玄月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玄月(げんげつ、1965年2月10日 - )は日本小説家。父母は朝鮮人。 本名は玄 峰豪(현 봉호)。 現在は、大阪南船場文学バー「リズール」を経営している。

人物[編集]

大阪市生野区出身。大阪市立南高等学校卒業。様々な職業を経験した後、自営業。大阪文学学校にて同人誌「白鴉」を発行し執筆活動を始める。

1998年、「舞台役者の孤独」が『文學界』1998年下半期同人雑誌優秀作に選ばれる。1999年、同人誌『樹林』406号掲載の「おっぱい」で第121回芥川賞候補。2000年「蔭の棲みか」で第122回芥川賞受賞。

経歴[編集]

  • 1998年「異境の落とし児」で第5回神戸ナビール文学賞受賞。
  • 1999年「おっぱい」で第121回芥川賞候補。
  • 1999年「舞台役者の孤独」で第8回小谷剛文学賞受賞。
  • 2000年「蔭の棲みか」で第122回芥川賞受賞。
  • 織田作之助賞青春賞の選考委員を務めた。

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 『蔭の棲みか』(文藝春秋、2000年/文春文庫、2003年)
    • 蔭の棲みか(『文學界』1999年11月号)
    • おっぱい(『樹林』406号)
    • 舞台役者の孤独(『文學界』1998年12月号)
  • 『悪い噂』(文藝春秋、2000年6月)
    • (悪い噂、宵闇)
  • 『おしゃべりな犬』(文藝春秋、2003年2月)
    • 初出:『文學界』2002年9月号
  • 『寂夜』(講談社、2003年5月)
    • 繊光(『群像』2001年10月号)
    • 大蛇(『群像』2002年8月号)
    • 焦熱(『群像』2002年11月号)
    • 運河(『群像』2003年1月号)
    • 寂夜
  • 『パラドッグス』(アートン、2003年7月)
    • 小説「役立たず」(『文學界』2001年5月号)と森山徹の写真とのコラボレーション。
  • 『異物』(講談社、2005年4月)
    • 初出:『群像』2005年2月号
  • 『山田太郎と申します』(文藝春秋、2005年6月)
    • ビーバーじゃだめなの?(『文學界』2004年1月号)
    • 虎の習性(『文學界』2004年5月号)
    • あざらし男(『文學界』2004年7月号)
    • たたる象亀(『文學界』2004年10月号)
    • 美しいさなぎ(『文學界』2004年11月号)
    • 梅にカナリア(『文學界』2005年1月号)
    • ある地方都市の
  • 『睦言』(アートン、2006年)
  • 『眷族』講談社 2007
  • 『めくるめく部屋』講談社 2008
  • 『狂饗記』講談社 2011

エッセイ集[編集]

  • 『ほんまに・・・どないなっとんねん』2003年3月、ポプラ社

共著[編集]