幸田延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幸田延

幸田 延(こうだ のぶ、1870年4月19日明治3年3月19日) - 1946年6月14日)は、ピアニストヴァイオリニスト、音楽教育家、作曲家

経歴[編集]

東京の幸田家に幸田露伴の妹として生まれる。兄に海軍軍人の郡司成忠、弟に幸田成友、妹に安藤幸がいる。中村専、瓜生繁子にピアノを師事する。音楽取調掛伝習生を経て、1889年から、日本初の音楽留学としてアメリカドイツオーストリアに留学。1895年、帰国し、東京音楽学校教授として瀧廉太郎山田耕筰久野久らを育てた。1895年に作曲したヴァイオリンソナタ変ホ長調(3楽章、未完)と1897年ヴァイオリンソナタニ短調(1楽章のみ)は、日本人による初のクラシック音楽作品である(現在、全音楽譜出版社から2曲とも出版されている[1])。1915年には大正天皇御即位を祝した混声4部合唱付交響曲「大礼奉祝曲」を作曲している。

1906年従五位。1909年教授を辞したが、この際学校側で勝手に解雇し、出勤してそれを伝えられた延は憤然として帰宅し、同情と怒りの声があがったという。以後欧米を視察し、1912年審声会を創立、後進の指導に当たる。東宮職御用掛となり皇族に音楽を教授、1937年帝国芸術院設立とともに会員となる。

1916年作曲の神奈川県立高等女学校(現・神奈川県立横浜平沼高等学校)校歌は、幸田の作った唯一の歌曲である(作詞は佐佐木信綱)。この曲の冒頭は瀧廉太郎作曲の『荒城の月』と同じ音型であるが、早世した弟子の瀧へのオマージュであるとの解釈がある[2][3]

登場作品[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 未完の部分は校訂者の池辺晋一郎が補筆した
  2. ^ ラジオ深夜便『明治洋楽事始め~瀧廉太郎と幸田延』(2014年4月25日~26日放送)で遠藤ふき子キャスター(平沼高校出身)のインタビューに答えた萩谷由喜子氏の説
  3. ^ 週刊新潮連載コラム「ブルーアイランド氏のクラシック漂流記」の作者青島広志氏の疑問について、永森邦雄氏(50期)による回答文”. 2016年6月7日閲覧。