保守政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

保守政党(ほしゅせいとう、: Conservative parties)とは、保守主義の立場に立ち、急進的な変革よりも漸進的な改革を志向しつつ現体制を維持し伝統的な価値観と秩序を重視する政党である[1]19世紀末ごろ、先進国に社会主義政党が登場するようになると「保守政党」は資本主義の価値を代表し、擁護する政党を指すようになった[1][2]

対義語は社会党共産党、反保守主義勢力を指す「革新政党」である[3]。とはいえ、第二次世界大戦以降は政党の包括政党化に伴ってイデオロギー的な対立が弱まり[3]、保守政党も社会福祉社会保障政策にも取り組み始め、西欧諸国の中には保守政党と革新政党が連立政権を組む事態も現れており、保守と革新の区別は明確さを失いつつある[2]

なお各国の保守政党による国際組織として国際民主同盟が存在する[4]

保守政党の一覧[編集]

欧米[編集]

アジア[編集]

日本[編集]

日本において2018年現在、政党要件を満たし国会に議席を持つ政党のうち、自身を「保守」と規定した政党には以下がある(衆参合計議席数順)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]