保守政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

保守政党(ほしゅせいとう、: conservative party)とは、保守主義の立場に立ち、変革よりも現体制を維持し伝統的な価値観と秩序を重視する政党である[1]19世紀末ごろ、先進国に社会主義政党が登場するようになると「保守政党」は資本主義の価値を代表し、擁護する政党を指すようになった[1][2]

対義語は社会党共産党、反保守主義勢力を指す「革新政党」である[3]。とはいえ、第二次世界大戦以降は政党の包括政党化に伴ってイデオロギー的な対立が弱まり[3]、保守政党も社会福祉社会保障政策にも取り組み始め、西欧諸国の中には保守政党と革新政党が連立政権を組む事態も現れており、保守と革新の区別は明確さを失いつつある[2]

なお各国の保守政党による国際組織として国際民主同盟が存在する[4]

一覧[編集]

欧州[編集]

アメリカ州[編集]

アジア[編集]

オセアニア[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 保守政党とは”. コトバンク. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 朝日新聞社. 2020年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c d 田中浩. “保守政党とは”. コトバンク. 日本大百科全書(ニッポニカ). 朝日新聞社. 2020年10月7日閲覧。
  3. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 革新政党 コトバンク. 2018年10月26日閲覧。
  4. ^ デジタル大辞泉 - アイ‐ディー‐ユー【IDU】[International Democrat Union] コトバンク. 2018年10月26日閲覧。
  5. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) - 保守党 コトバンク. 2018年10月26日閲覧。
  6. ^ デジタル大辞泉 - 国民運動連合 コトバンク. 2018年10月26日閲覧。
  7. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - オーストリア国民党 コトバンク. 2018年10月26日閲覧。
  8. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 保守党[デンマーク] コトバンク. 2018年10月26日閲覧。
  9. ^ Paul Gottfried, Conservatism in America: Making Sense of the American Right, p. 9, "Postwar conservatives set about creating their own synthesis of free-market capitalism, Christian morality, and the global struggle against Communism." (2009); Gottfried, Theologies and moral concern (1995) p. 12.
  10. ^ 加藤哲郎. “自由民主党(じゆうみんしんとう)とは”. コトバンク. 小学館 『日本大百科全書(ニッポニカ)』. 朝日新聞社. 2020年10月7日閲覧。
  11. ^ “平成22年(2010年)綱領解説” (PDF) (プレスリリース), 自由民主党, (2010年1月24日), https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/aboutus/kouryou.pdf 2020年10月7日閲覧。 
  12. ^ 『政治・経済用語集 第2版』政治・経済教育研究会、山川出版社、2019年、74, 76(日本語)。ISBN 978-4-634-05113-3
  13. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - オーストラリア国民党 コトバンク. 2018年10月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]