大岡玲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大岡 玲(おおおか あきら、1958年10月16日 - )は、日本作家イタリア文学者・東京経済大学教授。

略歴[編集]

詩人大岡信劇作家深瀬サキの長男として東京に生れる。

中学・高校時代は、文学少年であると同時に、小林信彦の影響を受けた映画少年でもあった。武蔵高等学校卒業。高校の同級生に有近真澄がいた。

2年の浪人の後、浪人時代に読んだイタロ・カルヴィーノの影響で、東京外国語大学外国語学部イタリア語学科へ入学。大学時代から小説を書き始める。卒業後、同大学大学院外国語学研究科ロマンス系言語専攻修士課程修了。1987年「緑なす眠りの丘で」が雑誌『文学界』に掲載され、作家デビュー。

続いて執筆した二作目の作品『黄昏のストーム・シーディング』で1989年に三島由紀夫賞を受賞。1990年には「表層生活」で芥川賞を受賞し、初めてこの両賞を受賞した作家となった。

その後、『無作法になり切れない人のための五つの短篇』(1992)所収の「ジンベイザメになりたかった」で川端康成文学賞、『ブラック・マジック』(2002)で谷崎潤一郎賞の候補作に挙げられたが、受賞は逸している。『ヒ・ノ・マ・ル』(1992)は、1997年にSeuil社から仏訳が刊行された(仏語タイトル:「SOLEIL LEVANT」)。

小説以外では書評の執筆が多く、毎日新聞「今週の本棚」の執筆メンバーを1993年から2008年までつとめた。また、美術にも造詣が深く、NHK『日曜美術館』の司会(1995~1997)や、報道・情報番組のコメンテーターとして出演。そのほか、グルメエッセイ、釣りエッセイの執筆、イタリア語の翻訳なども手がけている。

2006年から東京経済大学経営学部教授。担当は、日本文学など。

著書[編集]

  • 『黄昏のストーム・シーディング』文藝春秋 1989 のち文庫
  • 『表層生活』文藝春秋 1990 のち文庫 
  • 『ヒ・ノ・マ・ル』新潮社 1992
  • 『不作法になり切れない人のための五つの短編』文藝春秋 1992
  • 『リアルでファジーなファンタジー』ティビーエス・ブリタニカ 1993
  • 『ねぇ、ここ、なおして』講談社 1994
  • 『森の人』講談社 1994
  • 『食味形容語辞典』平凡社 1996 「日本グルメ語辞典」小学館文庫 
  • 『生きがいクエスト1996』岩波書店 1996
  • 『女は快楽、男は我慢 大岡玲の恋愛論』講談社 1999
  • 『旅ゆけば、酒。』日本経済新聞社 1999
  • 『塩の味』集英社 2000
  • 『ワインという物語』文春新書 2000
  • 『ブラック・マジック』文藝春秋 2002
  • 『永遠の夏休み ひかりと本と風と』集英社 2004
  • 『本に訊け!』光文社 2011
  • 『文豪たちの釣旅』フライの雑誌社新書 2012
  • 『男の読書術』岩波書店 2013
  • 『たすけて、おとうさん』平凡社、2015 
  • 『不屈に生きるための名作文学講義 本と深い仲になってみよう』ベスト新書 2016

翻訳[編集]

外部リンク[編集]