柳沢陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「栁沢陽子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
やなぎさわ ようこ
栁沢 陽子
生誕 (1953-09-18) 1953年9月18日(66歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 一橋大学法学部卒業
職業 外交官

栁沢 陽子(やなぎさわ ようこ[1]1953年9月18日[2] - )は、日本外交官外務省国際法局法律顧問官、ブリスベン総領事を経て、駐エストニア特命全権大使を務めた。

人物・経歴[編集]

東京都出身、千葉県育ち[3]。1977年一橋大学法学部卒業、外務省入省[4]。専門は国際法[3]、外務省国際法局法律顧問官兼ICJ捕鯨問題裁判室長を経て[5]、2013年ブリスベン総領事[6]。2015年から駐エストニア特命全権大使を務めた[4]。 2019年、駐エストニア大使を離任[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 在外公館長名簿”. 外務省 (2019年2月13日). 2019年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月15日閲覧。
  2. ^ 『政官要覧』平成28年秋号、政官要覧社、2016年、843頁。ISBN 978-4-915324-83-3
  3. ^ a b 着任インタビュー柳沢陽子ブリスベン日本国総領事」『日豪プレス』、2013年11月23日。2018年10月7日閲覧。
  4. ^ a b ロシア大使に上月氏を起用 ドイツ大使は八木氏」『日本経済新聞』、2015年11月13日。2018年10月7日閲覧。
  5. ^ 外務省 (2011年11月1日). “幹部名簿”. 外務省. 2011年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月15日閲覧。
  6. ^ 人事、外務省」『日本経済新聞』、2013年8月12日。2019年8月15日閲覧。
  7. ^ 人事:外務省」『毎日新聞』、2019年3月27日。2019年8月15日閲覧。