高井崇志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高井 崇志
たかい たかし
Takashi Takai 2022-6-26(cropped).jpg
生年月日 (1969-09-26) 1969年9月26日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道函館市
出身校 東京大学経済学部卒業
前職 国家公務員郵政省総務省
江田五月参議院議員秘書
IT会社社長
所属政党民主党→)
無所属→)
(民主党→)
(無所属→)
維新の党→)
民進党江田G松野G)→)
立憲民主党菅G)→)
(無所属[注釈 1]→)
れいわ新選組
称号 経済学士
配偶者[1]
公式サイト 元衆議院議員 高井たかし

選挙区 比例中国ブロック岡山1区
当選回数 3回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日
2014年12月19日[2] - 2021年10月14日
テンプレートを表示

高井 崇志(たかい たかし、1969年昭和44年)9月26日 - )は、日本政治家郵政総務官僚れいわ新選組所属の元衆議院議員(3期)、れいわ新選組幹事長(初代)。元立憲民主党岡山県連合代表[3]

来歴[編集]

北海道函館市生まれ[4]。生い立ちについて高井自身は、決して裕福な家庭ではなかったが、1歳年下の弟と共に質素ながらも幸せに育った、と記している[4]。父が転勤族のため転居を繰り返し、小学校は4度転校。中学校時代に読んだ『官僚たちの夏』に影響を受け、国家公務員を志す[4]

前橋市立第四中学校[5]から函館ラ・サール高校東京大学経済学部卒業。卒業論文のテーマが「NTT分離分割論」であったため電気通信行政に関心を持つ。国家公務員I種試験に合格し、郵政省に入省[4]。電気通信局電気通信事業部に配属された。

ドイツミュンスター大学への留学、新潟県長岡郵便局副局長を経て[4]、帰国後は大臣官房総務課行政改革担当係長や総務省情報通信政策局放送政策課課長補佐を務める。岡山県企画振興部情報政策課へ出向中に総務省を退官し、岡山県選挙区選出の参議院議員江田五月の秘書に転じる。

2005年民主党から第21回参議院議員通常選挙における岡山県選挙区の公認を受けたが[6]、辞退。岡山市長選へ出馬、同年10月9日の岡山市長選挙で落選。落選後、民主党を離党した[7]

民主党岡山県総支部連合会が実施した衆議院議員総選挙の候補者公募に合格し、民主党に復党。

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙岡山1区から民主党公認で出馬。選挙区では自由民主党逢沢一郎に敗れるも、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、初当選した。

2011年8月26日、菅直人首相が民主党代表辞任を正式に表明[8]。菅の辞任に伴う代表選挙(8月29日投開票)では馬淵澄夫の推薦人に名を連ねた[9]

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に岡山1区から民主党公認で出馬するも、再び逢沢に敗れ、比例復活もならず落選。

2013年5月21日、民主党を離党。同年7月の第23回参議院議員通常選挙に岡山県選挙区から無所属で出馬し[10][11]、民主・社民みどりの風の推薦、新経済連盟などの支援を受けたが[12]、落選。さらに、同年10月の岡山市長選挙に無所属で出馬したが、落選した[13]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙に際して維新の党公認で岡山1区から出馬[14]。選挙区では逢沢に敗北するものの、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し国政復帰を果たす。2016年3月27日、維新の党の解散・民主党との合流に伴い、民進党所属となる。

2017年9月28日、民進党は希望の党への合流を決定[15]。高井は当初は希望の党に公認申請する意向を示していた[16]。10月2日夕方、枝野幸男が新党「立憲民主党」立ち上げを宣言[17]。高井は、希望の党が安全保障法制を容認していることなどについて政策や理念が一致しないと判断。同日夜、枝野に電話で新党参加の意向を伝えた[16]。10月3日、希望の党は衆院選の第1次公認192人を発表。同党が岡山1区に自民党県議の蜂谷弘美を擁立したことが明らかとなった[18][19]。同日、高井は県政記者クラブで会見し、立憲民主党に公認申請したと表明した[16]。10月22日の第48回衆議院議員総選挙に立憲民主党公認で立候補。約3万票差で再び逢沢に敗れるものの比例復活で3選(惜敗率65.03%)。

