高山樗牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高山 樗牛
(たかやま ちょぎゅう)
Takayama Chogyu.jpg
誕生 1871年2月28日
日本の旗 日本羽前国鶴岡(現・山形県鶴岡市
死没 (1902-12-24) 1902年12月24日(満31歳没)
日本の旗 日本神奈川県大住郡平塚町(現・平塚市
職業 文芸評論家小説家東京大学講師
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学博士
最終学歴 東京帝国大学哲学科
ジャンル 文芸評論小説
文学活動 日本主義ロマン主義
代表作 滝口入道』(1894年、小説)
『美的生活を論ず』(1901年、評論)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

高山 樗牛(たかやま ちょぎゅう、 1871年2月28日(明治4年1月10日) - 1902年(明治35年)12月24日)は明治時代日本文芸評論家思想家東京大学講師文学博士明治30年代の言論を先導した。本名は林次郎。

年譜[編集]

生誕地・鶴岡市の鶴岡公園にある胸像(朝倉文夫作)
  • 1871年2月28日(明治4年1月10日)、羽前国鶴岡(現・山形県鶴岡市)に生まれた。父は庄内藩士・斎藤親信。
  • 1872年(明治5年)、伯父・高山久平の養子になった。養父は山形県福島県警視庁などに勤務した。
  • 福島中学中退、東京英語学校を経て仙台第二高等学校に入学、井上準之助が同級の友人であった。樗牛の号は「荘子」に因むもので高校時代から用いていたといい、同人誌や山形日報などに評論、紀行などを発表。
  • 1893年東京帝国大学文科大学哲学科に入学。土井晩翠らが級友であった。徴兵忌避のため、本籍を北海道に移したという。
  • 1894年読売新聞の懸賞小説に、『滝口入道』が入選[1]新聞連載された(『平家物語』から題材を取ったもので、生前は匿名であった)。『帝国文学』『太陽』などに盛んに文芸評論を発表した。
  • 1896年に大学を卒業。第二高等学校の教授になった。
  • 1897年、校長排斥運動をきっかけに辞任。博文館に入社し『太陽』編集主幹になった。当時は三国干渉後で国粋主義的な気運が盛り上がっており、「日本主義」を鼓吹する評論を多く書いた。一方で『わがそでの記』のようなロマン主義的な美文を書いたり、美学をめぐっては森鴎外と論争を行った[2]
  • 1900年文部省から美学研究のため海外留学を命じられた。夏目漱石・芳賀矢一らと同時期の任命であり、帰国後は京都帝国大学の教授が内定していた。しかし、洋行の送別会後に喀血し、入院。療養生活に入った。
  • 1901年、留学を辞退した。病中に書いた『文明批評家としての文学者』ではニーチェの思想を個人主義の立場から紹介した。この年、東大の講師になり週1回、日本美術を講じた。『美的生活を論ず』(1901年)は、美の本質を本能の満足にあるとしたもの。北村透谷の影響が見られるが、透谷の近代的な恋愛観とは異なり、本能を肯定する内容になってしまっている。また、田中智學の影響を受け日蓮研究を進めた。
高山樗牛の終焉の地の碑
  • 1902年(明治35年)、論文『奈良朝の美術』により文学博士号を授与された。肺結核の病状が悪化し、東大講師を辞任、12月24日に神奈川県平塚の杏雲堂病院分院で死去。墓所は静岡市清水区龍華寺で墓碑銘に「吾人は須らく現代を超越せざるべからず」とある。

評価[編集]

日本や中国古典に造詣が深く、の思想にも通じ、美文体を得意とし、文豪と呼ばれた。

日本主義、ロマン主義ニーチェ主義日蓮主義など主張の変遷が激しく、急激な近代化で変転した明治思想史の歩みを体現したともいえる。樗牛の説いた日本主義の優勝劣敗論の影響は大きく、当時の小学校教科書にまで樗牛流の表現が多く見られた[3]

若くして亡くなった点を差し引いても、北村透谷石川啄木らと比べて思想の浅さが指摘されている。自身が病弱であったため、ニーチェの説く超人や日蓮といった強者に憧れた。その一方、民衆を弱者と決めつけ[4]社会主義に対しても弱者の思想として否定的であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「滝口入道の作者は高山樗牛」1894年4月17日読売新聞『新聞集成明治編年史. 第九卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 鴎外樗牛対立期谷沢永一、樟蔭国文学,17,1-10 (1979-10-10)
  3. ^ 色川大吉『明治精神史』講談社学術文庫、下P133-134
  4. ^ 色川『明治精神史』下P128-129

関連項目[編集]

著書[編集]

  • 『新編倫理教科書』井上哲次郎共著 金港堂 1897
  • 『世界文明史』博文館 帝国百科全書 1908
  • 『論理学』博文館 帝国百科全書 1908
  • 『近世美学』編 帝国百科全書 1899
  • 『世界歴史譚 第1編 釈迦』博文館 1899
  • 『時代管見』博文館 1899
  • 菅公伝』同文館 1900
  • 『文芸評論』博文館 1901
  • 樗牛全集』全5巻 斎藤信策,姉崎正治共編 博文館 1904-1907
第1巻 (美学及美術史)
第2巻 文藝評論
第3巻 (史論及史伝)
第4巻 (時勢及思索)
第5巻 (想華及消息)
  • 樗牛全集 註釈 改訂』全7巻 姉崎正治,笹川種郎編 博文館 1925
第1巻 (美学及美術史)
第2巻 (文芸評論)
第3巻 (史論及史伝)
第4巻 時論及思索
第5巻 (世界文明史及近世美学)
第6巻 (想華及感激)
第7巻 (日記及消息)
  • 『滝口入道』岩波文庫 1938
  • 『滝口入道』新潮文庫 1956
  • 『滝口入道』塩田良平校註 角川文庫 1958

関連人物[編集]

外部リンク[編集]