松山千恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松山 千恵子(まつやま ちえこ、1914年(大正3年)3月11日2015年平成27年)2月6日)は、日本政治家。衆議院議員(自民党[1]。衆議院議長や文部大臣などを歴任した松永東の長女。

松山 千恵子
まつやま ちえこ
生年月日 (1914-03-11) 1914年3月11日
出生地 日本の旗 東京府(現・東京都
没年月日 (2015-02-06) 2015年2月6日(100歳没)
出身校 明治大学専門部女子部法科卒業
所属政党 自由民主党
称号 従四位
配偶者 松山義雄(元衆議院議員)
親族 父・松永東(元衆議院議長)
義弟・松永光(元大蔵大臣)
娘婿・舟橋功一(元川越市長)
孫・舟橋一浩(元埼玉県議会議員)

選挙区 旧埼玉2区
当選回数 3回
在任期間 1960年11月20日 - 1966年12月27日
1969年12月27日 - 1972年11月13日
テンプレートを表示

概要[編集]

1914年、東京府(現東京都)に出生。長崎県人・松永東の長女[2]。生母は東京の上田宇多[3]1934年明治大学専門部女子部法科を卒業[4]

1960年埼玉県第2区より、衆議院選挙に立候補し当選[5]埼玉県初の女性代議士となった(当選3回)。厚生政務次官郵政政務次官などを歴任した。

2015年2月6日、老衰のため死去[1][6]。100歳没。贈従四位[7]。自宅は埼玉県川越市通町[1]

家族・親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “松山千恵子さんが死去 元衆院議員”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2015年2月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO82975000Z00C15A2CC0000/ 2018年9月13日閲覧。 
  2. ^ a b c 『大衆人事録 第12版 東京篇』東京630頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  3. ^ a b 『人事興信録 第11版 下』マ140頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  4. ^ 『明治大学一覧 昭和10年』卒業生年度別186頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  5. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第29回』129頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月14日閲覧。
  6. ^ 松山千恵子さん死去 郵政政務次官など歴任 朝日新聞 2015-2-9
  7. ^ 2015年3月6日官報
  8. ^ ご挨拶、中央区議会議員 海老原たかさと公式サイト。

参考文献[編集]

  • 明治大学事務局編『明治大学一覧 昭和10年』明治大学事務局、1935年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 下』人事興信所、1937-1939年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 東京篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 『衆議院議員総選挙一覧 第29回』衆議院事務局、1961年。
  • 平松伴子『流れるままに 埼玉初の女性代議士松山千恵子の軌跡』八千代出版、2002年。

関連項目[編集]