太陽 (博文館)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
太陽
The Sun
Taiyō (Hakubunkan).jpg
創刊号の表紙 佐久間文吾画
ジャンル 総合
読者対象 成人
刊行頻度 月刊、または、半月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 博文館
発行人 大橋信太郎ほか
編集長 坪谷水哉・高山樗牛・鳥谷部春汀・
浮田和民・浅田江村・長谷川天渓・
平林初之輔
刊行期間 1895年1月 - 1928年2月
発行部数 100,000弱部(1895年博文館調べ)
姉妹誌 文芸倶楽部少年世界

太陽は、博文館が、1895年明治28年)1月から1928年昭和3年)2月まで、計531冊発行した、日本初の総合雑誌大正デモクラシーの世相に乗り遅れて、廃刊した。

歴史[編集]

日清戦争の勝利が決定的となった1894年12月、博文館は、「日本は世界の大国になったのだから、欧米諸国に負けない総合雑誌を」という趣旨の「太陽発刊の主意」を発表し[1]、翌月『太陽』を創刊した。このとき同社は、既刊の『日本商業雑誌』『日本大家論集』『日本農業雑誌』『日本之法律』『婦女雑誌』を『太陽』誌に、『文芸共進会』『世界文庫』『明治文庫』『逸話文庫』『春夏秋冬』を『文芸倶楽部』誌に、『日本之少年』『幼年雑誌』『学生筆戦場』『少年文学』『幼年玉手箱』を『少年世界』誌に、それぞれ統合している。

編集人は、年代順に次の通りである。

月刊または半月刊。寸法は、四六倍判、または菊判、または菊倍判。本文約200ページのほか口絵・別冊もあった。初期の発行部数は、(博文館によれば)、10万部に近かった[2]

記事は、政治・経済・社会・軍事・歴史・工業・宗教・芸術・文学・家庭などにわたり、たとえば第1巻の執筆者は、学者の依田学海加藤弘之久米邦武大内青巒神田乃武植村正久石川千代松三宅雪嶺横井時敬天野為之志賀重昂坪井正五郎大西祝鳥居竜蔵姉崎正治、政治家の大鳥圭介谷干城金子堅太郎末松謙澄小村寿太郎犬養毅尾崎行雄牧野伸顕近衛篤麿、実業家の渋沢栄一加藤木重教巌本善治、作家の福地源一郎饗庭篁村・戸川残花(戸川安宅)・大和田建樹坪内逍遙落合直文森田思軒幸田露伴斎藤緑雨川上眉山大橋乙羽巌谷小波高山樗牛樋口一葉佐佐木信綱島崎藤村泉鏡花与謝野鉄幹などと、多彩だった。

高山樗牛と長谷川天渓は、初期から多くの評論・時評を載せた。樗牛を大町桂月が継いだ。ほかに、加藤弘之の発言集『貧叟百話』(1896 - 1898)、鳥谷部春汀の『人物月旦』(1897 - 1909)、秋月天放の『牛門随筆』(1897 - 1923)、石黒忠悳の談話集『况翁閑話』(1898 - 1899)、上田敏の文芸評論『独語と対話』(1914 - 1915)、江見水蔭の回想記『自己中心明治文壇史』(1926 - 1927)などの評論があった。

1912年には、美濃部達吉上杉慎吉との論戦も行われた。

久米桂一郎の『新印象派の影響』(1911)、小松耕輔の『欧米音楽界の現況』(1923)など、美術・音楽の紹介もした。

初出の文学作品には、時代順に次などがあった。

  • 斎藤緑雨:『雨蛙』(1895.5)
  • 樋口一葉:『ゆく雲』(1897.5)
  • 泉鏡花:『海城発電』(1896.1)
  • 斎藤緑雨:『おぼえ帳』(1897.4 - 12)
  • 二葉亭四迷訳:ツルゲネフの『うき草』(1897.5)
  • 広津柳浪:『畜生腹』(1897.10)
  • 国木田独歩:『郊外』(1900.10)
  • 泉鏡花:『鷺の灯』(1903.9)
  • 正宗白鳥訳:チェーホフの『不運くらべ』(1904.6)
  • 永井荷風:『酔美人』(1905.6)、『夜半の酒場』(1906.12)、『旧恨』(1907.1)、『春と秋』(1907.10)、(以上4篇『あめりか物語』に収録)
  • 田山花袋:『少女病』(1907.5)
  • 永井荷風:『カルチェー、ラタンの一夜』(1909.1)(『おもかげ』と改題し『ふらんす物語』に収録)
  • 正宗白鳥:玉突屋(1908.4)
  • 森鴎外訳:リルケの『家常茶飯』(1909.10)
  • 久保田万太郎:『雪』(1912.5)
  • 中村星湖:『女のなか』(1914.1)
  • 森鴎外:『安井夫人』(1914.4)
  • 木下杢太郎:『柏屋伝右衛門』(1914.4)
  • 森鴎外:『栗山大膳』(1914.11)
  • 正宗白鳥:『入江のほとり』(1915.4)
  • 有島生馬:『暴君へ』(1916.1)
  • 吉田絃二郎:『清作の妻』(1916.1)
  • 有島武郎:『クララの出家』(1917.9)
  • 宇野浩二:『或る法学士の話』(1920.12)
  • 宮島資夫:『老火夫』(1921.4)
  • 宮地嘉六:『工場主の娘』(1921.11)
  • 宇野浩二:『子を貸し屋』(1923.3、4)
  • 志賀直哉:『プラトニック・ラヴ』(1926.4)

1923年の関東大震災後、探偵小説の流行を追い、平林初之輔を編集人に立ててプロレタリア的評論・小説を載せたものの、世に後れ、廃刊した。

ほかの『太陽』誌[編集]

  • 朝日新聞社の『太陽』:1942年7月から1945年4月まで34冊。
  • 太陽社の『太陽』:1946年1月から短期間。
  • 筑摩書房の『太陽』:1957年10月から短期間。
  • 平凡社の『太陽』:1963年6月から2000年12月まで482冊。
  • 平凡社の『別冊太陽』:1972年11月から現在まで。

脚注[編集]

  1. ^ 「夫レ征清ノ盛挙ハ我カ帝国ヲシテ一躍世界一等国ノ地位ニ登ラシメシノミナラス、又実ニ第二ノ維新ヲナスノ機ナリ、乃チ我ガ新聞雑誌モ亦進ンテ世界一等ノ地歩ヲ占メ、第二ノ維新ヲナサンコト蓋シ至当ノ順序ナリ」。「太陽発刊の主意」『婦女雑誌』第4巻第23号、1894年12月5日付。井澤恒夫「解題」”. 2005年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月15日閲覧。, pp. 23-25.
  2. ^ 上野隆生 「雑誌『太陽』の一側面について」、『東西南北』 第2007巻252-285頁、2007年3月http://id.nii.ac.jp/1073/00002451/ 

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]