加賀谷健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加賀谷 健
かがや けん
生年月日 (1943-10-23) 1943年10月23日
出生地 北海道苫小牧市
没年月日 (2014-04-24) 2014年4月24日(70歳没)
死没地 千葉県千葉市中央区
出身校 中央大学
前職 東京電力社員
千葉県議会議員
所属政党 民社党→)
新進党→)
民主党民社協会

選挙区 千葉県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月29日 - 2013年7月28日

当選回数 5回
在任期間 1987年 - 2007年
テンプレートを表示

加賀谷 健(かがや けん、1943年10月23日 - 2014年4月24日)は、日本政治家民主党所属。

参議院議員(1期)、内閣府大臣政務官野田第3次改造内閣)、総務大臣政務官野田改造内閣)、千葉県議会議員(5期)などを歴任。

来歴[編集]

北海道苫小牧市生まれ。北海道苫小牧工業高等学校を経て、中央大学法学部中退後、東京電力千葉支店に勤務。労働組合千葉支部書記長、千葉地方同盟書記長などを務めた。その間に民社党入党。1987年には民社党より千葉県議会議員に初当選し、以後5期に渡って在任。

2007年7月の第21回参議院議員通常選挙民主党公認候補として千葉県選挙区に出馬、初当選した。

2013年7月の第23回参議院議員通常選挙には出馬せず、政界を引退した。

2014年4月24日午前10時35分、肝内胆管癌のため千葉県千葉市中央区の病院で死去した。70歳没[1]

エピソード[編集]

2013年5月15日、政府に対して質問主意書を提出し、「旧総理大臣官邸である総理大臣公邸には、二・二六事件等の幽霊が出るとの噂があるが、それは事実か。安倍総理が公邸に引っ越さないのはそのためか。」と問いただした[2]。これに対して政府は「お尋ねの件については、承知していない。」との回答を出した。

政歴[編集]

主な役職[編集]

党内[編集]

  • 民主党拉致問題対策本部
  • 民主党総務部門会議座長
  • 民主党陳情要請対応本部副本部長
  • 民主党千葉県総支部連合会副代表
  • 民主党千葉県参議院第3総支部長
  • 民主党千葉県第1区総支部稲毛支部顧問

党外[編集]

  • 千葉市ソフトテニス協会会長
  • 千葉市レディースソフトテニス協会会長
  • 千葉市体育協会参与
  • 千葉県民社協会会長
  • NPO法人ふるさと文化研究会顧問

議員連盟[編集]

その他[編集]

家族は妻、娘2人、孫3人がいる。

趣味は釣り、野球、テニス、家庭菜園、歴史である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 加賀谷健前参院議員死去 Archived 2014年4月24日, at Archive.is 時事通信 2014年4月24日
  2. ^ 参議院公式サイト
公職
先代:
園田康博郡和子大串博志稲見哲男北神圭朗
日本の旗 内閣府大臣政務官
郡和子金子恵美稲見哲男岸本周平大野元裕本多平直高山智司と共同

2012年
次代:
山際大志郎亀岡偉民島尻安伊子北村茂男平将明秋野公造
先代:
福田昭夫森田高
日本の旗 総務大臣政務官
福田昭夫森田高と共同
森田高と共同
稲見哲男森田高と共同

2012年
次代:
石津政雄稲見哲男森田高