ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟(らぐびーわーるどかっぷ2019にほんたいかいせいこうぎいんれんめい)は、日本の超党派の議員連盟。日本で開催される予定のラグビーワールドカップ2019の成功を目的としている。

概要[編集]

日本は2019年に開催される予定のラグビーW杯の誘致実現を目指しており、その大会成功を目的として、2010年11月4日に設立総会が行われた。総会には野党から多くのラグビー経験者を含む約40人の議員が出席し、初代会長には西岡武夫参議院議長)を選出した[1]。今後はスポーツ基本法の制定などを目指す[2][3]

その後、会員は一時120人ほどまで膨れ上がったが、2012年の第46回衆議院議員総選挙で多くの議員が引退・落選した。それでも新人議員を加え現在では110人ほどの規模で活動しているとされる[4]。2013年6月11日にはラグビー女子日本代表参加選手を多く含む女子選抜選手との練習試合を行った。同日行われた総会では役員の改選が行われ、西岡会長の死去以降空席だった会長には町村信孝文部科学大臣が就任した[5]。町村の死去後は会長代理であった中谷元が会長を務めている[6]

役員[編集]

元役員[編集]

都議会[編集]

開催都市に立候補していた東京都議会でも、2014年に超党派で「東京都議会ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟」(会長:内田茂[9]が設立され、東京招致に向け活動してきた。東京都が札幌市東大阪市など国内の各都市とともに開催都市に決定した後も大会成功に向け活動している[10]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ラグビーW杯で超党派議連” (日本語). 時事ドットコム (時事通信). (2010年11月4日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010110400815 2010年11月4日閲覧。 
  2. ^ “超党派でラグビー議連設立” (日本語). 報知新聞. (2010年11月4日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/ballsports/news/20101104-OHT1T00256.htm 2010年11月4日閲覧。 
  3. ^ “ラグビーW杯へ議連90人、首相経験者らも” (日本語). 読売新聞. (2010年11月4日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20101104-OYT1T00949.htm 2010年11月4日閲覧。 
  4. ^ 渡辺学 (2013年6月11日). “大物新人加入で増強の国会議員ラグビーチーム”. 東京スポーツ. http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwriter-watanabe/7546/ 2014年8月10日閲覧。 
  5. ^ Official RWC 2015 Site - RWC2019日本大会成功議員連盟 総会が開催される
  6. ^ (公財)ラグビーワールドカップ2019組織委員会 評議員名簿 (PDF, 113KB) - 2017年(平成29年)4月6日
  7. ^ ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟 神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
  8. ^ 渡辺学 (2015年10月2日). “町村信孝氏死去:ラグビー議連会長の相次ぐ殉職”. 東京スポーツ. http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwriter-watanabe/31116/ 2017年7月16日閲覧。 
  9. ^ “日本大会成功へ「連帯感今後も」 都議会ラグビーW杯議連が総会”. 日刊工業新聞. (2017年6月2日). https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00430595 2017年7月16日閲覧。 
  10. ^ ラグビーワールドカップ2019開催都市決定に関する議連会長コメント(平成27年3月2日)

関連項目[編集]