宮澤博行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮澤 博行
みやざわ ひろゆき
生年月日 (1975-01-10) 1975年1月10日(42歳)
出生地 日本の旗 静岡県磐田郡龍山村
出身校 東京大学法学部
前職 工場派遣社員[1]
所属政党 自由民主党
称号 学士(法学)(東京大学・1997年
公式サイト 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website

選挙区 静岡県第3区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[2] - 現職

当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2012年2月
テンプレートを表示

宮澤 博行(みやざわ ひろゆき、1975年1月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。報道等においては宮沢 博行[3]、選挙運動等においては宮沢 ひろゆき[4]と表記されることもある。

防衛大臣政務官内閣府大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)、静岡県磐田市議会議員(3期)、静岡県磐田市議会総務委員長、自民党静岡県連青年部長などを歴任した。衆議院では原子力問題調査特別委員会理事、国土交通委員会法務委員会各委員に、自由民主党では政務調査会経済産業部会・国防部会各副部会長、運輸・交通関係団体委員会副委員長、国家戦略本部主査[5]青年局次長[6](国際部長を経て地方部長[7])に就任している。

来歴[編集]

静岡県磐田郡龍山村(現・静岡県浜松市)生まれ[8]。龍山村立龍山北小学校(現・浜松市立横山小学校)、龍山村立龍山中学校(現・浜松市立光が丘中学校)を経て、1993年、静岡県立磐田南高等学校卒業。東京大学に進学し[9]1997年、同大学法学部卒業[5]。その後は、レストランの厨房[10]、貿易会社の営業、塾講師、工場の派遣社員等、多様な職種を経験した[1]

少年時代[編集]

小学校では、山道を徒歩で1時間かけて通学していた[9]。中学生の時に、自宅に保管されていた戦没者の遺品を見て、「国を守りたい」と思ったのがきっかけで、政治の道を志したとされている[11]。高校では、創立70周年記念式典を挙行するにあたり、生徒会長を務めた[9]。中学校在学時から剣道を習い始め[9]、のちに五段を取得。2013年度から磐田剣道連盟副会長を務めている。他に居合道水鴎流)四段を取得している[5]

政治家として[編集]

2003年磐田市議会議員選挙に立候補し、初当選を果たした[2]。以降は、2008年度に磐田市議会総務委員長、同年度および2009年度に自由民主党静岡県連青年部長を歴任し[5]、連続3期務め上げたが、2012年2月に磐田市議会議員を辞職した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙にて静岡県第3区自由民主党から出馬、民主党前職の小山展弘らを破り初当選を果たした[2]。当選後は、自民党の頭髪の薄い新人議員を集めて「日本を明るくする会」を結成し[12]幹事長に就任した[13]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で民主党・維新の党との連携・一本化候補として擁立された元職の小山を破り再選(小山も比例復活)[14][15]

2015年5月21日、衆議院「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」委員に選任されている[16]

2016年8月5日第3次安倍第2次改造内閣で、防衛大臣政務官内閣府大臣政務官に就任[17]2017年8月まで務めた。

同年の第48回衆議院議員総選挙で3選[18]

政策・主張[編集]

活動・発言[編集]

「選挙無効」は大歓迎
2011年3月、第45回衆議院議員総選挙一票の格差に関する判決において、最高裁判所は選挙区の区割が違憲状態だとする判断を示した[22]。この判決を受け、衆議院議員選挙の区割を見直す機運が高まったものの、是正が間に合わないまま、2012年12月に第46回衆議院議員総選挙が行われることになった[22]。その結果、第46回衆議院議員総選挙の一票の格差について、各地の高等裁判所で違憲状態や違憲とする判決が相次ぎ、広島高等裁判所では違憲と判断したうえで選挙無効とする判決が下された[22]。これについて宮澤は「判決に納得はいかないが、個人的には『選挙無効』は大歓迎」とコメントしている[23]。その理由について「いまはものすごい支持率でしょ。この流れでもう1回選挙をやって、もう1度勝ちたい。政治家は常に戦い。2回連続の落選が政治生命に与える影響は大きいですからね」と述べた[23]

所属団体・議員連盟[編集]

寄稿[編集]

