堀越啓仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀越 啓仁
ほりこし けいにん
生年月日 (1980-03-28) 1980年3月28日(38歳)
出生地 群馬県甘楽郡下仁田町
出身校 大正大学人間学部
前職 作業療法士僧侶
所属政党民進党→)
立憲民主党

選挙区 比例北関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2017年10月27日[1] - 現職
テンプレートを表示

堀越 啓仁(ほりこし けいにん、1980年3月28日 ‐ )は、日本政治家僧侶立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。

来歴・人物[編集]

群馬県甘楽郡下仁田町の常光寺に生まれる[2]大正大学人間学部仏教学科東京福祉専門学校作業療法士科卒業[3]。僧侶となり実家の手伝いをしながら11年間、作業療法士として医療現場で働いた。

2015年9月19日、安全保障関連法が可決成立。危機感を持った堀越は同法の廃止を目的に市民団体を設立。次期参院選に向け、野党共闘の橋渡し役になろうと活動を始める。しかし候補者がなかなか決まらず、最終的に自らが出馬することを決断した[4]2016年7月10日に行われた第24回参議院議員通常選挙民進党公認で群馬県選挙区より出馬するも落選[5]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙比例北関東ブロックから立憲民主党の単独4位候補者として立候補し、初当選した[6][1]2018年4月3日、同党の群馬2区支部長に就任[7]

政策[編集]

  • アベノミクスを評価しない[8][9]
  • 安全保障関連法の成立を評価しない[8][9]
  • 北朝鮮問題への取り組みを評価しない[9]
  • 共謀罪法を評価しない[9]
  • 森友学園加計学園問題への対応を評価しない[9]
  • 幼稚園・保育所から大学まで教育を無償化すべきだ[9]
  • 当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ[9]
  • 経済競争力を多少犠牲にしても格差是正を優先すべきだ[9]
  • 財政赤字は危機的水準であるので、国債発行を抑制すべきだ[9]
  • 所得や資産の多い人に対する課税強化にどちらかと言えば賛成[9]
  • プライバシーや個人の権利が制約されることにどちらかと言えば反対[9]
  • 男性同士、女性同士の結婚を法律で認めることにどちらかと言えば賛成[9]
  • 選択的夫婦別姓の導入にどちらかと言えば賛成[9]
  • 今すぐ原子力発電所は廃止すべきだ[8][9]
  • ひとり親家庭DINKSなど家族の形は多様でよい[9]
  • 非核三原則を堅持すべきだ[9]
  • 消費税10%にどちらかと言えば反対[9]
  • 憲法改正にどちらかと言えば賛成。改正すべき項目として、戦争放棄自衛隊衆議院の解散環境権を挙げる[9]

エピソード[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]