高橋誉冨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 誉冨(たかはし たかよし、1913年9月29日[1] - 2003年5月13日)は、日本政治家自民党参議院議員(1期)。

経歴[編集]

千葉県出身。1937年千葉県師範学校(現・千葉大学教育学部)卒[2]。卒業後は千葉県内の小学校で教鞭を執り[2]、その後は、習志野市立津田沼小学校校長船橋市立二宮中学校校長を務めた。[要出典]1963年千葉県議会議員(八千代市)を経て、1974年第10回参議院議員通常選挙千葉地方区)で初当選、当選1回。福田内閣で北海道開発政務次官を務めた[2]1980年に引退。2003年5月13日午前2時39分、肺炎のため千葉県八千代市の病院で死去[3]、89歳。

主な著書[編集]

  • 「教育ひとすじ」(1973年)
  • 「魂にひびく体育」(1961年)

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引(昭和元年~平成23年) I 政治・経済・社会篇』(日外アソシエーツ、2012年)p.719
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』347頁。
  3. ^ 高橋誉冨氏死去/元自民党参院議員 四国新聞、2003年5月13日

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。