片山広子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
片山広子/松村みね子

片山 広子(片山 廣子、かたやま ひろこ、1878年(明治11年)2月10日 - 1957年(昭和32年)3月19日)は、日本の歌人随筆家アイルランド文学翻訳家松村みね子名義)。

外交官・吉田次郎の長女として東京麻布で生まれる。妹は次子、弟は精一と東作。東洋英和女学校卒。佐佐木信綱に師事して歌人として活動[1]

また、松村みね子の筆名で、ジョン・ミリントン・シングレディー・グレゴリーW・B・イェーツ等のアイルランド文学を中心に翻訳も行う。 芥川龍之介晩年の作品『或阿呆の一生』の37章で「才力の上にも格闘できる女性」と書かれ、『相聞』で「君」と歌われたのは片山広子の事だと言われている。堀辰雄の『聖家族』の「細木夫人」、『菜穂子』の「三村夫人」のモデルとも言われている[2][3]。晩年の随筆集『燈火節』で、1954年度日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。

家族[編集]

夫・片山貞治郎 大蔵省勤務後、日本銀行理事
- 1920年(大正9年)3月14日没。
1899年(明治32年)に広子と結婚。50歳で死去。
息子・片山達吉(筆名:吉村鉄太郎) 文芸評論家
1900年(明治33年)6月20日生- 1945年(昭和20年)3月24日没。
東大法科卒業後、川崎第百銀行に就職。堀辰雄神西清川端康成らと、「文學」の創刊に参加。「文學」の発行元の第一書房の立て直しに奔走していた1945年(昭和20年)、馬込文学圏の自宅(南馬込4丁目)で心臓病で倒れ、45歳で急逝。
娘・総子(筆名:宗瑛、井本しげ) 小説家
1907年(明治40年)8月2日生 - 1982年(昭和57年)10月没。
兄にしたがって1928年(昭和3年)、「山繭」4月号に『胡生の出発』を掲載。1929年(昭和4年)、「文學」11月号に堀辰雄の推賞を受け『プロテウスの倒影』を掲載後、5年間執筆活動する。商工省官僚・アイヌ語地名研究家の山田秀三と結婚後に筆を折った。75歳で死去。
堀辰雄の『聖家族』の絹子、『菜穂子』の菜穂子のモデルとなった人物。

著書[編集]

  • 翡翠 歌集 竹柏会出版部 1916
第一歌集
  • 燈火節 暮しの手帖社 1953
随筆集
  • 野に住みて 歌集 第二書房 1954
第二歌集
  • 燈火節 随筆+小説集 月曜社 2004
翻訳を除く散文作品を集めたもの。
「燈火節」全編に雑誌掲載の随筆、小説、童話(レディー・グレゴリーの翻案含む)、雅文等を収録。
解説・鶴岡真弓。
  • 野に住みて 短歌集+資料編 月曜社 2006
生前の二歌集に加え、合同歌集や雑誌掲載の短歌、詩などを集めたもの。
「燈火節」刊行後に確認された随筆や別名義で書かれた作品、その他インタビュー記事や翻訳書へのあとがき、書評なども収録。資料編として同時代人の回想や年譜・書誌が付く。
解説・佐佐木幸綱。
  • 新編燈火節 月曜社 2007
暮しの手帖社「燈火節」を底本とし、大正から昭和初期に雑誌に発表された随筆八編を加えて普及版としたもの。
解説・梨木香歩。
片山廣子を大伯母とする秋谷美保子が編集。
生前の二歌集に加え、合同歌集や雑誌掲載の短歌、著者の長男である片山達吉の机中から発見された未発表作品などを収録。
親族の証言を多く含む年譜、初句二句索引、編者あとがきを付す。
序文・広野昭甫。

翻訳[編集]

  • 船長ブラスバオンドの改宗 ショオ 竹柏会 1915
  • いたづらもの シング 東京堂書店 1917
  • ダンセニイ戯曲全集 警醒社書店 1921
  • 愛蘭戯曲集 第1巻 松村みね子 玄文社出版部 1922
  • シング戯曲全集 松村みね子 新潮社 1923
  • かなしき女王 フイオナ・マクラオド 松村みね子 第一書房 1925
  • カッパのクー他 アイルランド伝説集 オケリー他編 片山広子、岩波少年文庫 1952、復刊1992
  • 鷹の井戸 イェーツ 角川文庫、1953、復刊1989
  • 海に行く騎者 シング 角川文庫 1956
  • かなしき女王 ケルト幻想作品集 沖積舎 1989、新版1999
  • ダンセイニ戯曲集 沖積舎 1991
  • シング戯曲全集 沖積舎 2000

脚注[編集]

  1. ^ ここで15歳下で同窓の村岡花子と出会う。村岡は柳原白蓮伊藤伝右衛門と政略結婚をしたのを許せず、高等科に進んだが、毎週のように大森にある片山の家に訪ねて本を借り、「片山廣子さんが私を近代文学の世界へ導いて下さった」と書いている(村岡恵理編『花子とアンへの道』新潮社 2014年pp.36-41)。
  2. ^ 桐山秀樹吉村祐美軽井沢という聖地』(エヌティティ出版、2012年)
  3. ^ 川村湊『物語の娘―宗瑛を探して』(講談社、2005年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]