高崎正風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高崎正風

高崎 正風(たかさき まさかぜ、天保7年7月28日1836年9月8日) - 明治45年(1912年2月28日)は志士作詞家。二条派の歌人。通称左太郎、他に伊勢、豊麿、左京とも。は宝義堂。長男元彦は日露戦争で戦死し、その跡は正光、正人と続く。

生涯[編集]

薩摩国鹿児島郡鹿児島近在川上村(現在の鹿児島県鹿児島市川上町)出身[1]薩摩藩高崎五郎右衛門温恭の長男。母は登米子(新納常善女)。

嘉永2年(1849年)、お由羅騒動によって父五郎右衛門が切腹し、翌3年(1850年)に正風も連座して奄美大島に流刑となった。嘉永5年(1852年)に赦免され幕末の京都で活動し、公武合体派の島津久光の意を受けて会津藩公用方秋月悌次郎に密かに接触し、京都から長州藩の追い落としを図って文久3年(1863年8月18日これを成功させ(八月十八日の政変)、薩会同盟の立役者となる。その功により京都留守居役に任命されるが、武力討幕に反対して西郷隆盛らと対立し、維新後は不遇をかこった。

明治2年(1869年)から明治4年(1871年)まで、薩摩藩の垂水(現鹿児島県垂水市)の行政管理をし、「へし児」対策を施した。明治4年(1871年)に新政府に出仕。翌5年(1872年)に左院視察団の一員に任じられ、2年近く欧米諸国を視察。明治8年(1875年)に宮中の侍従番長、翌9年(1876年)から御歌掛などを務め、同年に侍補となり、明治11年(1878年)から翌12年(1879年)にかけて元田永孚佐々木高行土方久元吉井友実らと天皇親政運動を展開したが、明治12年に政府に侍補を廃止され失敗した。

明治19年(1886年)に二条派家元三条西季知が死去した後を受け御歌係長に任命される。さらに明治21年(1888年)には御歌所初代所長に任命された。明治23年(1890年)、皇典講究所所長山田顕義の懇請により初代國學院院長(明治26年まで)。明治28年(1895年)、枢密顧問官を兼ねた。

明治45年(1912年)2月28日死去。享年75。青山霊園に墓地がある。

明治20年(1887年)5月には、維新の功が認められ男爵を授けられた。明治31年(1898年勲一等瑞宝章、明治38年(1905年勲一等旭日大綬章、死去にあたっては正二位勲一等旭日桐花大綬章を授けられる。

御歌所派とも呼ばれる旧派和歌の中心。「紀元節」(作曲:伊沢修二)、「勧学の歌」(作曲:奥好義)、「水漬く屍」(作曲:吉本光義)などの作詞も担当した。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さつま人国誌「高崎正風と高崎五六」 - 南日本新聞 2013年4月18日閲覧。
  2. ^ 『官報』第1027号「叙任」1886年12月1日。
  3. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  4. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  5. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)
  6. ^ 『官報』第7157号「叙任及辞令」1907年5月11日。
  7. ^ 『官報』第8606号「叙任及辞令」1912年2月29日。
  8. ^ 『官報』第2378号「叙任及辞令」1891年6月5日。

関連項目[編集]