菅川洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
菅川 洋
すげかわ ひろし
生年月日 (1968-10-19) 1968年10月19日(48歳)
出生地 日本の旗広島県広島市
出身校 日本大学商学部商業学科
前職 税理士
所属政党 民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
(生活の党→)
生活の党と山本太郎となかまたち
親族 父・菅川健二(元参議院議員
公式サイト すげかわ洋公式サイト

選挙区 比例中国ブロック広島1区
当選回数 1回
在任期間 2009年9月11日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

菅川 洋(すげかわ ひろし、1968年10月19日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。
現在は生活の党と山本太郎となかまたち広島県第1区総支部長を務める。父は元参議院議員菅川健二

略歴[編集]

私立修道高等学校卒業後、日本大学商学部商業学科卒業。その後税理士となる。

2005年第44回衆議院議員総選挙広島1区より出馬したが、自由民主党岸田文雄に敗れ落選。

2009年第45回衆議院議員総選挙に広島1区より出馬。岸田に7918票差で敗れたが、比例中国ブロックで復活し初当選した。民主党世襲政治家の問題点から、第45回衆議院議員総選挙を前に国会議員の3親等以内の親族が同じ選挙区から連続して立候補することを禁止しており、菅川は父と選挙区が重複しているが、父は2001年の(落選)後引退し2005年には立候補していないため、民主党候補として立候補できた。

2011年2月23日原口一博主導の日本維新連合の準備会合に参加。2012年内閣総理大臣野田佳彦消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した[注釈 1]衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、反対票を投じた。

2012年7月2日に離党届を民主党に提出。受理されず、9日に除籍処分が確定[1]。11日の国民の生活が第一結党に参加した[2]

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙日本未来の党公認で再び広島1区から出馬するも、3位に終わり比例復活もならず落選。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 野田は「消費税の引き上げを現在の衆議院議員の任期終了後となる14年4月を予定しているため、公約違反ではありません」と述べている。j-cast2012年1月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]