紳士録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

紳士録(しんしろく)とは、官僚大企業役員芸術家など著名人のうち、存命で活躍している人物の情報を掲載した本を指す。

生年月日と出身地、最終学歴はもちろん、刊行時点での居住地、場合によっては家族情報や趣味などの個人情報が記されていることもある。「Who's Who」や「人名年鑑」とされていることもある。

日本の図書館で常備されている紳士録は、興信データが1903年から出版している『人事興信録』と交詢社(現・交詢社出版局)が1889年から2007年4月(第80版で休刊[1])まで隔年で出版していた『日本紳士録』である。掲載料は無料[1]であるが、詐欺グループが掲載料や解除料を要求する紳士録商法が続いており、詐欺や恐喝で逮捕者も出ている[1]

国際的な紳士録としては、アメリカのNew Communications inc.による『Marquis Who's Who』等がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]