衣斐賢譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

衣斐 賢譲(いび けんじょう、1939年(昭和14年)9月24日 - 2017年(平成29年)12月31日)は、日本の政治家、及び住職。三重県議会議員(1期)、三重県鈴鹿市長(4代、1987年(昭和62年) - 1995年(平成7年)。2期)を務めた。

また、神戸龍光寺(龍光寺 (鈴鹿市))の住職を亡くなるまで務めた。

経歴[編集]

  • 三重県鈴鹿市神戸(かんべ)の臨済宗東福寺派別格地天澤山龍光寺に生まれる。3人兄弟。
  • 早稲田大学第一法学部卒業後東福寺にて修行を行い、1966年(昭和41年)に龍光寺の住職に就任。茶道珠光流12代宗家を継承した。
  • 鈴鹿青年会議所初代理事長(1968年(昭和43年)より2期)、伊勢新聞取締役(1975年(昭和50年)~1980年(昭和55年))などを歴任した。
  • 1983年(昭和58年)4月、神戸龍光寺の住職を続けながらも、三重県議会議員選挙に鈴鹿市選挙区から無所属で立候補し第1位で当選。1期務めた後、1987年(昭和62年)、鈴鹿市長選挙に立候補。現職野村仲三郎を下し当選。2期務めた。3選を目指して立候補した1995年(平成7年)の鈴鹿市長選挙で前自民党三重県議会議員・元県議会副議長の加藤栄に敗れ落選した。2000年(平成12年)には第42回衆議院議員総選挙に自民党公認で立候補(三重県第2区)するも中川正春に敗れ落選。同選挙後に有権者である支持者に外食の食事を提供した選挙違反が発覚し、公職選挙法違反で逮捕。有罪判決を受け、政界を引退した。
  • 政界引退後は神戸龍光寺(龍光寺 (鈴鹿市))で住職に専念したほか、郷土史に関する著書を刊行した。2004年(平成16年)には特定非営利活動法人SUZUKA文化塾啐啄庵[1]を設立し理事長。国際交流事業や郷土文化継承活動を行った。
  • 2017年平成29年12月31日近鉄名古屋線千代崎駅で松阪発の近鉄名古屋行き特急列車に撥ねられて、この世を去った。三重県警察や地元の新聞などの発表では死因は事故死される。しかし事故死とするには不自然な点が多くて自殺であったのでないかの推測があるが、詳しい死因は不明となっている。享年78歳[2]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SUZUKA文化塾啐啄庵NPO法人ポータルサイト 内閣府
  2. ^ “衣斐賢譲氏が死去、元鈴鹿市長、列車事故で 三重”. 伊勢新聞. (2018年1月3日). http://www.isenp.co.jp/2018/01/03/12309/ 2018年1月3日閲覧。 

出典[編集]

  • 衣斐賢譲 「珠光流」『日本の茶家』井口海仙・久田宗也・中村昌生 編、河原書店、pp.576-587、1983年。ISBN 4-7611-0068-0

外部リンク[編集]