富山市議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富山市議会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
舎川智也(自由民主党
副議長
鋪田博紀(自由民主党)
構成
定数 38
院内勢力
  自由民主党(21)
  公明党(4)
  社会民主党議員会(3)
  日本共産党(2)
  会派 誠政(2)
  光(2)
  フォーラム38(1)
  創政改拓(1)
  自民クラブ(1)
選挙
大選挙区制
前回選挙
2017年4月16日
議事堂
Toyama City Hall03nt3200.jpg
富山県富山市新桜町7番38号
ウェブサイト
富山市議会

富山市議会(とやましぎかい)は、富山県富山市に設置されている地方議会である。

概要[編集]

運営[編集]

会期[編集]

富山市議会の定例会は、毎年3月、6月、9月及び12月に召集され、その他にも必要に応じて臨時会が開催される。

会派[編集]

会派名 議席数 議員名
自由民主党 21 久保大憲、松井邦人、金谷幸則、泉英之、石森正二、竹田勝、舎川智也、押田大祐、
江西照康、髙田真里、髙道秋彦、成田光雄、横野昭、金厚有豊、鋪田博紀、高田重信、
村家博、有澤守、髙見隆夫、柞山数男、五本幸正
公明党 4 松尾茂、松井桂将、佐藤則寿、堀江かず代
社会民主党議員会 3 岡部享、東篤、村石篤
日本共産党 2 小西直樹、赤星ゆかり
会派 誠政 2 尾上一彦、橋本雅雄
2 上野蛍、島隆之
日本維新の会 1 金井毅俊
フォーラム38 1 大島満
創政改拓 1 木下章広
自民クラブ 1 村上和久
38

(2019年4月19日現在[2]

議員報酬[編集]

2016年6月、市議報酬を中核市では全国最高の月額70万円とする条例が議会において自民、公明、民政クラブの賛成多数で可決されたが、同年9月21日、その条例を撤回もしくは白紙とする方向で調整していることが分かった[3][4]。月額10万円という大幅な引き上げに「市民感覚と乖離している」という批判も根強かった[4]。議員報酬は、次のとおりである[5]

  • 議長 - 月額71万5000円
  • 副議長 - 月額64万5000円
  • 議員 - 月額60万円

不祥事[編集]

  • 2016年
    • 6月9日 - 中川勇市議が北日本新聞の女性記者を押し倒し、女性記者が被害届を提出。
    • 6月15日 - 富山市議の報酬を月額70万円に増額する条例を可決したが、後述の不正受給問題の発覚により凍結・撤回を検討している。
    • 8月30日 - 自民党会派前会長の中川勇市議が政務活動費約786万円を不正受給したとして辞意を表明。白紙の領収書を使って架空の市政報告会60回分を請求していた[6]。その後9月には市議6人が相次いで辞意を表明。
    • 9月10日 - 自民会派の村山栄一市議(2人目)が約469万円を不正に請求したとして辞表を提出。
    • 9月12日 - 岡本保市議(3人目)が不正受給したことを認め辞表を提出[7][8]。岡本によると、「2013年5月に富山市内で開いた市政報告会の茶菓子代として領収書を自作、20万円を政活費に計上した」という[8]
    • 9月14日 - 民政クラブ幹事長の針山常喜市議と同会長の高田一郎市議(4・5人目)が辞表を提出[7]。1182万円の政務活動費を不正受給したことを発表。市民団体が富山県警察本部に詐欺容疑で自民会派の中川勇元市議と谷口寿一市議を刑事告発した[9]
    • 9月15日 - 藤井清則市議、浅名長在エ門市議(6・7人目)が辞意を表明[10][11]
    • 9月16日 - 自民会派の谷口寿一市議(8人目)が辞意を表明[12]
    • 9月19日 - 市議会議長を務める自民会派の市田龍一市議(9人目)にも政務活動費の不正受給が発覚し、市田市議は議員辞職の意思を固めたことが報じられる[13]
    • 23日、全国市民オンブズマン連絡会議は、2015年度の政務活動費を全国で唯一使い切っていたと発表した。
    • 9月28日 - 自民会派の岡村耕造市議(10人目)が辞職。政務活動費を架空請求していたことを認め議員辞職願いを提出。「事務員が気を利かせてやったのだと思う」と釈明[14]
    • 9月29日 - 自民会派の丸山治久市議(11人目)が辞職。政務活動費を架空請求していたことを認め議員辞職願いを提出[15]
    • 10月4日 - 自民会派の浦田邦昭市議(12人目)が辞職。使途を偽って政務活動費を請求してたことを認め議員辞職願いを提出[16]
    • 11月8日 - 自民会派の宮前宏司市議(13人目)が辞職。市内の郵便局長がパソコンで自作した領収書を使い政務活動費を受け取った疑い。架空請求は否定するも辞職願を提出[17]
  • 2017年
    • 3月22日 - 自民会派の笹木豊一市議(14人目)が辞職。白紙領収書を使って約12万円の政務調査費を不正取得したことを認め辞職願を提出[18]
  • 2019年
    • 1月30日 - 富山県警察が、いずれも自民党会派の村上和久市議会議長や元市議5人らを詐欺などの疑いで書類送検。同日、中川勇元市議については、女性記者を押し倒して取材メモを奪った窃盗暴行容疑でも書類送検[19]。‬
    • 2月22日 - 12日に議長に就任したばかりの自民党会派の横野昭議長が21日、2013年と15年に開催した市政報告会で、不適切な政務活動費の支出があったと発表した。進退については「批判が出ることも覚悟して頑張っていく」と辞任をしないことを明らかにした[20]

