川口武定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川口 武定
生誕 1846年2月21日
紀伊国
死没 (1918-01-19) 1918年1月19日(71歳没)
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1873 - 1897
最終階級 海軍主計総監
除隊後 宮内省次官、貴族院議員
テンプレートを表示

川口 武定(かわぐち たけさだ、弘化3年1月26日1846年2月21日) - 大正7年(1918年1月19日)は、日本官僚陸軍及び海軍軍人。海軍主計総監(のちの主計中将)、貴族院議員。称号は正三位勲一等男爵

経歴[編集]

紀州藩士・川口武右衛門の長男として生まれる。紀州藩戌兵大隊計司を経て、明治政府に出仕。神奈川県大属租税寮出仕、監史副長、監史総長などを経て、1873年7月、陸軍会計軍吏に任官。陸軍省第5局(経理)第6課長心得、第8課長心得、東京鎮台付、熊本鎮台在勤、第5局出仕などを歴任。1877年2月から10月まで、第1旅団会計部長として西南戦争に出征した。

その後、東京鎮台在勤、東京鎮台会計部長、会計局第2課長、兼軍吏学舎長などを経、1887年11月、一等監督に進級。陸軍大学校教官、欧州出張、初代陸軍経理学校長などを歴任した。1893年5月、海軍に転じ主計総監となって海軍省経理局長に就任し、海軍主計科の育成に貢献した。1895年8月、日清戦争の功により男爵を叙爵し華族となる。1897年6月、予備役に編入され、1906年1月26日、後備役となる[1]1911年1月26日に退役した[2]

1898年3月から1901年11月まで宮内次官1904年7月から1911年7月まで貴族院議員を務めた。

1918年1月19日薨去。享年71歳。墓所は和歌山市の護念寺。

家族[編集]

  • 先妻:瀧畑藤助の長女・ゑい
  • 後妻:勘解由小路資生の五女・直子
  • 子:武和、楠枝(青木信光夫人)、武晶、總代(小林政吉夫人)

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

著書[編集]

  • 『従征日記』明治11年初版(青潮社、1988年復刻)。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6771号、明治39年1月27日。
  2. ^ 『官報』第8278号、明治44年1月27日。
  3. ^ 『官報』第1970号「叙任及辞令」1890年1月25日。
  4. ^ 『官報』第2992号「叙任及辞令」1893年6月21日。
  5. ^ 『官報』第8243号「叙任及辞令」1910年12月12日。
  6. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
  7. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  8. ^ 『官報』第3862号・付録「辞令」1896年5月16日。
  9. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  10. ^ 『官報』第813号「宮廷録事 - 恩賜並追賜」1915年4月21日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  12. ^ 『官報』第4810号「敍任及辞令」1899年7月14日。
  13. ^ 『官報』第5039号「叙任及辞令」1900年4月23日。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
川口(武定)家初代
1895年 - 1918年
次代:
川口武和