尾身朝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾身 朝子
おみ あさこ
Omi Asako (2019).png
外務大臣政務官就任時
生年月日 (1961-04-26) 1961年4月26日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都千代田区
出身校 東京大学法学部
前職 ITコンサルタント
所属政党 自由民主党安倍派
子女 次男・尾身智志
親族 尾身幸次(父)
公式サイト 尾身朝子 official website

選挙区比例北関東ブロック→)
群馬1区→)
比例北関東ブロック
当選回数 3回
在任期間 2014年12月19日[1] - 現職
テンプレートを表示

尾身 朝子(おみ あさこ、1961年4月26日 - )は、日本政治家ITコンサルタント自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

外務大臣政務官。 父は第1次安倍内閣財務大臣を務めた尾身幸次。次男はワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビラパルフェ」の尾身智志。

来歴[編集]

東京都千代田区出身[2]。父がニューヨーク領事となったことに伴い、小学校3年から中学1年までニュージャージー州で過ごす[己 1]東京大学法学部卒業後、NTTに入社[己 1]。在職中、クリスマスパーティーで知り合った男性と結婚。2度の出産、育児休業を経験した[己 1]

1998年からNTT社内でJ-STAGE企画・開発・運用プロジェクトのプロジェクトリーダーを務めた[己 1]

2002年にNTTを退社し、ITコンサルタント業を起業。情報通信業の株式会社ブライトホープ代表取締役として、書籍資料の電子化(デジタル化)を図るなどITコンテンツ事業の推進に取り組んだ[3]

2004年7月11日、第20回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から出馬するが落選[4][5][注 1]

2004年10月には東海大学総合科学技術研究所教授(非常勤)に就任[己 1]

2006年に父が特定非営利活動法人STSフォーラムを設立してからは、同秘書室長や事務局長を務めた[6][7]

2007年7月29日、第21回参議院議員通常選挙で再度、自民党比例区から出馬するも落選[8][9][注 2]

2013年4月、内閣府子ども・子育て会議委員[10][2]。同年6月、公益社団法人麹町法人会常任理事[10]

同年12月、日本商工会議所若者・女性活躍推進専門委員会委員[10]

初当選以降[編集]

2014年第47回衆議院議員総選挙に自民党から比例北関東ブロック単独で出馬し初当選(比例名簿順位は単独33位)[11]。父と同じく清和政策研究会に入会[12][13]。自民党文部科学部会副部会長[14]

2017年9月26日、自民党群馬県連は前回群馬1区当選の佐田玄一郎ではなく尾身朝子の群馬1区公認を党本部に推薦した[15][16]。同年9月28日、自民党本部は1次公認リストを発表[17]。党本部は1次公認で群馬1区では尾身を公認した[18][19]

2017年の第48回衆議院議員総選挙に自民党公認で群馬1区から出馬し当選[20]

2019年9月13日第4次安倍第2次改造内閣外務大臣政務官に就任[21]

2021年10月7日、自民党群馬県連は選挙対策委員会で第49回衆院選群馬1区の公認候補の選出を党本部に一任することを決定した[22][23]

同年10月15日、自民党本部は第49回衆院選の2次公認候補を発表した[24][25]。群馬1区では中曽根康隆が公認され、尾身は比例北関東ブロック単独での公認が決まった[24][25][注 3]

2021年の第49回衆議院議員総選挙には比例北関東ブロック単独で出馬して当選(比例名簿順位は単独1位)[28]

政策・主張[編集]

エピソード[編集]