  • 自民党国家戦略本部(編)、2014年12月、「24人の政治家達の真摯な思い(2030年の日本)」、『日本未来図2030』、日経BP社 ISBN 978-4-8222-2519-3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 宮澤 博行”. 自由民主党. 2016年9月18日閲覧。
  2. ^ a b c 平成24年(2012年)12月18日 静岡県選挙管理委員会告示第66号。
  3. ^ “国会議員情報:宮沢 博行(みやざわ ひろゆき)”. 時事通信社. http://www.jiji.com/jc/giin?d=33b56993d1140e844478061f6ac76082&c=syu&rel=ja 2016年9月18日閲覧。 
  4. ^ 事務所・選挙区”. 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website. 2016年9月18日閲覧。
  5. ^ a b c d プロフィール”. 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website. 2016年9月18日閲覧。
  6. ^ 会員紹介”. 清和政策研究会. 2016年9月18日閲覧。
  7. ^ 防衛大臣政務官  宮澤 博行 (みやざわ ひろゆき) - 第3次安倍第2次改造内閣 大臣政務官名簿”. 総理大臣 首相官邸ホームページ. 2016年9月18日閲覧。
  8. ^ 宮澤博行君”. 衆議院 (2016年8月5日). 2016年9月18日閲覧。
  9. ^ a b c d 生い立ち”. 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website. 2016年9月18日閲覧。
  10. ^ プロフィール”. 宮沢ひろゆき. 2012年3月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月18日閲覧。
  11. ^ 政治理念”. 自民党 衆議院議員 宮沢ひろゆき official website. 2016年9月18日閲覧。
  12. ^ a b “【松本浩史の政界走り書き】(番外編) 頭髪が気になり出した議員親ぼく会って? 日本を明るくするらしいけど…(1/2ページ)”. 産経新聞. (2013年11月23日). http://www.sankei.com/politics/news/131123/plt1311230014-n1.html 2016年9月18日閲覧。 
  13. ^ 【動画】日本を明るくする会 北海道余市町街頭演説会 H26.7.30(No288)”. 中村裕之オフィシャルWEBサイト (2014年7月30日). 2016年9月18日閲覧。
  14. ^ 「先手自民手堅く 野党連携も後手 ― 3区・宮沢さん 古里に若者を戻す」 『中日新聞』(中日新聞東海本社) 2014年12月15日朝刊 第12版 pp.18-19
  15. ^ 平成26年(2014年)12月16日静岡県選挙管理委員会告示第66号。
  16. ^ 第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第1号(平成27年5月22日(金曜日))”. 衆議院 (2015年5月22日). 2016年9月18日閲覧。
  17. ^ “副大臣:20人交代 閣議決定”. 毎日新聞. (2015年8月5日). http://mainichi.jp/articles/20160805/k00/00e/010/220000c 2016年9月18日閲覧。 
  18. ^ 平成29年(2017年)10月24日静岡県選挙管理委員会告示第67号
  19. ^ “2012衆院選 静岡3区 宮沢 博行”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_area_meikan.html?mid=A22003001001 2016年9月18日閲覧。 
  20. ^ a b c d e “2014衆院選 静岡3区 宮沢 博行”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A22003003003&st=tk 2016年9月18日閲覧。 
  21. ^ “朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選”. 朝日新聞2. http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2015年9月29日閲覧。 
  22. ^ a b c 【選挙無効判決】猶予なしの立法府 判断は「違憲状態」「有効だが違憲」…+(1/2ページ)”. 産経新聞 (2013年3月26日). 2013年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月18日閲覧。
  23. ^ a b 【選挙無効判決】衝撃走る永田町 「僕らのせいじゃない」「大歓迎。もう1度勝ちたい」+(2/2ページ)”. 産経新聞 (2013年3月26日). 2013年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月18日閲覧。
  24. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  25. ^ みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会 昇殿参拝”. 宮沢ひろゆき活動ブログ. 2016年9月18日閲覧。
  26. ^ 『創生「日本」』は新たな政治の実現に全力を持って取り組みます。”. 創生「日本」. 2016年9月18日閲覧。
  27. ^ 応援しています!”. 神道政治連盟. 2016年9月18日閲覧。
  28. ^ “改訂版「TPP参加の即時撤回を求める会」の会員と未会員”. 農業協同組合新聞. http://www.jacom.or.jp/column/2013/02/130219-19828.php 2016年9月18日閲覧。 
  29. ^ 会員名簿”. TPP参加の即時撤回を求める会 公式ブログ. 2016年9月18日閲覧。
  30. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  31. ^ 自民党オートバイ議連総会報告”. 東京オートバイ協同組合 (2013年7月1日). 2016年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]