山田敏雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山田 敏雅
生年月日 (1949-09-08) 1949年9月8日(69歳)
出生地 広島県福山市
出身校 京都大学卒業
東京大学大学院修了
前職 会社役員
所属政党民主党→)
無所属

選挙区 比例中国ブロック広島7区
当選回数 1回
テンプレートを表示

山田 敏雅(やまだ としまさ、昭和24年(1949年9月8日 ‐ )は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。会社役員。

概要[編集]

2000年6月25日第42回衆議院議員総選挙民主党から出馬し、広島7区では自民党宮澤洋一に敗れ落選したものの、比例中国ブロックで復活し、初当選した。

2003年7月27日告示・8月3日投票の広島県福山市長選挙に立候補し、衆議院議員を失職。立候補に際し、民主党を離党した。しかし、三好章市長(2004年辞職直後に逝去)に敗れ、落選。現在はエジソンパワーの社長を務めている。

訴訟[編集]

週刊文春2003年5月22日号の「タイ美人女性惨殺事件 日本の現職国会議員に事情聴取」と題した記事に名誉を傷つけられたとして、発行元の文藝春秋側に1000万円の賠償を求め訴訟を起こした。

記事中では「国会議員のX氏」と名前は伏せられたものの、東京地裁は「記事は匿名でも、経歴を知る人が記事を見れば原告と特定でき、社会的評価を低下させた」と判断し、文藝春秋側に100万円の支払いを命じた。

外部リンク[編集]