宮崎岳志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「宮﨑岳志」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
宮﨑 岳志
みやざき たけし
生年月日 (1970-02-14) 1970年2月14日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 群馬県前橋市紅雲町
出身校 中央大学法学部政治学科
前職 上毛新聞記者
所属政党民主党→)
民進党前原G)→)
希望の党→)
無所属一丸の会
称号 法学士(中央大学)
宅地建物取引士
行政書士
配偶者 宮崎裕紀子(前橋市議会議員)
公式サイト 赤城の風 宮崎タケシ公式サイト

選挙区群馬1区→)
比例北関東ブロック
当選回数 2回
在任期間 2009年8月30日 - 2012年11月16日
2014年12月14日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

宮﨑 岳志(みやざき たけし、1970年2月14日 - )は、日本政治家。前衆議院議員(2期)。元上毛新聞社記者。政治活動では氏名に宮崎タケシの表記を用いる。鷲田 旌刀(わしだ せいとう)のペンネームライトノベルの執筆も行っている。後援会名称は「岳遊会(がくゆうかい)」。

来歴[編集]

群馬県前橋市紅雲町出身。父親は、前橋赤十字病院院長を務めた脳外科医の宮﨑瑞穂。前橋市立桃井小学校前橋市立第一中学校群馬県立前橋高等学校中央大学法学部政治学科卒業。中央大学在籍当時は、弁論部である辞達学会、弓道サークルである紫弓会、ゲーム研究会に所属。在学中、東京大学総長杯、早稲田大学大隈杯の両弁論大会で準優勝した[1]

大学卒業後上毛新聞社に入社し、県警記者クラブのキャップ等を務める[1]

2001年に「つばさ」でロマン大賞佳作を受賞、同作品でデビューする[1]

2006年6月、民主党の新人候補者募集で合格。2007年11月、同党公認で次回(第45回)衆議院議員総選挙に群馬1区より出馬することが内定し、同選挙区総支部長に就任した。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で122,711票を獲得し、自由民主党で元財務大臣尾身幸次を破って初当選。

2012年消費増税をめぐる政局では、6月26日の衆議院本会議前に福田衣里子福島伸享熊田篤嗣村井宗明らと記者会見を開いて消費増税法案には賛成できないが離党する意思もないことを表明し[2][3]、同法案の採決では、党の賛成方針に反して棄権した[4][5]。民主党は7月3日の常任幹事会で幹事長による注意処分とする方針を決定し[6][7][8][9][10]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[11][12][13]

同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、自民党の佐田玄一郎に敗れ、比例復活もならず落選した[14]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、再び佐田に敗れ、無所属の上野宏史(前職・落選)の得票数にも及ばなかったものの、比例北関東ブロックで復活当選した[15]

2015年1月に行われる民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[16]

2015年3月に、亀井静香らが中心となって設立した超党派の「地域活性化協議会(通称・根っこの会)」に参加、呼びかけ人に名前を連ねた。

2017年9月末には希望の党へ合流意向を明らかにした。安保法制に反対し、宮崎自身も衆院採決の際にプラカードを掲げて猛反対していたが、「民進党の中では政策的には(自分は)どちらかというと希望の党に近い。政策面では心配していない」と述べた[17]

2017年9月26日、万年野党により「三ツ星議員」に選出される[18]

同年10月の第48回衆議院議員総選挙は、希望の党の宮崎、自民党の尾身朝子日本共産党が擁立した元前橋市議の3者の戦いとなった。結果は尾身に敗れ、比例復活もならず落選した[19][注 1]

2019年11月、旧立憲民主党群馬県連内に翌年2月の前橋市長選(2日告示9日投開票)[注 2]へ候補を擁立する動きがあり群馬県連が宮崎を含む複数名に出馬を打診していることが報道されたが[23][注 3]、宮崎は12月末に不出馬の意向を固めた[26]。翌年1月6日、旧立民群馬県連は支援する候補が見つからなかったことから市長選を自主投票とすると発表した[27]

