富山県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Toyama Prefecture.svg 富山県の行政官庁
富山県警察
Asahikage.svg
富山県警察本部
富山県警察本部
役職
本部長 大原光博(警視監
警務部長 成富則宏(警視正
組織
上部組織 富山県公安委員会
内部組織 警務部生活安全部刑事部交通部警備部
概要
所在地 富山県富山市新総曲輪1番7号
北緯36度41分41秒
東経137度12分37秒
座標: 北緯36度41分41秒 東経137度12分37秒
設置 1954年昭和29年)7月1日
前身 国家地方警察富山県本部
ウェブサイト
富山県警察
テンプレートを表示

富山県警察(とやまけんけいさつ)は、警察法第36条により富山県に置かれた警察組織であり、富山県内を管轄区域とする。略称は富山県警。警察法第38条により富山県公安委員会の管理を受ける。給与支払者は富山県知事中部管区警察局管内。本部所在地は富山市新総曲輪1-7。山岳警備隊を有する。

沿革[編集]

本部組織[編集]

  • 生活安全部
    • 生活安全企画課
      • 犯罪抑止対策室
      • 許認可管理指導室
    • 少年女性安全課
      • 子供・女性安全対策室
      • 少年サポートセンター
    • 生活環境課
    • サイバー犯罪対策課
      • サイバーセキュリティ対策室
  • 交通部
    • 交通企画課
      • 交通総合対策室
    • 交通指導課
      • 交通事故事件捜査室
      • 交通反則通告センター
    • 交通規制課
    • 運転免許センター
      • 免許管理室
      • 運転免許試験場
      • 高岡運転免許更新センター
    • 交通機動隊
    • 高速道路交通警察隊

データ[編集]

トヨタ・クラウン
(S180系、小矢部警察署)

警察署[編集]

警察署数は15。警察車両ナンバー地名はすべて「富山」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
呉東 富山 富山中央警察署 富山市赤江町5番1号 富山市中心部 富山警察署
富山北警察署 富山市高畠町二丁目11番45号 富山市北部(岩瀬地区、和合地区、水橋地区)
富山南警察署 富山市上大久保1109番地 富山市南部(富南地区、旧上新川郡大沢野町大山町細入村 大沢野警察署
富山西警察署 富山市婦中町宮ヶ島229番地1 富山市西部(呉羽地区、旧婦負郡八尾町婦中町山田村 八尾警察署
滑川警察署 滑川市加島町8番地 滑川市
上市警察署 中新川郡上市町大坪5番地1 中新川郡上市町、立山町舟橋村
新川 魚津警察署 魚津市本江1000番地 魚津市
黒部警察署 黒部市三日市1524番地1 黒部市 三日市警察署
入善警察署 下新川郡入善町椚山1385番地 下新川郡入善町、朝日町
呉西 高岡 高岡警察署 高岡市あわら町1番5号 高岡市牧野地区を除く)
射水警察署 射水市今井170番1号 射水市、高岡市の一部(牧野地区) 小杉警察署
新湊警察署
氷見警察署 氷見市窪300番地 氷見市
砺波 砺波警察署 砺波市春日町1番21号 砺波市 出町警察署
小矢部警察署 小矢部市小矢部町6番5号 小矢部市 石動警察署
南砺警察署 南砺市荒木1008番地 南砺市 福光警察署
井波警察署
廃止された警察署
  • 井波警察署(現・南砺警察署井波幹部交番)
  • 小杉警察署(現・射水警察署)
  • 新湊警察署(現・射水警察署新湊幹部交番)
  • 福光警察署(現・南砺警察署)
  • 伏木警察署(現・高岡警察署伏木幹部交番)
  • 八尾警察署(現・富山西警察署八尾町幹部交番)

主な事件[編集]

