河野省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

河野 省三(こうの せいぞう、1882年8月10日 - 1963年1月8日)は、日本の神道学者。國學院大學学長。埼玉県出身。号は紫雲

略歴[編集]

  • 1882年8月 埼玉県加須市(旧:北埼玉郡騎西町)に河野禄郎の二男として生れる。
  • 1894年3月 騎西尋常小学校を卒業。
  • 1898年3月 騎西高等小学校を卒業。
  • 1902年3月 私立埼玉中学校を卒業。
  • 1905年7月 私立國學院師範部国語漢文歴史科を卒業。11月、郷社玉敷神社社司。
  • 1906年5月 私立埼玉中学校教諭(-1918年)。
  • 1908年7月 私立國學院研究科を卒業。
  • 1915年1月 國學院大學講師。
  • 1918年8月 國學院大學主事、皇典講究所主事。
  • 1920年9月 國學院大學教授。
  • 1931年10月 「国学の研究」により國學院大學から文学博士の学位を授与される。
  • 1935年4月 國學院大學学長に就任。
  • 1942年2月 國學院大學学長を辞任(教授は元の如し)。
  • 1946年3月 神社本庁顧問就任。國學院大學を退官。7月、玉敷神社宮司に就任。
  • 1947年2月 神社本庁より長老の称を受ける。
  • 1948年3月 いわゆる公職追放の対象となる(1951年8月、公職不適格解除)
  • 1952年3月 埼玉県神社庁長(-1960年)。6月、國學院大學名誉教授。國學院大學大学院講師。
  • 1961年11月 長年の神道・国学研究の功により紫綬褒章を受章。
  • 1962年5月 神社本庁より鳩杖を贈られる。
  • 1963年1月 狭心症のため死去。

著書[編集]

  • 神祇史要 法文館書店 1915 
  • 国民道徳史論 森江書店 1917
  • 国民精神之基礎 小林川流堂 1921
  • 国民道徳要論 森江書店 1925
  • 神道大綱 臼井書店 1927
  • 国民道徳概要 帝国神祇学会出版部 1929
  • 『神道の研究』森江書店、1930年
  • 『国学の研究』大岡山書店、1932年
  • 国民道徳本義 天地書房 1932
  • 日本精神発達史 大岡山書店 1932
  • 『神道学序説』金星堂、1934年
  • 神道と国民生活 中文館書店 1934
  • 日本精神の研究 大岡山書店 1934 
  • 建国史話 日本放送出版協会 1935
  • 神道読本 昭和書房 1935
  • 我が國體と日本精神 青年教育普及会 1935.12
  • 本居宣長 北海出版社 1937 (日本教育家文庫)
  • 日本精神史講話 富山房 1939
  • 神国由来と日本麓のしるべ 日本放送出版協会 1940 (ラヂオ新書
  • 神社神道 三笠書房 1940
  • 『神道文化史』地人書館、1940年
  • 近世に於ける神道的教化 国民精神文化研究所 1940 (国民精神文化研究)
  • 神道学序説 井田書店 1940
  • すめらせかい 同文書院 1941
  • 神道 日本放送出版協会 1941 (ラジオ新書)
  • 皇道の研究 博報堂 1942
  • 古典と日本精神 日本放送出版協会 1942 (ラジオ新書)
  • 日本精神 畝傍書房 1942
  • 国体観念の史的研究 日本電報通信社出版部 1942
  • 『国学史の研究』畝傍書房、1943年
  • やまとごころ 大国隆正の思想 内閣印刷局 1943 (日本精神叢書
  • 神ながらの国 明世堂書店 1943
  • 平田篤胤 新潮社 1943 (新伝記叢書)
  • 神道日本 教育研究会 1944
  • 神道史の研究 中央公論社 1944
  • 神祇史提要 明世堂 1944
  • 『旧事大成経に関する研究』河野博士古稀祝賀会記念出版 芸苑社、1952年
  • 一日本人の生活 或る教育者、宗教家、学徒の自叙伝 続 宗教研究室(国学院大学内) 1953
  • 近世神道教化の研究 宗教研究室 1955
  • 教育の友 若い頃の思ひ出 玉光会 1955
  • 微笑随筆 玉光会 1958
  • 神道研究集 埼玉県神社庁 1959
  • 日本の国体 明治神宮社務所 1962
  • 宮川随筆 神宮司庁教導部 1962 (神宮教養叢書)