武藤容治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
武藤容治
むとう ようじ
生年月日 1955年10月18日(60歳)
出生地 岐阜県岐阜市
出身校 慶應義塾大学
前職 富士写真フイルム社員
実父秘書
現職 菊川取締役会長
武藤嘉商事取締役会長
所属政党 自由民主党麻生派
親族 父・武藤嘉文
祖父・武藤嘉一
曾祖父・武藤嘉門
公式サイト 衆議院議員 武藤容治

選挙区 岐阜3区
当選回数 3回
在任期間 2005年9月12日 - 2009年7月21日
2012年12月18日[1] - 現職
テンプレートを表示

武藤 容治(むとう ようじ、1955年(昭和30年)10月18日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、外務副大臣。元総務大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)。

概要[編集]

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙民主党の前職の園田康博を破り当選。

2008年4月には、無派閥から麻生派(為公会)入りした[要出典]

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で落選。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では当選[1]

2014年9月、第2次安倍改造内閣総務大臣政務官に就任。同年12月の第47回衆議院議員総選挙で3選。

2015年10月、第3次安倍改造内閣外務副大臣に就任。

略歴[編集]

政策・活動[編集]

不祥事[編集]

  • 武藤の政治団体が、2013年、札幌市中央区のキャバクラでの会合費1万100円を政治資金から支出していた[5]。同政治団体は、2011年にも岐阜市の繁華街・柳ケ瀬のキャバクラでの会合費約1万3千円を支出していた[5]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月18日岐阜県選挙管理委員会告示第103号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人)
  2. ^ http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A21003003003&st=tk
  3. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  4. ^ 全面広告画像
  5. ^ a b 「武藤政務官、またキャバクラに会合費 1万100円支出」、朝日新聞、2014年11月27日
  6. ^ 「安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり」、しんぶん赤旗 2014年9月9日

外部リンク[編集]