長尾敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 長尾 敬
生年月日 1962年11月29日(51歳)
出身地 大阪府
学位・資格 立命館大学経営学部経営学科卒業
前職 明治生命保険社員
選出選挙区 大阪14区
当選回数 1回
所属党派 民主党→)
無所属→)
自由民主党
ウェブサイト 元衆議院議員 長尾たかし公式ホームページ「誰もいわなきゃ私が言おうッ!!」
テンプレートを表示

長尾 敬(ながお たかし、1962年11月29日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

東京都立保谷高等学校を経て、1986年(昭和61年)、立命館大学経営学部経営学科卒業。同年、明治生命保険相互会社に入社。勤務の傍ら、衆議院議員・阿久津幸彦に師事。大前研一主宰・政策塾「一新塾」に入塾。

2002年(平成14年)8月 明治生命保険相互会社退社。同年9月、民主党大阪14区総支部長に就任。翌2003年(平成15年)11月9日の第43回衆議院議員総選挙に、民主党公認候補として立候補したが、78,654票で次点で落選。

2005年(平成17年)9月11日の第44回衆議院議員総選挙に、民主党公認候補として立候補したが、89,142票で次点で落選。

2009年(平成21年)8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、自由民主党現職の谷畑孝を破り、136,798票を得て、初当選[1]

2012年(平成24年)11月15日(衆議院解散の前日)、自由民主党総裁安倍晋三と国家観・歴史観を共有できること理由に、民主党を離党して自民党に入党する意向を表明した[2]。一方の自民党は、谷畑が自民党を離党して日本維新の会に入党したため、同選挙区の候補者がいないところだった。しかし、民主党除名から間もないことから、長尾は無所属で出馬し、自民党が推薦することで一旦決定した。その後、谷畑にリードを許していた選挙情勢を鑑み、自民党支持層の引き締めを図る狙いから、同年12月13日に安倍が長尾の応援演説中に公認を表明し、一転して自民党公認候補となった。同年12月16日の第46回衆議院議員総選挙では谷畑に敗れ落選した。

人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]