2020年9月15日、旧立憲民主党旧国民民主党が合流し、新「立憲民主党」が発足。同年10月31日、野党共闘を目指す「群馬1区市民の会」主催の集会が前橋市内で開かれ、集会に出席した宮崎は、立憲民主党県連[注 4]が公募している群馬1区の候補者に応募することを表明した[30][注 5]。公募には宮崎のほか、元群馬医療福祉大学准教授の斎藤敦子[注 6][注 7]、東京都の男性医師の3人が応募した[42]。11月30日、討論会が行われ後に県連役員と1区在住の一般党員ら計45人による投票が行われた結果、斎藤が選出された[43][44][42][注 8]。その後、県連は斎藤の公認を党本部に申請した[46][注 9]。12月1日、宮崎は自身のツイッターやFacebookに「私は次の衆院選に群馬1区から必ず出馬することを、改めて表明させていただきます」と投稿した[48][49]

親族[編集]

40歳の時に結婚[50]。結婚の仲人は元首相羽田孜が務めた[51]。妻の宮崎裕紀子は、2021年2月7日投開票の前橋市議会議員選挙(定数38)に立候補し[注 10]、候補者47人中得票数2位で初当選した(就任日は2月23日[注 11][54][55][注 12]

政策・主張・人物[編集]

所属議員連盟[編集]

作品リスト[編集]

いずれも集英社コバルト文庫刊。

  • 『放課後戦役』集英社〈コバルト文庫〉、2002年3月1日。ISBN 978-4086000864
  • 『つばさ』集英社〈コバルト文庫〉、2002年9月3日。ISBN 978-4086001625
  • 『魔法半将軍 十四歳の魔王』集英社〈コバルト文庫〉、2004年3月31日。ISBN 978-4086004114

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 連合群馬はこの選挙で1区の宮崎岳志、3区の長谷川嘉一、4区の不破弘樹を推薦した[20]
  2. ^ 選挙の結果、現職の山本龍が3選[21]。宮崎は市長選と同日に実施された前橋市議会議員補欠選挙で旧立憲民主党推薦候補(当選)の選対副本部長を務めた[22]
  3. ^ 2019年11月29日、毎日新聞は宮崎に出馬を打診したのは旧立憲民主党群馬県連最高顧問の角田義一だと報道したが[24]、翌30日、角田義一は宮崎に出馬を打診していないと訂正した[25]
  4. ^ 10月4日、新・立憲民主党群馬県総支部連合会(群馬県連)が設立された[28]。旧・立憲民主党からは国会議員2名と地方議員9名の計11名が新・立民群馬県連に参加した[28]。旧・国民民主党からは県内の地方議員8名中6名が新・立民群馬県連に参加し、残り2名は新・国民民主党に入党することになった[28][29]
  5. ^ 宮崎はこの集会で前回衆院選で希望の党から出馬したことを謝罪した[30]
  6. ^ 2019年7月の第25回参議院議員通常選挙に旧立憲民主党公認で群馬県選挙区から出馬し自民党新人の清水真人に敗れ落選[31]。参院選落選後、斎藤は次期衆院選に群馬4区から出馬することを希望していたが[32]、旧立民県連は群馬県議の角倉邦良(高崎市選挙区選出4期目[33])の4区擁立を2019年末に決定した[34]。そして、次期衆院選への出馬に意欲を見せている斎藤と群馬県連の協議は不調に終わり、2020年1月10日に斎藤は離党届を提出した[35][36]。離党届提出後、斎藤は毎日新聞や読売新聞の取材に対して次期衆院選に無所属で出馬する意向を明らかにした[35][32]。県連は斎藤を慰留し[35]何度も話し合いを重ねたものの本人の意志が固く、2020年4月1日に離党届を受理したと発表した[37][38]。4月3日、斎藤は記者会見を開き、群馬県連と信頼関係を築くことが難しいと判断したと離党理由を語った[39][40]。また、とある旧立民群馬県連幹部との対立があり最終的に離党に繋がったことを説明し、ハラスメントやそのもみ消しを行ってきた張本人の方々だとして次期衆院選の群馬県の旧立民公認予定候補たちを批判した[40]
  7. ^ 宮崎は2019年参院選において、旧立憲民主党斎藤陣営から要請を受けて同陣営の群馬1区選対の副委員長を務めた[41]
  8. ^ 1回目の投票では決着がつかず、宮崎と斎藤で決選投票が行われた結果、斎藤が僅差で宮崎を上回った[45]。県連は公募に応じた3名の詳細な得票数は公表しなかった[42]
  9. ^ その後、斎藤の公認が正式に内定しない状態が続き、新立憲民主党衆議院群馬1区総支部長は空席のままとなっている[47]
  10. ^ 2020年10月4日に行われた宮崎岳志の集会で、宮崎裕紀子は前橋市議会議員選挙に立候補予定であることを表明した[52]
  11. ^ 任期満了日は2025年2月22日[53]。そのため就任日は2021年2月23日となる。
  12. ^ 当選後、労組を支持基盤にもつ会派「市民フォーラム」[56]に入会した[57]
  13. ^ 新型コロナウイルス感染症に関してマスコミの取材に応じたこともあった[61]