2020年4月、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の発令後に東京・歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」と呼ばれる飲食店で遊興していたことを報じられ、同月14日に離党届を提出したが[20]、立憲民主党は離党届を受理せず、翌15日に除籍処分となった(後述)[20]

10月27日、衆議院会派「国民民主党無所属クラブ」に入会した[21][22]

2021年10月5日、記者会見を開き、第49回衆議院議員総選挙れいわ新選組公認で滋賀3区から出馬することを発表した[23]

2021年10月31日の投開票の結果、11,227票を得票するも供託金没収点(有効得票のうち10%)に届かず落選。

2021年12月6日、れいわ新選組の幹事長に就任[24]

2022年4月14日、第26回参議院議員通常選挙に比例代表で立候補することが発表された[25]。同年7月10日実施の参院選で、れいわ新選組は比例代表に特定枠1人を含め計9人の候補者を擁立した。高井の得票数は、特定枠を除いた比例候補者8人中7位であり、同党が比例で獲得した2議席に届かず落選した[26]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[27]
  • 9条改憲について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[28]。9条への自衛隊の明記について、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[27]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[27]

外交・安全保障[編集]

  • ロシアは2022年2月24日、ウクライナへの全面的な軍事侵攻を開始した[29]。日本政府が行ったロシアに対する制裁措置についてどう考えるかとの問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「厳しすぎる」と回答[27]。同年の毎日新聞社のアンケートで「制裁をより弱めるべきだ」と回答[28]
  • 2022年6月7日、政府は経済財政運営の指針「骨太方針」を閣議決定した。NATO加盟国が国防費の目標としている「GDP比2%以上」が例示され、防衛力を5年以内に抜本的に強化する方針が明記された[30]。「防衛費を今後どうしていくべきだと考えるか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで回答しなかった[27]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]
  • クオータ制の導入について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]

中四国における獣医学部新設支持[編集]

その他[編集]

  • アベノミクスについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「評価できず、見直すべきだ」と回答[28]
  • 原子力発電への依存度を今後どうするべきか」との問題提起に対し、2022年のNHKのアンケートで「ゼロにすべき」と回答[27]
  • 国会議員の被選挙権年齢の引き下げについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[28]

人物[編集]

