姉崎正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
姉崎 正治
人物情報
生誕 (1873-07-25) 1873年7月25日
日本の旗 日本京都府
死没 1949年7月23日(1949-07-23)(75歳)
姉崎 嘲風(ペンネーム)、姉嵜正治
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 宗教学
研究機関 東京帝国大学
学位 文学博士[1]
テンプレートを表示

姉崎 正治(あねさき まさはる、1873年明治6年〉7月25日 - 1949年昭和24年〉7月23日[1])は、日本文筆家評論家宗教学者インド宗教神道仏教キリスト教新宗教)。は嘲風(とうふう)。豆腐売りの掛け声を聞いて思いついたという。

経歴[編集]

京都府生まれ。父は桂宮家に仕える士族であった。少年期に仏教活動家平井金三の仏教系英学塾オリエンタルホールで英語を学ぶ[2]第三高等中学校を経て、1893年東京帝国大学(現・東京大学)哲学科に入学。井上哲次郎ケーベルについて学ぶ。1896年、同大学同学科を卒業した。

1897年には哲学館(現、東洋大学)で「比較宗教学」を担当、講義し、前後して、浄土高等学院(現、大正大学)、東京専門学校(現、早稲田大学)でも講義を開始した[3]1900年ドイツイギリスインド留学し、1903年に帰国。

1904年、東京帝国大学教授となる。1905年には同大学文科大学に宗教学講座を開設し、日本の宗教学研究の発展の基礎を築いた。東京大学宗教学研究室には、彼の写真が今も飾られている。仏教、神道、キリスト教の三教の宗教家懇談会を主催する。また、諸宗教の相互理解と協力組織の帰一協会にも尽力する。ジャパン・レビューにも寄稿した。また、1923年から1934年までは、同大学の図書館長を務め、関東大震災の被害に遭った図書館の復興に尽力した。

1933年には、宮中の講書始の控えメンバーに選ばれ、1935年には正メンバーに選ばれた。同年1月28日、昭和天皇に洋書の進講を行った[4]

1939年(昭和14年)7月22日、補欠選挙で貴族院帝国学士院会員議員に互選され[5]無所属倶楽部に所属し1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[1]。1949年、脳溢血のため死去[6]

文人としての交遊[編集]

学問研究の分野だけではなく、文人としても優れた才能を持ち、帝大在学中には高山樗牛らと『帝国文学』を創刊した。高山の死後、笹川臨風とともに『樗牛全集』を編集した。盛岡中学校在学中の石川啄木と交流があり、自らの主宰する雑誌『時代思潮』に啄木の詩を載せた。ベルリン大学留学中にリヒャルト・ワーグナー楽劇に魅せられ、明治末期に知識人たちの間にワーグナー・ブームを巻き起こした[7]

栄典[編集]

著作[編集]

単著(日本語)[編集]

  • 『印度宗教史』 井上哲次郎校閲 金港堂書籍、1897年
  • 『印度宗教史考:全』 井上哲次郎校閲 金港堂書籍、1898年
  • 『佛教聖典史論』 経世書院、1899年
  • 『宗教學概論』 東京専門学校出版部、1900年[9]
  • 『上世印度宗教史』 博文館、1900年
  • 『現身佛と法身佛』 有朋館、1904年
  • 『復活の曙光』 有朋館、1904年
  • 『國運と信仰』 弘道館、1906年
  • 『花つみ日記』 博文館、1909年
  • 『根本佛教』 博文館、1910年
  • 『宗教と教育』 博文館、1912年
  • 『法華經の行者日蓮』 博文館、1916年
  • 『大戰と戰後の新局面』 博文館、1917年
  • 『交戰國民の心理状態』 博文館、1917年
  • 『解説要本法華經の行者日蓮』 博文館、1917年
  • 『新時代の宗教』 博文館、1918年
  • 『現代青年の宗教心』 博文館、1918年
  • 『社會問題と教育問題』 博文館、1918年
  • 『世界文明の新紀元』 博文館、1919年
  • 『宗教生活と社會問題』 通俗大學會、1919年
  • 『社會の動搖と精神的覺醒』 博文館、1920年
  • 『少年裁判及監視制度』 博文館、1922年
  • 『物質文化より精神文化へ』 世界思潮研究会、1922年
  • 『切支丹宗門の迫害と潜伏』 同文館、1925年
  • 『現身佛と法身佛』 前川文榮閣、1925年
  • 『切支丹禁制の終末』 同文館、1926年

単著(英語)[編集]

  • The four Buddhist āgamas in Chinese : a concordance of thier parts and of the corresponding counterparts in the Pāli nikāyas ケリー&ウォルシュ、1908年
  • Religious history of Japan : an outline with two appendices on the textual history of the Buddhist scriptures』 1907年初版
  • Nichiren:the buddhist prophetハーバード大学出版局、1916年
  • The religious and social problems of the Orient : four lectures given at the University of California under the auspices of the Earl Foundation, Pacific School of Religionマクミラン出版社、1923年

共編[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』181頁。
  2. ^ 平井金三における明治仏教の国際化に関する宗教史・文化史的研究[リンク切れ]吉永進一ほか、科研報告書、平成 16年度 ~18年度
  3. ^ 『姉崎正治集 解説』
  4. ^ 「講書始の奉仕者」『東京朝日新聞』昭和10年1月10日3面
  5. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、46頁。
  6. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)2頁
  7. ^ 竹中亨 (2008). “明治のワーグナー・ブーム”. 大阪大学大学院文学研究科紀要 48: 33-65. 
  8. ^ 『官報』第1773号「叙任及辞令」1918年7月1日。
  9. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 43頁。

参考文献[編集]

  • 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]