出典[編集]

  1. ^ a b c d プロフィール | 赤城の風 宮崎タケシ公式サイト
  2. ^ “消費増税法案:福田衣里子議員が反対表明”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629005517/http://mainichi.jp/select/news/20120626k0000e010211000c.html 
  3. ^ “小沢氏系会合に43議員 鳩山氏、党最高顧問を辞任へ”. 朝日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2013年1月17日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20130117061030/http://www.asahi.com/politics/update/0626/TKY201206260258.html 
  4. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  5. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  6. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  7. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  8. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  9. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  10. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2013年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20130424235545/http://www.asahi.com/politics/update/0703/TKY201207030389.html 
  11. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  12. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  13. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  14. ^ 第46回総選挙小選挙区開票速報:群馬”. 朝日新聞デジタル. 2021年2月22日閲覧。
  15. ^ 群馬 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  16. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事ドットコム (時事通信社). オリジナルの2015年1月7日 (UTC)時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20150107162414/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 
  17. ^ “【衆院選】「私は希望の党に近い」 支持者に報告、宮崎氏合流を承認 群馬”. 産経新聞(Yahoo!ニュース). (2017年10月1日). オリジナルの2017年10月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171001122432/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000031-san-l10 
  18. ^ 第193回国会 三ツ星議員一覧”. 政策NPO万年野党公式サイト. 特定非営利活動法人万年野党 (2017年9月26日). 2021年3月25日閲覧。
  19. ^ 群馬-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  20. ^ “〈群馬県情勢〉連合群馬、民進系3人を推薦 比例は自主投票 共産色はNG”. 産経新聞. (2017年10月7日). https://www.sankei.com/politics/news/171007/plt1710070055-n1.html 2021年4月12日閲覧。 
  21. ^ 2020 前橋市長選”. NHK選挙WEB. 2021年3月23日閲覧。
  22. ^ 宮崎タケシ [@MIYAZAKI_Takesh] (28 January 2020). "宮崎タケシのツイート 2020年1月18日 0:57(日本時間)" (ツイート). Twitterより2021年4月12日閲覧
  23. ^ “立民が候補擁立模索 前橋市長選 野党共闘も視野”. 上毛新聞: p. 1. (2019年11月28日) 