  • 親の仕送りは一切受け取らず大学時代の4年間NHK受信料集金のアルバイトをして学生生活を送った[4]
  • 総務省放送政策課課長補佐時代には地上デジタル放送実施に向けてのプロジェクトリーダーになり、法案策定に携わる[4]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 無会派→国民民主党無所属クラブ
  2. ^ 当時、地方創生・国家戦略特区担当。
出典
  1. ^ LINE入手 緊急事態宣言の最中、立憲・高井崇志議員が歌舞伎町“風俗店”で受けた“サービス”の中身 週刊文春 2020年4月23日号
  2. ^ 平成26年12月19日中央選挙管理会告示第30号(平成二十六年十二月十四日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  3. ^ 立憲民主党 都道府県連一覧”. 立憲民主党. 2019年10月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 高井崇志議員 SUNチャンネル公式サイト。2020年4月22日閲覧。
  5. ^ 本人のTwitterプロフィール
  6. ^ 江田五月の国会レポート 第36号 2005年6月10日
  7. ^ プロフィール
  8. ^ “菅直人首相が退陣を正式表明、民主代表選が事実上スタート”. ロイター. (2011年8月26日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-22883120110826 2021年11月27日閲覧。 
  9. ^ 2011年8月29日投票 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  10. ^ “参院選に高井氏出馬表明 無所属で岡山選挙区”. 山陽新聞. (2013年5月21日). http://town.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/2013052121443070 2013年6月7日閲覧。 
  11. ^ “参院岡山に高井氏 民主離党し無所属出馬へ”. msn産経ニュース. (2013年5月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130521/stt13052123250007-n1.htm 2013年6月7日閲覧。 
  12. ^ 選挙区 岡山 選挙結果 : 参議院選挙(参院選)2013 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  13. ^ “選挙:岡山市長選 大森氏が初当選 - 毎日新聞”. 毎日新聞. (2013年10月7日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20131007ddn002010021000c.html 2014年11月26日閲覧。 
  14. ^ 第47回衆議院議員総選挙第2次公認候補予定者発表のお知らせ | ニュース|活動情報|維新の党
  15. ^ “民進 事実上の新党合流を了承 両院総会で”. NHK. (2017年9月28日). オリジナルの2017年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170928110319/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170928/k10011160191000.html 2022年2月2日閲覧。 
  16. ^ a b c “高井氏が立憲民主に公認申請 衆院選で「希望は理念一致せず」”. 山陽新聞. (2017年10月3日). オリジナルの2017年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171004034543/https://www.sanyonews.jp/article/607052 2022年2月7日閲覧。 
  17. ^ 清水俊介、山口哲人 (2017年10月3日). “枝野氏、リベラル受け皿に 希望と連携焦点”. 中日新聞. https://static.chunichi.co.jp/chunichi/archives/article/senkyo/shuin2017/zen/CK2017100302000224.html 2022年2月4日閲覧。 
  18. ^ “【衆院選】希望の党・第1次公認リスト(192人)(2/4ページ)”. 産経新聞. (2017年10月3日). https://www.sankei.com/article/20171003-NK7P4VUV5BN6FHCY22UVSGOJMY/2/ 2022年2月2日閲覧。 
  19. ^ 蜂谷弘美(小選挙区・岡山県) 【衆議院選挙2017】:読売新聞”. 読売新聞社. 2022年2月2日閲覧。
  20. ^ a b “立民、高井議員を除籍処分 歌舞伎町遊興、離党認めず”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2020年4月15日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO58080750V10C20A4PP8000/ 2020年4月22日閲覧。 
  21. ^ “国民民主、立民との衆院共同会派を離脱”. 日本経済新聞. (2020年10月23日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO65362500T21C20A0EA3000?s=4 2020年10月27日閲覧。 
  22. ^ “国民、衆院会派が独立”. 時事ドットコム. (2020年10月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102700843&g=pol 2020年10月27日閲覧。 
  23. ^ れいわ、立民除籍の高井氏を擁立 衆院選滋賀3区”. 京都新聞 (2021年10月5日). 2021年10月5日閲覧。
  24. ^ 高井たかし (2021年12月6日). “れいわ新選組の幹事長を拝命しました。”. Twitter. 2021年12月6日閲覧。
  25. ^ “れいわ、比例で新人公認 参院選”. 日本経済新聞. (2022年4月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA14BFJ0U2A410C2000000/ 2022年4月14日閲覧。 
  26. ^ 比例代表 れいわ新選組 参議院選挙結果・開票速報”. 参議院選挙2022特設サイト. NHK. 2022年7月11日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h i j 比例代表 高井崇志”. 候補者アンケート - 参院選2022. NHK. 2022年6月27日閲覧。
  28. ^ a b c d e 高井崇志 れいわ 比例”. 第26回参院選. 毎日新聞社. 2022年6月28日閲覧。
  29. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  30. ^ 川田篤志、柚木まり (2022年6月8日). “防衛費や子ども関連費倍増も 財源検討は参院選後に先送り 政府が「骨太方針」閣議決定”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/182147 2022年6月27日閲覧。 
  31. ^ a b “民進党に特大ブーメラン再び!加計学園を応援した過去”. ダイヤモンド. (2017年5月25日). http://diamond.jp/articles/-/129323 2017年5月26日閲覧。 
  32. ^ [1]『衆議院議事録 2016年4月26日』
  33. ^ 国会召集放置、違憲と提訴 立民議員が国に賠償請求”. 日本経済新聞 (2018年2月26日). 2018年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]

党職
先代
(新設)
れいわ新選組幹事長
初代:2021年 -
次代
(現職)