警察官に関係する事件
  • 富山駅前派出所襲撃事件
  • 2018年(平成30年)6月26日、富山中央警察署奥田交番(富山市久方町)で男性警部補を刺し拳銃を強奪、交番近くの富山市立奥田小学校の警備員を強奪した拳銃で射殺した[1][2]。犯人は金沢駐屯地に所属していた陸上自衛隊の元隊員で[3]、小学校敷地内で拳銃に撃たれ現行犯逮捕された[3]。事件後、交番は同年7月1日に業務を再開し警察官を事件前の2倍に増員[4]。また、交番は老朽化が進んでいた[5]ほかに事件を受けて地元の要望から建て替えされることになった[6]
  • 2019年(平成31年)1月24日、富山西警察署池多駐在所(富山市池多)で男性巡査部長が男にハンマーで殴られたあと刃物で顔などを切りつけられる事件が発生[7]。男はその場で巡査部長に取り押さえられ殺人未遂の疑いで逮捕された[7][8]。男は富山大学の学生[7](当時)で、前年に発生した奥田交番の事件を参考にし[9]拳銃を強奪して自殺しようと思い犯行に及んだとみられる[10]

マスコットキャラクター[編集]

山岳警備隊[編集]

  • 立山剱岳黒部峡谷薬師岳等の山岳地帯を管轄し、遭難等の事故も多発するため、地域部に山岳安全課が組織され、山岳警備隊、県警察ヘリ、県消防防災ヘリ等が連携し、空陸一体となった迅速な救助活動に努めている。
  • 電子メールや電話での山岳情報問い合わせに対応している。

脚注[編集]

  1. ^ “【富山交番襲撃】拳銃奪われた46歳警察官と発砲された警備員、2人死亡 男も意識不明 富山市”. 産経ニュース. (2018年6月26日). https://www.sankei.com/west/news/180626/wst1806260067-n1.html 2019年7月4日閲覧。 
  2. ^ “50cmの山刀・おの…刃物4本を所持 交番襲撃容疑者”. 朝日新聞デジタル. (2018年6月27日). https://www.asahi.com/articles/ASL6W5F2YL6WPTIL026.html 2019年7月4日閲覧。 
  3. ^ a b “【富山交番襲撃】容疑者は21歳元自衛官、警察官に撃たれ意識不明”. 産経ニュース. (2018年6月26日). https://www.sankei.com/west/news/180626/wst1806260074-n1.html 2019年7月4日閲覧。 
  4. ^ “富山襲撃事件の交番、業務再開 警官4人に倍増”. 日本経済新聞. (2018年7月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32481220R00C18A7CC1000/ 2019年7月4日閲覧。 
  5. ^ “襲撃事件の交番建て替えへ、富山県警、補正予算で”. 産経ニュース. (2018年8月22日). https://www.sankei.com/west/news/180822/wst1808220051-n1.html 2019年7月4日閲覧。 
  6. ^ “襲撃交番建て替え計画発表 富山、仕切り作り安全強化”. 日本経済新聞. (2019年1月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40601940Z20C19A1CC0000/ 2019年7月4日閲覧。 
  7. ^ a b c “駐在所で警官襲われ負傷 富山大生の男逮捕 殺人未遂容疑”. 産経ニュース. (2019年1月24日). https://www.sankei.com/affairs/news/190124/afr1901240031-n1.html 2019年7月4日閲覧。 
  8. ^ “富山の駐在所で警察官襲撃 大学生を殺人未遂容疑で逮捕”. 朝日新聞デジタル. (2019年1月24日). https://www.asahi.com/articles/ASM1S5K1DM1SPUZB00L.html 2019年7月4日閲覧。 
  9. ^ “駐在所襲って逮捕の富山大生、昨年の交番襲撃「参考に」”. 朝日新聞デジタル. (2019年1月26日). https://www.asahi.com/articles/ASM1V01DJM1TPUZB00Q.html 2019年7月4日閲覧。 
  10. ^ “女性に振られ駐在所襲撃か 元富山大生の男を起訴”. 産経ニュース. (2019年5月17日). https://www.sankei.com/affairs/news/190517/afr1905170001-n1.html 2019年7月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]