  24. ^ “前橋市長選 立憲県連、宮崎氏に出馬を要請 国会後に態度表明 /群馬”. 毎日新聞. (2019年11月29日). https://mainichi.jp/articles/20191129/ddl/k10/010/122000c 2021年3月23日閲覧。 
  25. ^ 複数の出典:
  26. ^ “前橋市長選 立憲と国民、自主投票に 野党統一候補難しく /群馬”. 毎日新聞. (2020年1月7日). https://mainichi.jp/articles/20200107/ddl/k10/010/194000c 2021年3月23日閲覧。 
  27. ^ “立憲、自主投票の方針”. 朝日新聞: p. 23 地方版(群馬). (2020年1月7日) 
  28. ^ a b c “群馬の新立憲県連旗揚げ 衆院選へ態勢づくり急ぐ”. 朝日新聞. (2020年10月5日). https://www.asahi.com/articles/ASNB47D8GNB4UHNB00C.html 2021年5月3日閲覧。 
  29. ^ “新立民県連結成「政権交代の受け皿に」 旧国民 県議、市議6人合流”. 東京新聞. (2020年10月5日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/59728 2021年5月2日閲覧。 
  30. ^ a b 複数の出典:
  31. ^ 第25回参議院議員選挙 開票速報”. 時事通信. 2021年3月19日閲覧。
  32. ^ a b “立民斎藤氏が離党届”. 読売新聞: p. 29 地方版(群馬). (2020年1月17日) 
  33. ^ 【議員の紹介】群馬県議会議員 角倉邦良”. 群馬県公式ウェブサイト. 2021年5月3日閲覧。
  34. ^ “衆院4区に角倉県議 立民県連が擁立方針”. 上毛新聞: p. 1. (2020年1月14日) 
  35. ^ a b c 複数の出典:
  36. ^ “斎藤敦子氏が立憲に離党届 昨年参院選立候補”. 朝日新聞: p. 25 地方版(群馬). (2020年1月17日) 
  37. ^ “群馬 斉藤氏が立民離党 昨年7月の参院選で落選”. 産経新聞. (2020年4月1日). https://www.sankei.com/politics/news/200401/plt2004010039-n1.html 2021年3月19日閲覧。 
  38. ^ “立憲・斉藤敦子氏離党”. 朝日新聞: p. 19 地方版(群馬). (2020年4月2日) 
  39. ^ 複数の出典:
  40. ^ a b 複数の出典:
  41. ^ 複数の出典:
  42. ^ a b c “衆院選 群馬1区 立民、斎藤氏の擁立決定”. 上毛新聞. (2020年12月1日). オリジナルの2020年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201201001450/https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/258026 2021年3月19日閲覧。 
  43. ^ 複数の出典:
  44. ^ “衆院群馬1区に新人 立憲”. 時事通信. (2020年11月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020113001146&g=pol 2020年12月1日閲覧。 
  45. ^ “立憲、1区は斉藤氏 次期衆院選で擁立へ”. 朝日新聞: p. 21 地方版(群馬). (2020年12月2日) 
  46. ^ “衆院選期日や戦略にコロナの影 群馬1区の候補調整に与野党とも急ぐ”. 上毛新聞. (2021年1月3日). オリジナルの2021年1月27日(UTC)時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210127231447/https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/265000 2021年3月19日閲覧。 
  47. ^ 議員情報 群馬”. 立憲民主党公式サイト. 2021年3月19日閲覧。
  48. ^ 宮崎タケシ [@MIYAZAKI_Takesh] (1 December 2020). "宮崎タケシのツイート 2020年12月1日 0:46(日本時間)" (ツイート). Twitterより2021年3月27日閲覧
  49. ^ 宮崎タケシ (2020年12月1日 0:46 日本時間). “宮崎タケシの投稿(3171064329665065)”. Facebook. 2021年3月26日閲覧。
  50. ^ 宮崎タケシ [@MIYAZAKI_Takesh]. "宮崎タケシのツイート 2020年2月14日 0:06(日本時間)" (ツイート). Twitterより2021年4月15日閲覧
  51. ^ 宮崎タケシ [@MIYAZAKI_Takesh]. "宮崎タケシのツイート 2020年12月27日 23:11(日本時間)" (ツイート). Twitterより2021年4月15日閲覧
