宮地正介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮地正介
みやち しょうすけ
生年月日 1940年6月26日
出生地 佐賀県
出身校 早稲田大学政治経済学部
所属政党 公明党(1998 - 2000)
新党平和(1998)
新進党(1994 - 1998)
公明新党(1994)
公明党(1976 - 1994)

日本の旗 衆議院議員
選挙区 旧埼玉2区
比例北関東ブロック
当選回数 7回
在任期間 1976年12月5日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

宮地 正介(みやち しょうすけ、1940年6月26日 - )は、日本の政治家。衆議院議員7期。佐賀県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。

経歴[編集]

若くして創価学会に入信。程なく政治活動に入り、公明党所属参議院議員秘書、公明党埼玉県政策局次長、西部開発特別委員長などを経て、1972年の衆院選に出馬するも落選。1976年の第34回衆議院議員総選挙に旧埼玉2区から立候補。山口敏夫小宮山重四郎新自由クラブ自由民主党の大物がそろう選挙区で厳しい戦いを迫られたが、現職の日本社会党清水徳松を振り切って3位に滑り込み、初当選。1980年、第36回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。1983年、第37回衆議院議員総選挙で衆議院議員に返り咲いた。1986年、公明党第54回中央委員会で議長に選出。1995年、いわゆる「明日の内閣」で、通商産業大臣に就任。1996年まで務めた。2000年、第42回衆議院議員総選挙をもって元公明党委員長の石田幸四郎や、科学技術庁長官を務めた近江巳記夫らとともに政界を引退。

国会では衆議院大蔵委員長、衆議院消費者問題等に関する特別委員長、衆議院決算委員会理事などを歴任。

関連項目[編集]

議会
先代:
藤井裕久
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1993年 - 1995年
次代:
尾身幸次