長尾敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 長尾 敬
生年月日 1962年11月29日(52歳)
出身地 東京都
学位・資格 立命館大学経営学部経営学科卒業
前職 明治生命保険社員
世襲 内閣委員会
厚生労働委員会
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会
選出選挙区 大阪14区→)
比例近畿ブロック
当選回数 2回
所属党派 民主党→)
無所属→)
自由民主党細田派
会館部屋番号 衆議院第2議員会館1102号室
ウェブサイト 衆議院議員 長尾たかし公式ホームページ「誰もいわなきゃ私が言おうッ!!」
テンプレートを表示

長尾 敬(ながお たかし、1962年11月29日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

東京都立保谷高等学校を経て、1986年(昭和61年)、立命館大学経営学部経営学科卒業。同年、明治生命保険相互会社に入社。勤務の傍ら、衆議院議員・阿久津幸彦に師事。大前研一主宰の政策塾・一新塾に入塾。

2002年(平成14年)8月 明治生命保険相互会社退社。同年9月、民主党大阪14区総支部長に就任。翌2003年(平成15年)11月9日の第43回衆議院議員総選挙に、民主党公認候補として立候補したが、78,654票で次点で落選。

2005年(平成17年)9月11日の第44回衆議院議員総選挙に、民主党公認候補として立候補したが、89,142票で次点で落選。

2009年(平成21年)8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、自由民主党現職の谷畑孝を破り、136,798票を得て、初当選(谷畑は比例復活[1]

2012年(平成24年)11月15日(衆議院解散の前日)に民主党を離党、将来的に自民党に入党する意向を表明した[2]第46回衆議院議員総選挙において、谷畑が自民党を離党し日本維新の会から立候補したことから、自民党は独自の候補者を擁立せず、無所属の長尾を推薦する形を取った。しかし、12月13日に自民党総裁安倍晋三が長尾の応援演説を行っている最中に突如として公認を発表した。その後は[要出典]自民党公認候補として戦ったが、この経緯のために[要出典]重複立候補はできず、谷畑に惜敗した。山形3区加藤紘一(年齢制限により重複立候補できず)と共に、直近の解散まで現職であった自民党候補としては二人の落選者のうちの一人となった。

2014年(平成26年)12月14日の第47回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪14区から出馬し、維新の党の谷畑に再び敗れるも比例復活で当選。76,555票を得た。

当選後、首相の安倍から直接誘いを受け、清和政策研究会に入会した[3]

人物[編集]

信条は「至誠、天に通ず」。血液型はB型[4]。思想的には保守派であり、民主党在籍中はなぜ民主党にいるのかとよく聞かれたという。また、自民党が野党時代に、与党民主党議員でありながら、安倍晋三、下村博文山谷えり子古屋圭司衛藤晟一加藤勝信城内実稲田朋美らと行動を共にすることが多かった。城内は民主党政権時代、長尾が民主党内の情報を頻繁に提供してくれて助かった旨を述べている[5]。ジャーナリストの櫻井よしこからも期待が大きく、櫻井は長尾の著書「マスコミと政治家が隠蔽する中国」(眞人堂)の帯に「最も信頼する政治家の一人」と紹介。議員1期目時代を含め、尖閣諸島における漁業活動に5回参加。中国公船に10時間追尾され危険な目にあったと著書にて記している。

民主党を離党して自民党員となる事を決意したきっかけは、民主党の綱領に関する全議員会議において精神的疲労があった事をFacebookに投稿した際、2012年に自民党総裁となった当時の安倍晋三が「長尾さんには民主党は似合いません。」とコメントした事によると述べた[6]日本の領土を守るため行動する議員連盟国益を考える会に所属していた[要出典]

政策・主張[編集]

制度導入反対を訴える集会「夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民大会」に参加[15]。なお、反対の理由は、「多くのマスコミに取りあげてもらう」「支援して下さった家族を信仰の中心に据えている宗教団体に実態を知って頂くこと」と述べている[16]

活動費[編集]

  • 2012年、離党前に所属していた民主党より、党から受け取った活動費300万円の返還を求められた。2012年11月の時点では、この活動費は返還されていないと民主党は主張している[17]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪14区YOMIURI ONLINE 読売新聞(総選挙2009)
  2. ^ 時事通信2012年11月15日
  3. ^ “「数は力だ!」 新人15人めぐり争奪戦 首相も参戦 ますます太る町村派 焦る額賀派”. 産経ニュース (産経新聞). (2014年12月18日). http://www.sankei.com/politics/news/141218/plt1412180024-n1.html 2014年12月27日閲覧。 
  4. ^ 衆議院議員 長尾たかし公式ホームページ || プロフィール
  5. ^ https://www.m-kiuchi.com/2012/11/16/nagotakashiganbare/
  6. ^ 長尾 たかし - 「よかったねぇ。長尾さんの2年間の思いをぶつけて選挙戦を戦ってください。」... - Facebook
  7. ^ a b c d e f g h i j 2014衆院選 大阪14区 長尾 敬 - 毎日新聞
  8. ^ 外国人地方参政権について - YouTube 2008年2月21日
  9. ^ 人権擁護法案について - YouTube 2008年2月28日
  10. ^ 第3回人権擁護法案PT
  11. ^ TPP問題、医療界が押さえるべきツボは②―長尾敬議員に聞く
  12. ^ TPP交渉協議への参加表明」を11月12日からのAPECの場で日本政府は行うべきでないとする国会決議の実現に関する呼び掛けへの賛同者名簿
  13. ^ 竹島問題を考える - YouTube 2008年2月23日
  14. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  15. ^ “首相、夫婦別姓法案で閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす”. 産経新聞. (2010年3月20日). http://web.archive.org/web/20101206175251/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100320/plc1003201928008-n1.htm 2013年10月20日閲覧。 
  16. ^ 選択的夫婦別姓を含む法案の概要が提出されてしまった・・・しかし、まだやれることはあるっ!
  17. ^ 「離党し他党で出馬、活動費返還を」、読売新聞、2012年11月24日

外部リンク[編集]