松本幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 幸男(まつもと ゆきお、1926年3月28日[1][2] - 1983年1月28日[2][3])は、日本政治家日本社会党衆議院議員(1期)。社会保険労務士[3]

来歴[編集]

埼玉県入間郡三ヶ島村(現・所沢市)出身[2]1940年、三ヶ島村立三ヶ島尋常高等小学校卒[3]。陸軍特別幹部候補生を経て[3]、戦後、豊岡町(現・入間市)にあったジョンソン基地に入り、労働運動に参加[2]。全駐労埼玉地連書記長、同副委員長となる[2]。その後所沢市議会議員を経て[2]、日本社会党から埼玉県議会議員選挙に立候補し当選[2]1979年4月の県議選で落選、同年10月の第35回衆議院議員総選挙旧埼玉2区から日本社会党公認で立候補するも次点落選。翌年の第36回衆議院議員総選挙で初当選した。1983年1月、所沢市内の自宅で首吊り自殺の状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。同じ選挙区の自由民主党議員の小宮山重四郎追悼演説を行った。

このほか埼玉県地方労働委員会委員、埼玉労働金庫監事、社会党所沢総支部委員長、同埼玉県本部常任顧問、県住宅生活協同組合理事長なども務めた[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1166頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『埼玉人物事典』753頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』609頁。

参考文献[編集]