上野宏史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上野 宏史
うえの ひろし
生年月日 (1971-02-23) 1971年2月23日(46歳)
出生地 日本の旗 日本宮城県仙台市
出身校 東京大学経済学部
ハーバード大学ケネディスクール修士
前職 国家公務員経済産業省
所属政党 みんなの党→)
日本維新の会→)
次世代の党→)
無所属→)
自由民主党細田派
称号 公共政策学修士
親族 上野公成(義父)
公式サイト 上野ひろしオフィシャルサイト

選挙区 比例北関東ブロック群馬1区)→)
比例南関東ブロック
当選回数 2回
在任期間 2012年12月21日[1] - 2014年11月21日
2017年10月23日 - 現職

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2010年 - 2012年12月4日
テンプレートを表示

上野 宏史(うえの ひろし、1971年2月23日 - )は、日本政治家衆議院議員(2期)。元参議院議員(1期)。

経歴[編集]

宮城県仙台市生まれ。旧姓、小林。開成高等学校[要出典]東京大学を卒業[2]

1994年4月、通商産業省入省。政策立案などを担当した[2]。この間にハーバード大学大学院2003年に卒業[2]

2010年6月に経済産業省を退職[2]。同年7月の第22回参議院議員通常選挙みんなの党公認で比例区から立候補し、初当選。

2012年9月、小熊慎司桜内文城とともにみんなの党に離党届を提出し[3]日本維新の会へ入党。当初、比例代表選出である3名の離党をめぐってはみんなの党側が反発し、9月25日付で上野と桜内の離党届を受理したうえで議員辞職を勧告した[4](小熊に関してはみんなの党の他議員に新党参加を呼び掛けたことから除名が検討され、11月20日付けで除籍された [5] [6])。10月23日の大阪市役所での定例市長会見にて日本維新の会代表の橋下徹市長が突如、みんな側に譲歩して小熊、上野、桜内に議員辞職を求めることを表明[7]11月に入り、日本維新の会とみんなの党の両党間で話し合いが行われた。その結果、上野・小熊・桜内の移籍議員3名が次期総選挙に日本維新の会の公認候補として参議院議員を辞職して出馬し、みんなの党の次点候補が繰り上げ当選となる事で、事実上みんなの党に議席を返上する形で決着し、離党届が受理された[8]

2012年12月4日、参議院議員を辞職し、同年12月16日実施の第46回衆議院議員総選挙に、日本維新の会公認候補として群馬1区から立候補(比例北関東ブロック名簿登載第1位で重複立候補)。小選挙区で落選するも比例北関東ブロックで復活当選。当選後は衆議院厚生労働委員会災害対策特別委員会の委員、党国会対策副委員長を務めた。

2014年8月1日、日本維新の会分党に伴い次世代の党に参加。同党選対委員長代理、党組織局長に就任した。同年の第47回衆議院議員総選挙では、次世代公認を辞退し、無所属として群馬1区から立候補したが、落選した。

2017年、第48回衆議院議員総選挙自由民主党より比例南関東ブロック32位で出馬し[9]、自民党の獲得した8議席中8番目で当選し、国政に復帰した。11月2日、細田派に入会[10]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

 但し、「議員連盟」は2014年12月の落選前に所属していたもの。

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b c d オフィシャルサイト プロフィール
  3. ^ “みんなの党 3議員が離党届 維新の会に参加”. スポーツニッポン. (2012年9月11日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/09/11/kiji/K20120911004093240.html 2015年1月27日閲覧。 
  4. ^ “みんな、維新合流の3氏に議員辞職勧告”. 日本経済新聞. (2012年9月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2502O_V20C12A9PP8000/ 2015年1月27日閲覧。 
  5. ^ “上野氏らに議員辞職勧告へ=維新合流「容認できず」―みんな”. ウォールストリートジャーナル日本版. 時事通信社. (2012年9月25日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-518446.html 2015年1月27日閲覧。 
  6. ^ 小熊慎司参議院議員の除籍について” (2012年11月24日). 2015年1月27日閲覧。(みんなの党公式サイト)
  7. ^ “橋下徹代表 参院3氏にくら替え要請へ みんなの党に配慮”. 読売新聞. (2012年10月24日) 
  8. ^ “元キャスター真山氏ら 維新出馬でみんなの党3人が繰り上げ当選へ”. スポーツニッポン. (2012年12月17日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/11/17/kiji/K20121117004579400.html 2015年1月27日閲覧。 
  9. ^ 自民が比例名簿発表 安倍晋三首相、小泉進次郎氏は重複せず 鈴木貴子氏は北海道2位 杉田水脈氏は中国で出馬産経新聞 2017年10月9日
  10. ^ “細田派4人、岸田派1人入会=自民党”. 時事通信. (2017年11月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110200905&g=pol 2017年11月20日閲覧。 
  11. ^ a b “2012衆院選 北関東ブロック 日本維新の会 上野宏史”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=D03139001001 2014年8月8日閲覧。 
  12. ^ The Liberty, 2015年1月号
  13. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  14. ^ パチンコチェーンストア協会(PCSA)

外部リンク[編集]

党職
先代:
(結党)
日本維新の会国会議員団総務会長
2012年
次代:
藤井孝男