選挙[編集]

2017年富山市議会議員選挙[編集]

2017年4月16日執行 当日有権者数:344,585人 最終投票率:47.83% 定数:38人 立候補者数:58人

順位 当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数
1 赤星ゆかり 52 日本共産党 4,294
2 尾上一彦 50 無所属 4,276
3 舎川智也 43 自由民主党 4,246
4 松井桂将 57 公明党 4,077.035
5 上野蛍 32 政策チーム光 4,073
6 高道秋彦 53 自由民主党 4,059
7 松井邦人 43 自由民主党 3,987.964
8 松尾茂 49 公明党 3,984
9 村石篤 62 社会民主党 3,851.943
10 五本幸正 80 自由民主党 3,795
11 堀江かず代 66 公明党 3,752
12 泉英之 58 自由民主党 3,734
13 押田大祐 50 自由民主党 3,705
14 大島満 59 無所属 3,682
15 柞山数男 64 自由民主党 3,647
16 村上和久 55 自由民主党 3,545
17 金谷幸則 46 自由民主党 3,533
18 佐藤則寿 54 公明党 3,530
19 有沢守 66 自由民主党 3,509
20 高見隆夫 70 自由民主党 3,327
21 竹田勝 68 自由民主党 3,308
22 久保大憲 38 自由民主党 3,263.528
23 江西照康 50 自由民主党 3,237
24 岡部享 61 社会民主党 3,102
25 村家博 67 自由民主党 3,074
26 石森正二 65 自由民主党 3,044
27 金厚有豊 68 自由民主党 3,018
28 島隆之 55 政策チーム光 2,988.572
29 成田光雄 47 自由民主党 2,960
順位 当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数
30 高田重信 62 自由民主党 2,940.068
31 鋪田博紀 53 自由民主党 2,912.471
32 木下章広 34 日本維新の会 2,910
33 金井毅俊 59 日本維新の会 2,878
34 高田真里 51 自由民主党 2,754.931
35 横野昭 65 自由民主党 2,752
36 東篤 56 社会民主党 2,691.056
37 小西直樹 72 日本共産党 2,526
38 橋本雅雄 52 民進党 2,524
39 南俊正 64 自由民主党 2,401.629
40 南昭弘 58 自由民主党 2,335.37
41 吉田修 66 日本共産党 2,260
42 村中隆之 60 無所属 2,229.427
43 中山雅之 63 日本共産党 2,154
44 大津賀貴文 44 自由民主党 2,091
45 田辺裕三 55 自由民主党 2,072
46 砂田喜代正 62 日本維新の会 1,847
47 吉崎清則 53 自由民主党 1,798
48 若林真由美 54 無所属 1,695
49 広野大士 48 自由党 1,644
50 星名正人 57 無所属 1,626
51 野入美津恵 66 無所属 1,592
52 中井康博 45 無所属 1,578
53 浦田邦昭 70 無所属 1,413
54 山室裕子 55 幸福実現党 00982
55 広川まさき 44 無所属 00690
56 星野富一 68 無所属 00664
57 松永定夫 67 無所属 00446
58 吉沢剛 55 無所属 00170

