宮崎岳志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 宮崎 岳志
生年月日 (1970-02-14) 1970年2月14日(47歳)
出生地 日本の旗群馬県前橋市
出身校 中央大学法学部政治学科卒業
現職 民進党衆議院国会対策委員会副委員長・民進党「次の内閣」総務副大臣・民進党群馬県第1区総支部長・民進党群馬県総支部連合会副会長
所属政党 民主党→)
民進党前原グループ
称号 政治学士宅地建物取引士
公式サイト 宮崎タケシ公式Webサイト
選挙区 群馬1区→)
比例北関東ブロック
当選回数 2回
テンプレートを表示

宮崎 岳志(みやざき たけし、1970年2月14日 - )は、日本政治家民進党所属の衆議院議員(2期)。元上毛新聞社記者。鷲田 旌刀(わしだ せいとう)のペンネームライトノベルの執筆も行っている。後援会名称は「岳遊会(がくゆうかい)」。

来歴[編集]

群馬県前橋市出身。父親は、前橋赤十字病院名誉病院長(前病院長)。前橋市立第一中学校群馬県立前橋高等学校中央大学法学部政治学科卒業。中央大学在籍当時は、弁論部である辞達学会、弓道サークルである紫弓会、ゲーム研究会に所属した。卒業後上毛新聞社に入社し、県警記者クラブのキャップ等を務める。

2001年に「つばさ」でロマン大賞佳作を受賞、同作品でデビューする。2006年6月、民主党の新人候補者募集で合格。2007年11月、同党公認で次回(第45回)衆議院議員総選挙に群馬1区より出馬することが内定し、同選挙区総支部長に就任した。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で122,711票を獲得し、自由民主党で元財務大臣尾身幸次を破って初当選。2012年内閣総理大臣野田佳彦消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した[注釈 1]衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、棄権した。

同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、自民党の佐田玄一郎に敗れ、比例復活もならず落選した。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、再び佐田に敗れ、無所属の上野宏史(前職・落選)の得票数にも及ばなかったものの、比例北関東ブロックで復活当選した。

2015年1月に行われる民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[1]

2015年3月に、亀井静香らが中心となって設立した超党派の「地域活性化協議会(通称・根っこの会)」に参加、呼びかけ人に名前を連ねた。

政策・主張[編集]

所属議員連盟[編集]

作品リスト[編集]

いずれも集英社コバルト文庫刊。

  • つばさ
  • 放課後戦役
  • 魔法半将軍 十四歳の魔王

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 野田は「消費税の引き上げを現在の衆議院議員の任期終了後となる14年4月を予定しているため、公約違反ではありません」と述べている。j-cast2012年1月27日


外部リンク[編集]