長谷川憲正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川憲正
はせがわ けんせい
生年月日 (1943-01-01) 1943年1月1日(74歳)
出生地 埼玉県熊谷市
出身校 東京大学法学部
前職 フィンランド大使、参議院議員
所属政党 自由民主党→)
国民新党→)
新党日本→)
(国民新党→)
無所属
称号 法学士
公式サイト 長谷川憲正公式ホームページ

日本の旗 参議院議員
選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月26日 - 2010年7月25日
テンプレートを表示

長谷川 憲正(はせがわ けんせい、1943年1月1日 - )は、日本政治家

参議院議員(1期)、総務大臣政務官などを歴任した。

略歴[編集]

郵政省官僚、フィンランド大使を経て、2004年自由民主党から参議院に出馬し、初当選。

2005年に自由民主党を離党、国民新党旗揚げメンバーの一人として名を連ねる。8月24日新党日本に新党日本の政党条件を満たすために期間限定で移籍。9月11日に同党へ離党届を提出し、国民新党へ復党した。この政党移籍はレンタル移籍と揶揄され、選挙互助会という批判があった。

全国郵便局長会顧問。政党代表者が招かれない定期総会に総務大臣と共に招かれた。

2008年9月に民国合併構想が浮上するが、長谷川が2004年に比例区で自民党候補として当選していたため、国会議員のまま民主党への移籍ができないことが最大の問題点となり頓挫となった。

2010年7月に第22回参議院議員通常選挙に国民新党の比例区から出馬。406,587票を獲得するも、落選。

経歴[編集]

大臣官房国際部長、郵務局長、郵政審議官などを勤め、

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
中村博彦坂本哲志鈴木淳司
日本の旗 総務大臣政務官
階猛小川淳也と共同

2009年 - 2010年
次代:
内山晃逢坂誠二森田高