相馬御風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Soma Gyofu.JPG

相馬 御風(そうま ぎょふう、1883年明治16年)7月10日 - 1950年昭和25年)5月8日)は日本の詩人歌人評論家。本名は昌治(しょうじ)。新潟県西頸城郡糸魚川町(現糸魚川市)出身[1]早稲田大学大学部文学科英文学科卒業[1]。詩歌や評論のほか、早稲田大学校歌「都の西北」をはじめとした多くの校歌童謡の作詞者としても知られる[2]

歌舞伎研究者の相馬皓は三男。

経歴[編集]

1883年、新潟県西頸城郡糸魚川町大町(現糸魚川市)に生まれる[2]。相馬徳治郎の長男[1]。高田中学(現新潟県立高田高等学校)を経て早稲田大学に進む。中学以来の学友に小川未明がいる。在学中の1903年岩野泡鳴らと雑誌「白百合」を創刊した[2]

相馬御風宅
相馬御風宅(2018年12月)

1906年に早稲田大学大学部英文科を卒業[1]。当時復刊された雑誌「早稲田文学」の編集に参加。また野口雨情三木露風らとともに「早稲田詩社」を設立し、口語自由詩運動を進めた。1911年には早稲田大学講師となる。25歳の時に母校校歌「都の西北」を作った[1]

その後1916年に内面を告白した『還元録』を刊行し、故郷糸魚川に隠棲する[2]。帰郷後は主として良寛の研究に携わったほか、童話・童謡も発表した[2]

地元に伝わる奴奈川姫伝説を元に、糸魚川でヒスイ(翡翠)が産出するとの推測を示したことが、1938年(昭和13年)に同地でのヒスイの発見につながった。

1950年5月7日に脳溢血で倒れ、翌8日に糸魚川市の自宅で死去[2]。享年68。戒名は大空院文誉白雲御風居士[3]

没後の1952年12月10日、居宅が新潟県の史跡となった[2]

家族・親族[編集]

相馬家

新潟県西頸城郡糸魚川町大字大町[1]

  • 父・徳治郎[1]
  • 次男・昌允[1]
1911年 -
  • 同妻(海軍大佐・下村敬三郎の長女)[1]
1917年 -
  • 三男・[1]
1914年 - 1984年

主な作品[編集]

著書[編集]

  • 『御風歌集』
  • 『還元録』
  • 『大愚良寛』

唱歌・童謡・校歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』479頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年1月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 糸魚川歴史民俗資料館〈相馬御風記念館〉展示・所蔵品紹介パンフレット
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)180頁

参考文献[編集]

  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 糸魚川歴史民俗資料館〈相馬御風記念館〉展示・所蔵品紹介パンフレット

外部リンク[編集]