  • 2007年の参議院選挙に立候補した際、かつて尾身幸次と確執があった清和政策研究会(町村派)相談役の森喜朗から「私の命ある限り、朝子の町村派入りは認めない」と言及された[30]が、尾身朝子は衆院選初当選後、清和政策研究会(細田派)に入会した[12][13]
  • 二階派系の新人・中曽根康隆2017年衆院選に群馬1区から出馬することを検討したが、二階俊博はこれに「待った」をかけて尾身朝子の顔を立てた[31]日刊ゲンダイによって「第2次『上州戦争』回避で自民・尾身朝子氏が安泰」と報じられた[32]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 得票数118,577票、自由民主党中17位[4]
  2. ^ 得票数117,782票、自由民主党中22位[8]
  3. ^ 2021年10月18日、自民党本部は第49回衆院選の比例名簿を公表した[26][27]。尾身の比例名簿順位は単独1位であった[26][27]

出典[編集]

  1. ^ 平成26年12月19日中央選挙管理会告示第30号(平成二十六年十二月十四日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b 尾身朝子君_衆議院”. 衆議院公式サイト. 2019年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月12日閲覧。
  3. ^ Bright Hope Co. Ltd. 株式会社ブライトホープ
  4. ^ a b “asahi.com : 2004参院選 比例区開票結果”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/2004senkyo/kaihyo/pr_tousen_hireiku.html 2021年11月2日閲覧。 
  5. ^ “自民衆院1区公認選び熱気 尾身氏くら替え意向×中曽根氏側は決議文”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2016年4月23日). https://www.sankei.com/region/news/160423/rgn1604230051-n1.html 2021年11月2日閲覧。 
  6. ^ 報道取材要項 NPO法人STSフォーラム
  7. ^ VII. 学術交流(230頁) (PDF) 東海大学教育研究年報2005年度
  8. ^ a b “asahi.com: 2007参議院選挙 比例区開票結果・自由民主党”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/senkyo2007/kaihyo/C01.html 2021年11月2日閲覧。 
  9. ^ “asahi.com:「非情」小泉前首相1人だけ応援 - 朝日新聞 2007参院選:日刊スポーツ参院選ニュース”. 日刊スポーツ. (2007年7月15日). https://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707150005.html 2021年11月2日閲覧。 
  10. ^ a b c 尾身朝子外務大臣政務官略歴” (日本語). 外務省公式サイト. 2019年11月12日閲覧。
  11. ^ “北関東ブロック(比例区) - 開票速報 - 2014衆院選”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/kaihyo/B03.html 2021年11月2日閲覧。 
  12. ^ a b “自民党 町村派が「安倍派」に? 細田新会長、首相と近く 長期政権へ基礎固め”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 5 内政面. (2014年12月24日) 
  13. ^ a b “「命がけで働く」 尾身氏、出馬意欲”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 29 地方版(群馬). (2016年5月19日) 
  14. ^ 尾身 朝子 | 国会議員 | 議員情報 | 議員・役員情報 | 自由民主党”. 自由民主党公式サイト. 2017年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月5日閲覧。
  15. ^ “衆院選2017:自民、公認5人推薦報告 選対委、全会一致で同意 /群馬”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年9月27日). https://mainichi.jp/articles/20170927/ddl/k10/010/112000c 2021年9月19日閲覧。 
  16. ^ “自民、全選挙区の公認申請 1~5区 県連、党本部に:群馬(衆院選2017)”. 東京新聞 TOKYO Web (中日新聞東京本社). (2017年9月27日). https://static.tokyo-np.co.jp/tokyo-np/archives/senkyo/shuin2017/shuin_article/gun/CK2017092702000210.html 2021年9月19日閲覧。 
  17. ^ “自民党、衆院選の1次公認289人を発表”. 朝日新聞デジタル. (2017年9月29日). https://www.asahi.com/articles/ASK9X55PMK9XUTFK010.html 2021年9月16日閲覧。 
  18. ^ “【衆院解散】自民群馬1区公認は尾身朝子氏に 言葉濁す中曽根康隆氏 保守3分裂なら新党に漁夫の利(全2ページ)”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年9月28日). https://www.sankei.com/article/20170928-NCXYPT4OPJLR7O2GSNKGIOA7QQ/ 2021年9月19日閲覧。 
  19. ^ “1区 尾身さん公認も分裂含み 自民県連が出陣式 中曽根さん、佐田さん 依然 出馬を模索:群馬(衆院選2017):東京新聞(TOKYO Web)”. 東京新聞 (中日新聞東京本社). (2017年9月30日). https://static.tokyo-np.co.jp/tokyo-np/archives/senkyo/shuin2017/shuin_article/gun/CK2017093002000170.html 2021年11月2日閲覧。 
