横川重次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横川 重次(よこかわ じゅうじ、1894年明治27年)11月9日 - 1964年昭和39年)9月11日)は、日本の実業家、政治家衆議院議員(8期)。埼玉県多額納税者[1][2]農業[1]製材[3]。小川無尽[4]、横川製材各社長[5]。武州本場絹織物工業、比企繭販売利用各組合長[3]

襲撃後、自宅療養中の横川

経歴[編集]

埼玉県人・横川宗作の長男[1]旧制早稲田中学を経て[要出典]1917年早稲田大学大学部文学科哲学科卒業[1][2]ベルリン大学社会学を専攻した[3]1924年家督を相続した[1]。農業を営み埼玉県多額納税者となった[1]。1927年3月28日、第15回衆議院議員総選挙の埼玉県第3区補欠選挙で衆議院議員に当選[6]立憲政友会に所属した[1]1939年阿部内閣商工政務次官に就任した。

戦後、公職追放となり[7]1951年に追放解除された[8]。追放解除後は1952年第25回衆議院議員総選挙1955年第27回衆議院議員総選挙で2回当選した。1952年8月7日、日本共産党の人物に襲撃され、重傷を負った。

人物[編集]

横川には「会って話してこんな気持ちのいい人はない」という定評があった[9]。清浄で、うそがいえない性格であった[9]貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[10]

家族・親族[編集]

横川家

埼玉県比企郡大河村[1](現小川町)、東京市豊島区池袋[3]

  • 父・宗作(篤農家)[11]
  • 母・ハナ群馬、澁澤六三の二女)[1]
  • いつ東京、吉田丹次兵衛の妻)[1]
  • タネ(埼玉、遠藤柳作の妻)[1]
  • 弟・(埼玉、岩澤よしの養子)[1]
  • 妻・マスエ(埼玉、下田純一郎の六女)[1]
1898年 -
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『人事興信録 第9版』ヨ7頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月4日閲覧。
  2. ^ a b 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』903頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年11月24日閲覧。
  3. ^ a b c d 『人事興信録 第13版 下』ヨ7頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月4日閲覧。
  4. ^ 『日本紳士録 第36版』埼玉ヤ、ユ、ヨ、ラ、リ、ル、レ、ロ、ワ之部18頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年6月19日閲覧。
  5. ^ 『第三回普選総選挙大観』112頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年11月23日閲覧。
  6. ^ 『総選挙衆議院議員当選回数調 - 第1回乃至第19回』261頁。『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』700頁。
  7. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。
  8. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日朝刊二面。
  9. ^ a b 『埼玉人物評論』374-375頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月4日閲覧。
  10. ^ 『貴族院多額納税者名鑑』139頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年6月19日閲覧。
  11. ^ 『大日本篤農家名鑑』291頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 『第三回普選総選挙大観』朝日新聞社、1932年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。
  • 埼玉人物評論社編『埼玉人物評論』埼玉評論社総務部、1936年。
  • 衆議院事務局編『総選挙衆議院議員当選回数調 - 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]