  52. ^ 宮崎岳志 (2020年10月4日). 宮崎タケシ・新生の集い「新型コロナの正体と治療の未来」 (Youtube). 日本: 宮崎タケシYoutubeチャンネル.. https://www.youtube.com/watch?v=7pjjCmIGe34&t=3m57s (3分57秒から再生)
  53. ^ 群馬県 - 市町村議会議員任期満了日一覧”. 群馬県公式サイト. 2021年3月23日閲覧。
  54. ^ 複数の出典:
  55. ^ 市議会議員選挙の結果/前橋市”. 前橋市公式サイト. 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月23日閲覧。
  56. ^ a b “「市長派」が過半数見通し 前橋市議選 投票率最低42.92%”. 上毛新聞. (2021年2月8日). オリジナルの2021年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210324074952/https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/272390 2021年3月24日閲覧。 
  57. ^ 議員名簿/会派別/前橋市”. 前橋市公式サイト (2021年3月3日). 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月23日閲覧。
  58. ^ “負傷者ら次々病院へ、予期せぬ事故に動揺も 関越道バス事故”. 日本経済新聞. (2012年4月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2900L_Z20C12A4000000/ 2021年4月15日閲覧。 
  59. ^ 複数の出典:
  60. ^ 宮崎タケシ (2020年9月27日 23:39 日本時間). “宮崎タケシの投稿(2996582307113269)”. Facebook. 2021年4月15日閲覧。
  61. ^ “現場の医師「第4波の始まりの可能性高い」”. NHK NEWS WEB. (2021年3月30日). オリジナルの2021年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/Sop9A 
  62. ^ 宮崎タケシ [@MIYAZAKI_Takesh]. "宮崎タケシのツイート 2017年10月29日 22:45(日本時間)" (ツイート). Twitterより2021年4月15日閲覧
  63. ^ 宮崎タケシ [@MIYAZAKI_Takesh]. "宮崎タケシのツイート 2019年4月18日 16:27(日本時間)" (ツイート). Twitterより2021年4月15日閲覧
    宮崎タケシ (2019年4月18日 16:27 日本時間). “宮崎タケシの投稿(1903888569715987)”. Facebook. 2021年4月15日閲覧。
  64. ^ a b c d “2014衆院選 北関東ブロック 宮崎 岳志/候補者アンケートの回答”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=D03002001008&st=tk 2021年3月24日閲覧。 
  65. ^ “小池氏『改憲、安保』で踏み絵 民進左派30人斬り 赤松氏「どう対応していいのか困惑している」”. 夕刊フジ(Yahoo!ニュース). (2017年9月26日). オリジナルの2017年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171003091908/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000010-ykf-soci 
  66. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  67. ^ アニメ・ゲーム等の表現の規制に関する質問主意書
  68. ^ “宮崎岳志 発言番号007”. 第193回国会 衆議院 財務金融委員会 第17号 平成29年5月9日. 国立国会図書館 国会会議録検索システム. https://kokkai.ndl.go.jp/simple/detail?minId=119304376X01720170509&spkNum=7#s7 
  69. ^ 倉山満(運営者) (2016年5月21日). 【5月21日配信】倉山満が訊く、「宮崎岳志代議士あの事件の真相を語る!倉山満民主党献金疑獄?!」衆議院議員宮崎岳志 倉山満【チャンネルくらら】 (Youtube). チャンネルくらら.. https://www.youtube.com/watch?v=OrQVbCzOSY8 
  70. ^ “あの“民進党ヤジ将軍”と安倍晋三首相の意外な縁が明らかに…”. 産経新聞 (産経新聞社). (2017年2月3日). https://www.sankei.com/politics/news/170203/plt1702030027-n1.html 2021年3月23日閲覧。 
  71. ^ 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]