島田三郎 (参議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
島田 三郎
生年月日 (1956-07-06) 1956年7月6日(61歳)
出生地 島根県安来市
出身校 青山学院大学経済学部
前職 島根県議会議員
所属政党 自由民主党(無派閥)
公式サイト 参議院議員 島田三郎

選挙区 島根県選挙区
当選回数 1回
テンプレートを表示

島田 三郎(しまだ さぶろう、1956年7月6日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。次兄は元島根県安来市市長の島田二郎。

来歴[編集]

島根県安来市生まれ。島根県立松江北高等学校を経て、青山学院大学経済学部卒業[1]

1980年竹下登事務所入所。1994年3月まで竹下登秘書[1]

1995年島根県議会議員(当選5回)。2001年、農林水産委員会委員長。2003年、島根県監査委員。2009年、議会運営委員会委員長。2011年、島根県議会副議長[1]

2013年第23回参議院議員通常選挙に自民党公認で島根県選挙区から出馬し初当選した[1]。なお島根県選挙区は同選挙を最後に鳥取県選挙区と合区になるため同選挙区単独で当選した最後の議員となった。

2015年7月24日、島根県と鳥取県参議院合同選挙区(合区)による鳥取県・島根県選挙区を創設する公職選挙法改正案に反発し、参議院本会議採決前に退席し棄権した[2]

政策[編集]

  • 憲法9条を改正して自衛隊の役割や限界を明記するべき。
  • 集団的自衛権の行使に賛成。
  • 日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべき。
  • 村山談話を見直すべきでない。
  • 雇用の金銭解決制度導入に賛成。
  • 日本の原発について、当面は必要だが将来は廃止すべき[3]

所属議員連盟[編集]

参考URL[編集]

外部リンク[編集]