佐佐木信綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐佐木 信綱
Nobutsuna Sasaki.jpg
ペンネーム 佐佐木信綱
誕生 佐々木信綱
1872年7月8日
日本の旗 日本三重県鈴鹿郡石薬師村
死没 (1963-12-02) 1963年12月2日(91歳没)
日本の旗 日本静岡県熱海市
墓地 東京谷中霊園の五重塔跡近く
職業 歌人国文学者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学博士
最終学歴 東京帝国大学文学部
主な受賞歴 正三位
文化勲章
勲六等
銀杯一組(菊紋)
配偶者 佐佐木雪子
子供 佐佐木治綱
親族 佐々木弘綱(父)
テンプレートを表示

佐佐木 信綱(ささき のぶつな、1872年7月8日明治5年6月3日[1]) - 1963年昭和38年)12月2日)は、日本歌人国文学者正三位[2]勲六等文学博士学士院会員。芸術院会員。文化勲章受章。

経歴[編集]

三重県鈴鹿郡石薬師村(現鈴鹿市石薬師町)にて歌人佐々木弘綱の長男として生まれる。父の教えを受け5歳にして作歌。1882年(明治15年)上京。1884年(明治17年)、東京帝国大学文学部古典講習科に進む。1890年(明治23年)、父と共編で『日本歌学全書』全12冊の刊行を開始。1896年(明治29年)、森鷗外の『めざまし草』に歌を発表し、歌誌『いささ川』を創刊。また、落合直文与謝野鉄幹らと新詩会をおこし、新体詩集『この花』を刊行。

歌誌『心の花』を発行する短歌結社「竹柏会[3]」を主宰し、木下利玄川田順前川佐美雄九条武子柳原白蓮相馬御風など多くの歌人を育成。国語学者新村出翻訳家片山広子村岡花子、後に娘婿となる国文学者の久松潜一も信綱のもとで和歌を学んだ。『思草』をはじめ数々の歌集を刊行した。1934年昭和9年)7月31日、帝国学士院会員[4]1937年(昭和12年)には文化勲章を受章、帝国芸術院会員。御歌所寄人として、歌会始撰者でもあった。その流れで貞明皇后[5]皇族に和歌を指導している。日本文学報国会短歌部会長であった。1952年(昭和27年)には上代文学会の設立に関わり、学会誌『上代文学』創刊号に祝辞を寄せている[6]

1963年(昭和38年)、急性肺炎のため死去[7]。墓所は東京谷中霊園の五重塔跡近くにある。

1944年(昭和19年)から1963年(昭和38年)までの晩年の19年を過ごした熱海市西山町の邸宅「凌寒荘」は、2003年(平成15年)に熱海市が取得して以降、ボランティアによって管理・公開されている[8][9]

功績・評価[編集]

五島茂は信綱の業績を評して次のようにまとめている[10]

  • 万葉集の体系化を志し、『元歴校本万葉集』『西本願寺万葉集』など日本各地を巡って万葉集の古写本を発掘を行った。『万葉集の研究』など万葉集の基礎資料を数多く編集し、万葉学を樹立した。また、『英訳万葉集』などを通じて海外にも万葉集を宣布した。
  • 梁塵秘抄』など、埋もれていた歌集・歌謡書や歌人に光を当て、『日本歌学史』『和歌史の研究』『近世和歌史』を刊行し和歌の史的体系を構築した。
  • 校本萬葉集」、岩波文庫『新訓 万葉集』、『新古今和歌集』など、古典籍活字本として複製・頒布した。

上田三四二は歌人としての信綱について「氏を大歌人と呼んでいいかどうか、私は疑う。けれども、氏は疑いなく大学者だった。」と評している[10]。三四二は、信綱にとって作歌と学問は別のものではなく、信綱の歌は学と識を備えた伝統的な詩歌の正統だった。しかし、近代以後の短歌は子規啄木といった「歌学の何たるかをわきまえぬ」独断的・直感的な近代詩歌が、詩歌の革新を成し遂げてしまっている。信綱の歌の見方は正しい見方だが、文学においては正しい判断が文学を生かすとは限らない、と考察している[10]

逸話[編集]

家族[編集]

妻雪子は大蔵官僚藤島正健の長女。三男五女に恵まれた。

長男逸人は祖父正健の養子に入り、有坂成章の五女季子と結婚した。長女綱子は機械工学者朝永研一郎(ノーベル物理学賞受賞者朝永振一郎の従兄弟)に、三女三枝子は久松潜一に嫁いだ。二男文綱は三菱銀行に勤め、丘浅次郎の長女ひさと結婚した。三男の治綱も歌人だったが、父に先立ち1958年(昭和33年)に逝去。孫の幸綱も歌人で、信綱と同じく芸術院会員。

著書[編集]

