森田次夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
18morita.jpg

森田 次夫(もりた つぐお、1937年4月11日 - 2020年4月2日)は、日本の元政治家、元参議院議員(1期)。

来歴[編集]

東京都出身。1956年東京都立第四商業高等学校卒。1957年日本遺族会に入り、同事務局長を経て、1994年専務理事になる。1998年第18回参議院議員通常選挙で自民党から比例区に立候補して当選。2000年日本遺族会副会長に就任。2002年第1次小泉第1次改造内閣で厚生労働政務官に就任。2004年第20回参議院議員通常選挙に立候補せず政界から引退。2006年靖国神社総代に就任。

2012年から日本遺族会の会長代行を務めた。

2020年4月2日、膵臓がんのため、東京都内で死去[1]。82歳没。

出典[編集]

  1. ^ 元参院議員の森田次夫氏死去 - 時事ドットコム 2020年7月8日

参考文献[編集]

公職
先代
久野恒一
田村憲久
日本の旗 厚生労働大臣政務官
渡辺具能と共同

2002年 - 2003年
次代
竹本直一
佐々木知子