鈴木徳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 徳男(すずき のりお、1951年 - )は、日本の国文学者相愛大学教授。 1975年早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒業。1981年龍谷大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。1982年相愛女子短期大学専任講師、1989年 助教授、1993年教授。2003年、相愛大学人文学部教授。人文科学研究科長。2002年「『俊頼髄脳』の研究」で龍谷大学博士(文学)[1]。専攻、中古中世和歌文学。

著書[編集]

注釈・共編[編集]

  • 『百人一首灯』山本和明共編 和泉書院 百人一首注釈書叢刊 1996
  • 『明治国家の精神史的研究 <明治の精神>をめぐって』嘉戸一将共編 以文社 2008

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『俊頼髄脳』の研究 鈴木徳男”. 国立国会図書館. 2013年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]