (2013年5月21日). http://town.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/2013052121443070 2013年6月7日閲覧。 
  4. ^ “参院岡山に高井氏 民主離党し無所属出馬へ”. msn産経ニュース. (2013年5月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130521/stt13052123250007-n1.htm 2013年6月7日閲覧。 
  5. ^ 選挙区 岡山 選挙結果 : 参議院選挙(参院選)2013 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  6. ^ “選挙:岡山市長選 大森氏が初当選 - 毎日新聞”. 毎日新聞. (2013年10月7日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20131007ddn002010021000c.html 2014年11月26日閲覧。 
  7. ^ 第47回衆議院議員総選挙第2次公認候補予定者発表のお知らせ | ニュース|活動情報|維新の党
  8. ^ “高井氏が立憲民主に公認申請 衆院選で「希望は理念一致せず」”. 山陽新聞. (2017年10月3日). http://www.sanyonews.jp/article/607052 
  9. ^ 毎日新聞2014年衆院選アンケート
  10. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  11. ^ a b “民進党に特大ブーメラン再び!加計学園を応援した過去”. ダイヤモンド. (2017年5月25日). http://diamond.jp/articles/-/129323 2017年5月26日閲覧。 
  12. ^ [1]『衆議院議事録 2016年4月26日』
  13. ^ 国会召集放置、違憲と提訴 立民議員が国に賠償請求”. 日本経済新聞 (2018年2月26日). 2018年12月22日閲覧。
  14. ^ プロフィール

外部リンク[編集]