田畑裕明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田畑 裕明
たばた ひろあき
生年月日 (1973-01-02) 1973年1月2日(45歳)
出生地 日本の旗 富山県富山市
出身校 獨協大学経済学部経済学
前職 富山県議会議員
現職 自民党青年局次長
消防問題調査会事務局長
所属政党 自由民主党細田派
配偶者 内田もも香
公式サイト 自民党 衆議院議員 富山一区 田畑裕明(たばたひろあき)オフィシャルサイト

選挙区 富山1区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月19日[1] - 現職

選挙区 富山市第1選挙区
当選回数 1回
在任期間 2011年4月30日 - 2012年

Flag of Toyama, Toyama.svg富山市議会議員
選挙区 第1選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2009年
テンプレートを表示

田畑 裕明(たばた ひろあき、1973年昭和48年)1月2日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、厚生労働大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。妻は女優の内田もも香(元宝塚歌劇団・娘役、89期生[2]

経歴[編集]

富山県富山市出身(現住所は富山市北代[3])。富山県立富山東高等学校を経て、獨協大学経済学部経済学科を卒業[4][5]

大学卒業後、富山第一銀行に入行し、問屋町支店、立山支店、大沢野支店にて法人・個人営業を担当。その後、同行を退社し富山鋼機に入社[要出典]

2003年、富山市議会議員選挙に立候補し、初当選。2005年2009年の市議選でも再選された。2011年富山県議会議員選挙に当選[要出典]

2012年第46回衆議院議員総選挙富山1区から出馬。民主党前職の村井宗明無所属吉田豊史日本共産党の新人らを破り初当選[1]

2014年第47回衆議院議員総選挙維新の党吉田豊史、日本共産党の新人らを破り再選(吉田は比例復活で初当選)[6]

2017年第3次安倍第3次改造内閣にて厚生労働大臣政務官に就任[7]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙で3選[8]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月19日富山県選挙管理委員会告示第101号(当選人の住所及び氏名並びに候補者届出政党の名称)
  2. ^ “元宝塚・内田もも香 地元・富山の田畑裕明衆院議員と結婚”. スポニチアネックス. (2016年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/21/kiji/K20161121013765230.html 2016年11月22日閲覧。 
  3. ^ 平成29年10月22日執行 衆議院小選挙区選出議員選挙 富山県第1区 候補者一覧表 (PDF)”. 富山県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 経歴・役職 衆議院議員 たばた裕明オフィシャルサイト”. たばた裕明富山事務所. 2014年1月12日閲覧。
  5. ^ 富山県支部総会に出席してまいりました 同窓会について 獨協大学同窓会”. 財団法人獨協大学同窓会. 2014年1月12日閲覧。
  6. ^ 富山 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  7. ^ 厚労副大臣に高木・牧原氏、政務官に田畑・大沼氏 政府”. 日刊薬業 (2017年8月7日). 2017年8月10日閲覧。
  8. ^ 富山-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  9. ^ a b c d e “2012衆院選 富山1区 田畑裕明”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A16001003003 2014年5月6日閲覧。 
  10. ^ mネット、2012年 衆議院選挙仕分け結果
  11. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』花伝社、2016年
  12. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

外部リンク[編集]