井原巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
井原 巧
いはら たくみ
生年月日 (1963-11-13) 1963年11月13日(53歳)
出生地 愛媛県伊予三島市
出身校 専修大学経営学部
前職 四国中央市
所属政党 自由民主党細田派
称号 経営学士
親族 井原岸高(祖父)
公式サイト 参議院議員 井原たくみ

当選回数 3回
在任期間 2004年 - 2013年

選挙区 旧伊予三島選挙区
当選回数 3回
在任期間 1995年 - 2004年
テンプレートを表示

井原 巧(いはら たくみ、1963年11月13日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)、経済産業大臣政務官内閣府大臣政務官復興大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。

愛媛県四国中央市長(3期)、愛媛県議会議員(3期)を歴任した。元衆議院議員井原岸高は祖父。

略歴[編集]

愛媛県伊予三島市生まれ。専修大学経営学部卒業。衆議院議員関谷勝嗣の議員秘書を経て[1][2][3]1995年愛媛県議会議員選挙に立候補し初当選。その後、3期務めた。2004年には新設合併された四国中央市長選挙に立候補し、川之江市長を務めた石津隆敏を破り当選。初代四国中央市長に就任した。

市長時代には全国青年市長会会長を務めた。2010年に19人の若手市長による本「市長の夢」を出版した[4]

2013年第23回参議院議員通常選挙自由民主党公認で愛媛県選挙区から出馬し、37万3,047票を獲得し他の4候補に大差をつけて初当選した[5]

経歴[編集]

政策[編集]

  • 憲法9条を改正して自衛隊を他国同様「国防軍」とすべきと回答。
  • 日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべきと回答。
  • 村山談話・河野談話を見直すべきでない。
  • 雇用の金銭解決制度導入に反対。[7]

人物[編集]

  • 統一教会関連団体の世界平和連合の支援を受ける。2013年5月には、愛知県内のホテルで、同連合は「井原巧先生を励ます会」を開催した[8]
  • 趣味は読書・スポーツ全般[9]

所属団体・議員連盟[編集]

関係項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 市長の夢 19人の青年市長[11]日本ドリームプロジェクト(編) 『市長の夢―19人の青年市長×きむ』 いろは出版、2010年9月ISBN 978-4902097344

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 井原 巧(いはら たくみ)”. 参議院. 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ 井原 巧 国会議員 議員情報 議員・役員情報”. 自由民主党. 2017年4月7日閲覧。
  3. ^ “国会議員情報:井原 巧(いはら たくみ)”. 時事ドットコム (時事通信社). http://www.jiji.com/jc/giin?d=d0059e761cf0bb30935564b8ff3d943e&c=san&rel=ja 2017年4月7日閲覧。 
  4. ^ 時事ドットコム:トップインタビュー【19】井原巧・愛媛県四国中央市長 - 時事ドットコム、2013年7月23日閲覧。
  5. ^ 参院愛媛選挙区で井原氏初当選 投票率最低49.40% - 愛媛新聞(2013年7月22日)、2013年7月23日閲覧。
  6. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  7. ^ 2013参院選 毎日新聞候補者アンケート
  8. ^ 「統一教会が全面支援した自民党候補者参院選から見えた政権とカルトの歪な関係」フォーラム21、2013年9月号
  9. ^ プロフィール - 井原巧公式ホームページ、2013年7月23日閲覧。
  10. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  11. ^ 全国市長会 市長の夢 19人の青年市長 編集:日本ドリームプロジェクト 協力:全国青年市長会

外部リンク[編集]