井上準之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
井上 準之助
いのうえ じゅんのすけ
Inoue Junnosuke 1-2.jpg
濱口内閣の蔵相時代
生年月日 1869年5月6日
出生地 日本の旗 豊後国日田(現・大分県日田市
没年月日 1932年2月9日(満62歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学英法科卒
前職 日本銀行総裁

日本の旗 第23代 大蔵大臣
内閣 第2次山本内閣
任期 1923年9月2日 - 1924年1月7日

日本の旗 第30代 大蔵大臣
内閣 濱口内閣
第2次若槻内閣
任期 1929年7月2日 - 1931年12月13日

その他の職歴
日本の旗 第9代 日本銀行総裁
1919年3月13日 - 1923年9月2日
日本の旗 第11代 日本銀行総裁
1927年5月10日 - 1928年6月12日
テンプレートを表示

井上 準之助(いのうえ じゅんのすけ、明治2年3月25日1869年5月6日) - 昭和7年(1932年2月9日)は、日本の政治家財政家日本銀行第9、11代総裁。山本濱口第2次若槻内閣大蔵大臣に就任。貴族院議員

生涯[編集]

帝大卒業後に山本達雄の勧めで日本銀行に入行。日銀では高橋是清の知遇を受け営業局長にまで昇進。ニューヨークへの転勤を経て横浜正金銀行に招かれ、のちに高橋の計らいで古巣の日銀の総裁に任命される。日銀総裁時代に起きた昭和金融恐慌の際には高橋と共に混乱の収拾にあたった。第2次山本内閣で蔵相を務めた際は関東大震災に遭遇、モラトリアムを断行する。経済界でも辣腕を振るい、第二の「渋沢」と称される存在となった。

田中義一内閣外務大臣候補とされるなど立憲政友会に近い人物と目されていた。しかし、金融システムの安定と経済界の整理を推進する井上に対し、銀行の正当化を進める田中政友会は衝突し、更に田中政友会の中国政策にも井上は不満を感じていた。井上は金本位制への復帰を目指す立憲民政党濱口雄幸からの依頼で、民政党員でないにもかかわらず濱口内閣の大蔵大臣として入閣した。大臣としては緊縮財政路線を取り金解禁を実現させた。しかし、世界恐慌もあいまって日本経済はデフレーションに陥った(昭和恐慌)。濱口雄幸の退陣後に首相となった若槻礼次郎による第2次若槻内閣でも再び大蔵大臣となり、金解禁政策をあくまでも堅持した(ドル買い問題も参照)。民政党政権を支えた井上は政友会総裁を退いた先輩の高橋是清には礼を尽くしたが、高橋の直弟子で政友会の財政金融の第一人者となっていた三土忠造とは政敵として激しく批判を繰り広げた[1]満州事変についても、井上は同郷(大分)の南次郎陸相と親しいことから若槻首相に不拡大対応について期待されていた。民政党の実力者で内相である安達謙蔵が協力内閣運動を推進すると外相の幣原喜重郎とともにこれに反対する。こうして若槻内閣が内部分裂で倒れると積極財政を主張する政友会の犬養内閣が成立し井上財政は終焉を迎える。

野党に転落した民政党を井上はあくまでも支えた。[2]元老である西園寺公望に次の総理大臣候補として期待されていたという。民政党の総務を任され、第18回衆議院議員総選挙の選挙委員長も引き受けた。しかし、蔵相時代の経済の悪化などを理由に血盟団の暗殺の標的となっており、昭和7年(1932年2月9日、選挙への応援演説に向かう途中の道で小沼正により暗殺された(血盟団事件)。墓は青山霊園にある。

日本経済聯盟会(日本経済団体連合会の前身)の結成や東洋文庫の創設に尽力。また、日本へのゴルフ普及の功労者でもあり、東京で最初のゴルフ場である『東京ゴルフ倶楽部』の設立呼びかけ人となっている。遺族によると、死の数日後にゴルフクラブ一式が贈られてきたので、ドライバー一本を棺に納めたという。

経歴[編集]

家族[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木隆『高橋是清と井上準之助』文春文庫、2012年、p140
  2. ^ 井上の横死が民政党の選挙資金の枯渇と総選挙での敗北をもたらしたとされている(井上寿一『政友会と民政党』141頁)
  3. ^ 2011年現在も大分県日田市で清酒「角の井」や焼酎を製造している。生家は、「清渓文庫」として保存され、9月から11月に限って一般公開されている。
  4. ^ 杉山伸也「井上準之助研究ノート(1)」「書斎の窓」N0.610 p.39 有斐閣 2011年12月
  5. ^ 『日本近現代人物履歴事典』秦郁彦東京大学出版会、2002年。
  6. ^ 『晩翠放談』土井晩翠河北新報社、1948年
  7. ^ 早川隆著『日本の上流社会と閨閥』(角川書店、1983年)、179頁より
  8. ^ コトバンクより

外部リンク[編集]

公職
先代:
市来乙彦
三土忠造
日本の旗 大蔵大臣
第23代:1923年9月2日 - 1924年1月7日
第30代:1929年7月2日 - 1931年12月13日
次代:
勝田主計
高橋是清
その他の役職
先代:
三島彌太郎
市来乙彦
日本銀行総裁
第9代:1919年3月13日 - 1923年9月2日
第11代:1927年5月10日 - 1928年6月12日
次代:
市来乙彦
土方久徴