階猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 階 猛
生年月日 (1966-10-07) 1966年10月7日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 岩手県盛岡市
出身校 東京大学法学部
学位・資格 法学士
弁護士
前職 みずほ証券主任研究員
所属委員会 法務委員会
予算委員会
東日本大震災復興特別委員会(理事)
世襲
選出選挙区 岩手1区
当選回数 4回
所属党派 民主党→)
民進党細野派
党役職 民主党岩手県第1総支部長
会館部屋番号 衆議院第2議員会館203号室
ウェブサイト 階猛 Official Site
テンプレートを表示

階 猛(しな たけし、1966年10月7日 - )は、日本政治家弁護士民進党所属の衆議院議員(4期)。次の内閣ネクスト内閣府特命大臣、元総務大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅内閣)。

人物[編集]

岩手県盛岡市生まれ。雫石町立雫石小学校、雫石町立雫石中学校岩手県立盛岡第一高等学校卒業。2年間の浪人生活を経て、東京大学教養学部文科一類に入学。高校、大学では野球部に所属し、大学の野球部では投手だった。東大時代の同期に小林至がいる。1991年東京大学法学部を卒業し、日本長期信用銀行(現新生銀行)に入行。法人営業や市場部門に勤務し、総合資金部部長代理や法務部部長代理を歴任するが、1998年に同行は破綻。その後在職のまま司法試験に合格し、司法修習(第56期)を経て、東京弁護士会に登録。新生銀行社内弁護士として法務部次長に就任。2007年1月よりみずほ証券総合企画部経営調査室主任研究員

2007年、高校・大学の先輩にあたる達増拓也衆議院議員岩手県知事選出馬に伴う、衆議院岩手1区補欠選挙民主党公認で出馬し、初当選した。2009年第45回衆議院議員総選挙で再選され、選挙後に発足した鳩山由紀夫内閣総務大臣政務官に任命される。2010年1月石川知裕衆議院議員の逮捕を受け、同期当選の議員により結成された石川知裕代議士の逮捕を考える会に、現職の政務三役ながら参加。1月26日参議院予算委員会において、同会への参加について「議員には不逮捕特権がある。一国会議員として考えるべき問題だ。当然の責務だ」と説明した[1]。同年6月、菅内閣で総務大臣政務官に再任される。

2012年消費税増税を含む社会保障・税一体改革関連法案を国会に提出する方針を表明した野田佳彦内閣総理大臣に対し、同法案の内容を批判し、6月26日衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では反対票を投じ、造反。その後、消費増税に反対する小沢一郎ら52名の国会議員が離党届を提出し、小沢グループに所属していた階も一度は離党届を提出していたが、7月2日、同じく離党届を提出していた山岡賢次輿石東幹事長に対し、階、辻恵両衆院議員を除く50人分の離党届を改めて提出[2]するが、17日に「少なくとも無罪が確定するまで与党にとどまるべきだ」「野党の一議員に過ぎなくなった場合、これまで以上に公平な裁判が行われにくくなることを危惧する」と西松建設事件の裁判をかかえる小沢一郎が離党すべきでないと翻意を表明[3]し、離党を撤回。同年12月の第46回衆議院議員総選挙には民主党公認で岩手1区から出馬。自由民主党新人の高橋比奈子日本未来の党新人で達増拓也岩手県知事の妻の達増陽子らを破り、3選。

2014年10月17日、選挙区内でうちわを配ったとして、公職選挙法違反の疑いで、法務大臣松島みどりに対する告発状を東京地検に提出したと発表した[4]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙には民主党公認で岩手1区から出馬し、4選。2016年民主党次の内閣ネクスト内閣府特命大臣(行政刷新・行政改革)[5]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

2016年11月25日、階が代表を務める「民主党岩手県第1区総支部」が、2015年の政治活動費からプロレスのチケット代を支出していたことが判明。また同じく階の資金管理団体である階誠会が、プロバスケットボールチーム岩手ビッグブルズのチケット代として政治活動費からを支出していたことも明らかになった。階はいずれも「ミス」と釈明した[11][12]

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
中村博彦坂本哲志鈴木淳司
日本の旗 総務大臣政務官
長谷川憲正小川淳也と共同

2009年 - 2010年
次代:
内山晃逢坂誠二森田高