小野哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小野 哲(おの あきら、1900年明治33年)4月 - 1978年昭和53年)9月21日)は、日本の鉄道官僚政治家。官選千葉県知事参議院議員

経歴[編集]

小野禎一郎の二男として京都府乙訓郡向日町(現:向日市)で生まれる。第一高等学校を経て、1924年東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。1923年12月、高等試験行政科試験に合格。鉄道省に入り神戸鉄道管理局書記となる。

以後、鉄道局副参事、鉄道事務官、在外研究員(欧米留学)、門司鉄道局鳥栖運輸事務所長、東京鉄道局運輸部庶務課長、鉄道省運輸監理官、東京鉄道局運輸部長、大臣官房人事課長、門司鉄道局長、運輸通信省鉄道総局勤労局長、運輸省自動車局長、同企画局長などを歴任。

1946年1月、千葉県知事に就任。民主化の諸改革に取り組んだ。1947年3月、千葉県知事を辞任し、翌月の第1回参議院議員通常選挙千葉県地方区から出馬し当選。緑風会に所属。第3次吉田内閣地方自治政務次官に就任。1953年4月、第3回通常選挙では落選。

その他、日本トラック協会会長などを務めた。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小野茂「研究余滴 〈エッセイ 2〉英語と私」『學苑』874、昭和女子大学、2013年。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 財団法人千葉県史料研究財団編『千葉県史研究(第17号)』財団法人千葉県史料研究財団、2009年。