  20. ^ “群馬-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選)”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/kaihyo/A10.html 2021年11月2日閲覧。 
  21. ^ “政務官決まる、第4次安倍第2次改造”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-9/2019091602.html 2019年10月24日閲覧。 
  22. ^ “2021衆院選:1区の候補選出、党本部に一任へ 自民県連 /群馬”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2021年10月8日). https://mainichi.jp/articles/20211008/ddl/k10/010/086000c 2021年10月23日閲覧。 
    [“衆院選2021 1区の候補選出、党本部に一任へ 自民県連”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 19 地方版(群馬). (2021年10月8日) ]
  23. ^ “《衆院選》1区・自民 現職2人公認譲らず 分裂回避へ党本部一任 尾身氏「現職優先を強調」 中曽根氏「優位性アピール」|政治・経済”. 上毛新聞 (上毛新聞社). (2021年10月8日). オリジナルの2021年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211026153620/https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/331234 2021年10月23日閲覧。 
  24. ^ a b “自民、群馬1区は中曽根氏、山口3区は林氏に 衆院選2次公認”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2021年10月15日). オリジナルの2021年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211023024301/https://mainichi.jp/articles/20211015/k00/00m/010/238000c 2021年10月15日閲覧。 
  25. ^ a b “群馬1区中曽根氏、福岡5区原田氏 競合区調整終える―自民2次公認【21衆院選】”. 時事ドットコム (時事通信社). (2021年10月15日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101501050&g=pol 2021年10月15日閲覧。 
  26. ^ a b 複数の出典:
  27. ^ a b “群馬県関係は4党12人 自民は尾身氏が単独1位 比例名簿|政治・経済”. 上毛新聞 (上毛新聞社). (2021年10月19日). オリジナルの2021年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211109084054/https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/333687 2021年11月5日閲覧。 
  28. ^ “衆院選2021 比例代表 北関東 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月31日投開票 : 選挙・世論調査(選挙)”. 読売新聞オンライン (読売新聞社). https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2021yc_YC83XXXXXX000/ 2021年11月1日閲覧。 
  29. ^ a b c d e f 2014衆院選毎日新聞候補者アンケート
  30. ^ 「森元総理に『命ある限り認めない』と言われた『尾身朝子』候補」『週刊新潮』、新潮社、2007年6月21日、 p.55。
  31. ^ “【政界徒然草】衆院選惨敗の自民党二階派 救いは大勲位の孫入会 「進次郎氏と並ぶ総裁候補に」との期待もあるが…(全5ページ)”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年11月16日). https://www.sankei.com/premium/news/171116/prm1711160005-n1.html 2019年11月12日閲覧。 
  32. ^ 【群馬】第2次「上州戦争」回避で自民・尾身朝子氏が安泰|アベ自爆総選挙「全289区」当落予想” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2019年11月12日閲覧。
  33. ^ “2022年4月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2022年3月25日). https://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2022/03/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E6%96%B0%E8%81%9E2022%E5%B9%B44%E6%9C%88%E5%8F%B7-1.pdf#page=3 2022年4月1日閲覧。 
  34. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

尾身朝子自身により自己公表された情報源(公式ウェブサイト・ブログ・SNSなど)

  1. ^ a b c d e 「尾身朝子の紹介」尾身朝子オフィシャルサイト

外部リンク[編集]

動画[編集]

公職
先代:
山田賢司
辻清人
鈴木憲和
日本の旗 外務大臣政務官
中谷真一
中山展宏と共同

2019年 - 2020年
次代:
國場幸之助
鈴木隼人
中西哲