佐佐木信綱
佐佐木信綱資料館(三重県鈴鹿市)
隣接する信綱の生家等を併せて佐佐木信綱記念館と称する
  • 歌のしをり (博文館 1892年4月)
  • 支那征伐の歌 (博文館 1894年8月)
  • 征清歌集 (博文館 1894年10月)
  • 百人一首講義 (博文館 1894年1月)
  • 竹柏園集 第1・2編 (博文館 1901年 - 1902年)
  • おもひ草 (博文館 1903年11月)
  • 国歌評釈 (人文社 1903年11月)
  • 歌学論叢 (博文館 1908年)
  • 日本歌学史 (博文館 1910年)
  • 金鈴遺響 (西東書房 1911年)
  • 新月 (博文館 1912年)
  • 戸田茂睡論 (竹柏会 1913年)
  • 和歌史の研究 (大日本学術協会 1915年)
  • 文と筆 (広文堂書店 1915年)
  • 竹柏集 歌話文話 (日東堂 1916年)
  • 賀茂真淵本居宣長 (広文堂書店 1917年)
  • 常盤木 (竹柏会 1922年)
  • 近世和歌史 (博文館 1923年)
  • 旅と歌と (実業之日本社 1926年)
  • 鶯 歌集 (新撰書院・心の華叢書 1931年)
  • 短歌入門 (改造社 1931年)
  • 信綱文集 (改造文庫 1932年)
  • 萬葉集概説 (明治書院 1932年)
  • 麗人九条武子弘文社 1934年)
  • 明治文学の片影 (中央公論社 1934年)
  • 建春門院中納言日記新解 (明治書院 1934年)
  • 国文学の文献学的研究 (岩波書店 1935年)
  • 筆のまにまに (佐佐木雪子共著 人文書院 1935年)
  • 萬葉読本 (日本評論社 1935年)
  • 椎の木 歌集 (新陽社 1936年)
  • 天地人 自選歌集 (改造社 1936年)
  • 歌がたり (人文書院 1937年)
  • 萬葉漫筆 (改造文庫 1937年)
  • 萬葉集百話 (明治書院 1937年)
  • 瀬の音 歌集 (人文書院 1940年)
  • 行旅百首 (草木屋出版部 1941年)
  • 萬葉清話 (靖文社 1942年)
  • 萬葉集の研究 仙覺及び仙覺以前の萬葉集の研究 (岩波書店 1942年)
  • 盲人歌集 (墨水書房 1943年)
  • 萬葉五十年 (八雲書店 1944年)
  • 歌謡の研究 (丸岡出版社 1944年)
  • 黎明 (八雲書店 1945年)
  • 上代歌謡の研究 (人文書院 1946年)
  • わが文わが歌 (六興出版部 1947年)
  • 雲 佐佐木信綱随筆集 (京都印書館 1948年)
  • 佐佐木信綱全集 全10巻 (六興出版部 1948年 - 1953年)
    • 評釋萬葉集(第1-7巻)
    • 佐佐木信綱文集(第8巻)
    • 佐佐木信綱歌集(第9巻)
    • 日本歌学史(第10巻)
  • 萬葉集を読もうとする人に (人文書院 1948年)
  • 山と水と 歌集 (長谷川書房 1952年)
  • ある老歌人の思ひ出 自伝と交友の面影 (朝日新聞社 1953年)
  • 鎌倉三種 (戯曲 竹柏会 1957年)
  • 作歌八十二年 毎日新聞社 1959年)。新版『佐佐木信綱 作歌八十二年』 日本図書センター〈人間の記録〉1999年
  • 明治大正昭和の人々 (新樹社 1961年)[13]
  • 短歌入門 (集文館、改訂新版1977、1989年)
  • 佐佐木信綱全歌集(佐佐木幸綱編、ながらみ書房、2004年)

校訂・編纂[編集]

作詞[編集]

伝記・歌論[編集]

  • 佐佐木幸綱 『佐佐木信綱』(桜楓社(現:おうふう)〈短歌シリーズ人と作品2〉、1982年)
  • 衣斐賢譲 『佐佐木信綱の世界-「信綱かるた」歌のふるさと』(中日本社、2008年)
  • 佐佐木頼綱『佐佐木信綱 「愛づる心」に歌の本質を求めた大歌人』(コレクション日本歌人選069:笠間書院、2019年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 生年月日は旧暦の6月3日。新暦では7月8日に当たる。旧暦は明治5年12月まで使用された。
  2. ^ 昭和38年12月9日付け官報本紙第11096号5・6ページ叙任及び辞令欄
  3. ^ 竹柏会 短歌雑誌心の花
  4. ^ 『官報』第2275号、昭和9年8月1日。
  5. ^ 崩御後に『貞明皇后御歌謹解』(第二書房 1951年)を刊。
  6. ^ 上代文学会の活動について
  7. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)13頁
  8. ^ 凌寒荘 - 熱海市観光協会
  9. ^ 佐佐木信綱 熱海の旧居「凌寒荘」運営困難に 活動担う団体 高齢化が深刻 - 東京新聞 2020/3/10
  10. ^ a b c 鈴木徳男、鈴木徳男・嘉戸一将(編)「近代詩歌の出発」『明治国家の精神史的研究:<明治の精神>をめぐって』 以文社 2008年、ISBN 9784753102655 pp.248-257.
  11. ^ 小駒勝美 『漢字は日本語である』 新潮新書、2008年、40頁
  12. ^ 楠町史編纂委員会 編『楠町史』楠町教育委員会、1978年5月20日(484ページより)
  13. ^ 『伊藤左千夫 佐佐木信綱』 新学社〈近代浪漫派文庫 17〉2005年に、抜粋収録。なお他は「思草」、「山と水と」。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]