高木卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高木 卓(たかぎ たく、1907年1月18日 - 1974年12月28日)は、小説家、ドイツ文学者、音楽評論家。幸田露伴の甥である。

ヴァイオリニストで、女性初の文化功労者に選ばれた安藤幸と、英文学者・安藤勝一郎の子として東京に生まれる。本名・安藤煕。東京帝国大学独文科卒。水戸高等学校教授などをつとめながら小説を書き、同人雑誌『作家精神』による。1936年「遣唐船」で芥川賞候補、1940年(昭和15年)、大伴家持を描いた歴史短篇「歌と門の盾」で芥川賞[1]を授与されるが辞退する。菊池寛は、恥を掻かされたと言って怒っている。高木は、自分が辞退すれば『作家精神』の桜田常久がくりあげ受賞すると誤認したという説もある(桜田は次回受賞)。そうではないと分かり、自分が辞退したことで『作家精神』の同人が候補から外されることを恐れ、菊池に謝りに行った[2]

戦後は東京大学教養学部教授、67年定年退官、獨協大学教授。古典の子供向け翻案などの仕事をするに留まった。次女に、児童文学作家、作詞家である高木あきこがいる。

『ムツゴロウの青春記』によると、畑正憲が東大でドイツ語の授業を受けている(本文中では、実名は表記されず「Tという芥川賞を辞退した教官」となっている)。授業や試験については、かなり不愉快なものだったらしく、サ行、とくに「せ」の発音が「しぇ」になってしまう畑正憲は、それをからかわれるような扱いを受けたと書いている。

戦後の活動で最も重要なものは音楽関係の仕事であり、ワーグナー(ヴァーグナー)の楽劇作品の殆どを翻訳し、作品の上演やレコード解説にも数多く携わり、日本でのワーグナー受容史に於ける重要な存在である。また僅かながら作曲作品もある。

著書[編集]

  • 『歌と門の盾』三笠書房 1940
  • 『北方の星座』大観堂 1941
  • 『遣唐船ものがたり』学習社 1942 
  • 『復讐譚』今日の問題社 1943
  • 聖徳太子』至文堂 1943
  • 『安南ものがたり』東京出版 1945
  • 『獄門片影』大日本雄弁会講談社 1947
  • 『人間露伴』丹頂書房 1948
  • 『血と血』八雲書店 1948
  • 『おのづから物語』宝文館 1949
  • 紫式部』偕成社 1951
  • ベートーヴェン』講談社(世界伝記全集) 1955 新版 1981
  • 『唐琴童子』講談社の絵本 1956
  • 『むらさき物語』雲井書店 1957
  • 芥川龍之介読本』(編)学習研究社(近代日本文学読本) 1958
  • シューベルト』偕成社(世界偉人伝全集) 1966
  • 『ヴァーグナー』音楽之友社 (大音楽家・人と作品9) 新版1988 
  • 『露伴の俳話』講談社学術文庫 1990

再話・現代語訳[編集]

  • 曽我物語』小学館 1943
  • 太平記物語』小学館 1944
  • 八犬伝ものがたり』筑摩書房 1952
  • 『東海道膝栗毛』偕成社 1953
  • 『ニーベルゲン物語』偕成社 1954
  • 『義経ものがたり』筑摩書房 1956
  • 平家物語』福村書店 (少年少女のための国民文学) 1956 
  • かぐやひめ』講談社 1956 (講談社の二年生文庫)
  • お伽草子』福村書店 (少年少女のための国民文学) 1957 
  • 『日本少年少女古典文学全集 15 義経・弁慶物語』弘文堂 1958
  • 源氏物語』講談社(少年少女日本名作物語全集) 1959 新版1995
  • 『平安朝物語』五月書房 1959
  • 『現代語訳義経記』河出文庫 2004

翻訳[編集]

作曲作品[編集]

  • オペラ『神代ものがたり』 作詞・作曲 高木卓, 1974

参考[編集]

[編集]

  1. ^ 1940年(昭和15年)上半期の第11回芥川賞
  2. ^ 川口則弘『芥川賞物語』バジリコ、2013