2016年富山市議会議員補欠選挙[編集]

2016年11月6日執行 当日有権者数:346,888人 最終投票率:26.94% 定数:13人 立候補者数:25人

順位 当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数
1 大島満 58 無所属 6,284
2 舎川智也 43 無所属 6,121
3 高田真里 51 無所属 5,445
4 高道秋彦 53 無所属 5,033
5 吉田修 66 日本共産党 5,029.583
6 江西照康 50 無所属 4,536
7 東篤 56 社会民主党 4,531
8 小西直樹 71 日本共産党 4,372
9 上野蛍 32 無所属 4,156
10 押田大祐 49 無所属 4,131
11 島隆之 54 無所属 4,106
12 木下章広 34 日本維新の会 4,017
13 金井毅俊 59 日本維新の会 3,905
14 金谷幸則 45 無所属 3,891
15 若林真由美 53 無所属 3,860.166
16 星名正人 57 無所属 3,562
17 岡部享 60 社会民主党 3,383
18 道永麻由美 63 社会民主党 2,759.833
19 砂田喜代正 61 日本維新の会 2,433
20 吉田かをる 61 幸福実現党 2,096.416
21 中井康博 44 無所属 1,922
22 松永定夫 67 無所属 1,384
23 保坂祥太 32 無所属 1,011
24 吉沢剛 55 無所属 00789
25 石川雄士 43 無所属 00785

出身者[編集]

首長
国会議員

脚注[編集]

  1. ^ 市町村長等名簿(平成31年4月1日現在)|富山県”. 富山県. 2019年5月7日閲覧。
  2. ^ 富山市 7. 名簿・会派別議員名簿”. 富山市. 2019年5月7日閲覧。
  3. ^ “富山市議会、議員報酬月10万円増額を可決 中核市で最高に”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2016年6月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO03645660V10C16A6LB0000/ 2018年11月3日閲覧。 
  4. ^ a b “全国最高の報酬撤回へ 富山市議会自民党が調整”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2016年9月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07516210S6A920C1CC1000/ 2017年7月4日閲覧。 
  5. ^ 富山市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例、平成17年4月1日条例第52号(平成29年4月1日施行)。
  6. ^ 市政報告会60回…請求の経費全て架空 富山政活費不正朝日新聞デジタル 2016年9月16日閲覧
  7. ^ a b 富山市議会 不正で議員3人が辞職 さらに2人辞職へNHKニュース 2016年9月16日閲覧
  8. ^ a b “富山政活費不正自民市議「領収書偽造」謝罪し3人目辞職”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年9月12日). http://www.sankei.com/region/news/160912/rgn1609120001-n1.html 2017年7月4日閲覧。 
  9. ^ 富山市議会の政活費不正、2氏を告発 市民団体、県警に朝日新聞デジタル 2016年9月16日閲覧
  10. ^ 富山市議会 政務活動費の不正で新たに1人が辞職願 NHKニュース 2016年9月16日閲覧
  11. ^ 富山市議会 政務活動費の不正 辞職議員は7人にNHKニュース 2016年9月16日閲覧
  12. ^ 8人目が辞意、政活費不正毎日新聞 2016年9月16日閲覧
  13. ^ “ついに市議会議長が議員辞職へ 不正受給発覚後、9人目 議員報酬値上げの「首謀者」”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2016年9月19日). http://www.sankei.com/affairs/news/160919/afr1609190018-n1.html 2016年9月19日閲覧。 
  14. ^ 【富山市議政活費不正】今度は「架空視察」、10人目の辞職へ 「事務員が気を利かせたのでは」と釈明も… - 産経WEST
  15. ^ 富山市議、また辞職=11人目、政活費を架空請求:時事ドットコム
  16. ^ 12人目浦田氏が辞職 富山市議会の政活費不正 - 富山県のニュース | 北國新聞社
  17. ^ 富山市議会:13人目辞職…補選2日後、再び欠員状態に毎日新聞 。
  18. ^ 富山市議会、14人目が辞職 政調費不正問題:朝日新聞デジタル
  19. ^ 富山市議長ら書類送検=政活費不正受給、詐欺容疑-県警 時事通信社 2019年1月30日配信 2019年1月31日閲覧
  20. ^ 横野氏、返還へ 不適切受給認める /富山 毎日新聞 (2019年2月22日) 2019年2月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]