ロマン大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロマン大賞(ロマンたいしょう)は、1992年から集英社が主催していた公募文学賞。同社のライトノベル文芸誌Cobalt』及びコバルト文庫の読者を対象とした作品を募集していた。

1992年から1995年までの名称はファンタジーロマン大賞であったが、1996年よりロマン大賞となる。

大賞入選作には正賞の楯と副賞100万円(税込)、佳作入選作には正賞の楯と副賞50万円(税込)が贈られた。入選作品は原則としてコバルト文庫で出版されるが、スーパーファンタジー文庫またはスーパーダッシュ文庫から刊行された作品も一部にある。

2014年度をもって終了。ノベル大賞に統合となった。

応募要綱[編集]

作品・内容[編集]

自作未発表のもの。(日本語で書かれたものに限る) ジャンルは問わない。

資格[編集]

男女・年齢・プロアマを問わない。

原稿[編集]

400字詰め縦書き原稿用紙250枚~350枚。ワープロ原稿可。

締め切り[編集]

原則として毎年1月10日。当日消印有効。

歴代選考委員[編集]

受賞作品と受賞者[編集]

  • 1993年度(通算第2回) 
  • 1994年度(通算第3回) 
  • 1995年度(通算第4回) 
    • 大賞 該当作なし
    • 佳作 『海のアリーズ』小林栗奈
    • 佳作 『聚まるは永遠の大地』柴田明美
  • 1996年度(通算第5回) 
  • 1997年度(通算第6回) 
    • 大賞 『カナリア・ファイル~金蚕蠱~』毛利志生子
    • 佳作 『パラダイス・ルネッサンス-楽園再生-』谷瑞恵
  • 1998年度(通算第7回) 
    • 大賞 『冬の日の幻想』久和まり
    • 佳作 該当作なし
  • 2000年度(通算第9回) 
  • 2001年度(通算第10回) 
  • 2002年度(通算第11回) 
    • 大賞 該当作なし
    • 佳作 『シラトリ』(出版時に『パーティのその前に』に改題)久藤冬貴
    • 佳作 『祈りの日』倉世春
  • 2003年度(通算第12回) 
    • 大賞 『グリーン・イリュージョン』杉江久美子
    • 佳作 該当作なし
  • 2004年度(通算第13回) 
  • 2005年度(通算第14回) 
    • 大賞 該当作なし
    • 佳作 『螺旋の王国』広瀬晶
    • 佳作 『白い花の舞い散る時間』(受賞時タイトルは「ガールズレビューステイ」)友桐夏
  • 2006年度(通算第15回) 
    • 大賞 該当作なし
    • 佳作 『呪殺屋本舗』(出版時に『ジュリエットと紅茶を-ようこそ、呪殺屋本舗へ-』に改題)神埜明美
  • 2007年度(通算第16回) 
  • 2008年度(通算第17回)
  • 2009年度(通算第18回)
    • 大賞 該当作なし
    • 佳作 『最後のひとりが死に絶えるまで』我鳥彩子 
  • 2010年度(通算第19回)
    • 大賞 『三千寵愛在一身』はるおかりの
    • 大賞 『春にとけゆくものの名は』(出版時に『氷雪王の求婚~春にとけゆくものの名は~ 』に改題)湊ようこ
    • 佳作 該当作なし
  • 2011年度(通算第20回)
    • 大賞 『秘密の陰陽師―身代わりの姫と恋する後宮―』藍川竜樹(出版時に『ひみつの陰陽師―ひとつ、秘め事だらけの宮廷絵巻―』に改題)
    • 佳作 該当作なし
  • 2013年度(通算第22回)
    • 大賞 『大帝の恋文』一原みう
    • 佳作 『スカーレット・バード―天空に咲く薔薇―』小湊悠貴 
  • 2014年度(通算第23回)
    • 大賞 『時泥棒と椿姫の夢』辻村七子
    • 佳作 該当作なし

関連項目[編集]

外部リンク[編集]