春田宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春田 宣(はるた あきら、1930年 - 1999年4月6日)は、国文学者

来歴[編集]

東京生まれ。開成中学を経て、1952年に國學院大學文学部国文科を卒業、大学院に進んだ後、武田祐吉の下で副手・助手をつとめ、その後講師・助教授を経て1973年教授に昇進。1977年「中世説話文学論序説」で文学博士。1981年からは文学部長、1987年から1995年までの間、学長を務めた。没後従四位勲三等旭日中綬章受勲。

著書[編集]

  • 『中世説話文学論序説』桜楓社、1975年
  • 『中世説話文学論考』おうふう、1996年

共編[編集]